釣行の写真

がまかつテスター、南康史のチヌフカセロード~あくまで楽しく1尾を釣り、そして、ときどきルアーも楽しみます~

FISHING JAPAN 編集部

チヌフカセの名手「キング」こと南康史さんが中四国各地の釣り場を巡り、チヌを釣りまくる今連載。

今回は香川県土庄町の豊島にアタック。

さて、南さんはどんな釣りを展開して本命を攻略したのだろうか?

南 康史(みなみ やすし)

G杯チヌV4、マルキユーカップチヌ優勝など、数々の大会で上位入賞を果たすフカセ釣りのエキスパート。

がまかつ・サンライン・マルキユーフィールドテスター、GFG所属、club G's会長

ショアジギングでヤズをキャッチ!

岡山県玉野市の「井上渡船」 にお世話になり、午前6時頃に出船。

井上渡船

【井上渡船】電話番号:090-3174-5288

今回の釣り場は、昨年の6月頃にも訪れた「豊島送電線の下」。

「チヌが多いところで、夏から秋にかけてもよく釣れます。時期的に青物やアオリイカも狙えると思って、この場所に決めました」と、南さんは足場のよいコンクリートの上に釣り座を構えた。

「まずはショアジギングをやってみます」と、『がま磯 メタルキャスト』Hタイプを取り出し、ミノーをセットしてフルキャスト。

100gまでのジグをキャストできるパワーモデルで、大型の青物にも対応できる。

数投後に「きたよ~」と楽しそうにやり取りを開始。

しばらくして姿を見せたのはヤズ(ブリの若魚)だった。

「サイズは微妙ですけど、こんなに早く釣れるのは、うれしいですね」

連発を狙って、その後もキャストを続けたが、アタリはなかった…。

満ち潮でチヌがヒットするも・・・

ショアジギングをいったんあきらめて、フカセ釣りの準備に取りかかる。

ハリス1・25号を約3ヒロ取ったいつもの全遊動仕掛けを組み上げた。

ハリはがまかつの『貫チヌ』0.8~2号を使った。

G-HARD V2を採用することで高強度の細軸バリを実現。

無光沢で目立ちにくいF-NSBとサシエになじみやすいファインピンクの2色の薄膜コーティングを採用している。

がまかつ がま磯 チヌ競技スペシャル4 0号 5.3m

がまかつ がま磯 チヌ競技スペシャル4 0号 5.3m

最安値価格
¥73,397(Yahoo!)

Amazonへ ¥77,710

Yahoo!へ ¥73,397

がまかつ G-HARD V2貫チヌ ファインピンク 68829 2号

がまかつ G-HARD V2貫チヌ ファインピンク 68829 2号

最安値価格
¥333(Yahoo!)

Amazonへ ¥445

Yahoo!へ ¥333

潮は左から右へゆっくりと流れている。

海は数日前に降った雨の影響もあって少し濁っている状況。

「この釣り座は満ち潮の右流れのときによくチヌが釣れるんです」と南さんは、少し沖めに仕掛けを投入。

手前に小さなウマヅラハギやフグなどが見えるが、そこまで邪魔にはならない様子。

そして、しばらくしてチヌらしいアタリで、上がってきたのは30㎝クラスのチヌ。

すぐにサイズアップを目指して仕掛けを入れる。

潮は右流れでいつ食ってもいい感じだが、なかなか次のアタリがこない。

「チヌが食いそうな潮ですけど、正直もう少し流れてくれたほうがここはいいんですよ」

9時前、ウキを消し込む快心のアタリが出た。

『がま磯 チヌ競技スペシャルⅣ』がきれいな弧を描く。

先ほどよりサイズがよさそうで、慎重にやり取りを続ける。

一発で玉網に収まったのは40㎝クラスのチヌ。

「これからどんどん釣っていきますよ」と南さん。

しかし、この日は思うようにいかず、次が続かない。

やがて潮が右から左に流れ始めた。

「満ち潮が終わってしまいましたね。まあ、引き潮でも釣れると思うので、引き続きがんばってみます」と集中してチヌを狙っていく。

引き潮もチヌが釣れそうな潮がゆっくりと流れているが、アタリがほとんどない状況。

エサ取りもほとんど釣れず、まれにベラがヒットする程度。

「厳しいですね~。いつ食ってもおかしくないんですが・・・」と渋い表情の南さん。

この日はエサ盗りの活性も低く、あまりハリ掛かりすることがなかった。

途中、アオリイカが見えたので、『がま磯イージーライダー』Mタイプに『エヴォリッジ』をセットして狙うも、サイズが小さすぎて断念。

「アオリは少し早かったですね」と、すぐにフカセ釣りを再開した。

その後、仕掛けの投入点やサシエを変更しながら本気モードでチヌを狙ったものの、残念ながら納竿時間を迎えてしまった。

「ここまで引き潮が悪いとは思いませんでした。結局、チヌが釣れたのは満ち潮だけでした。こんなことなら、すぐにフカセ釣りを始めておけばよかったですね。またリベンジします」と釣行後の南さん。

今回はたまたま引き潮がよくなかったが、豊島周辺ではこれからもチヌは釣れ続く見込み。

ぜひ、一度訪れてチヌの引きを味わってみてはいかがだろう。

ダブルグリップスパイクシューズ

がまかつ『ダブルグリップスパイクシューズ(防水)』。驚異のグリップパワーを備えた防水シューズ。磯などでは、スパイク部がしっかり接地し、グリップ力を発揮。平滑面ではラバー部が滑りを止める

BLACK WORKSのアイテム

バッカン、サシエ入れ、シャク立て、水汲みバケツは、「BLACK WORKS」のアイテムで統一

Gamakatsu クールトーナメントバッグ(BLACKWORKS) 32L

Gamakatsu クールトーナメントバッグ(BLACKWORKS) 32L

最安値価格
¥18,550(Yahoo!)

Amazonへ ¥21,560

Yahoo!へ ¥18,550

文・写真:レジャーフィッシング編集部

【番外編】岡山県下津井沖でアオリイカ&ヤズをゲット!

前回の取材が悔しい結果に終わったので、カメラマンも連れずに南さんがロンリーシングル釣行。

「たい公望」で、岡山県下津井沖の「大裸島」にリベンジ。

この日はゆっくりと朝7時半に出船。

到着後、まずショアジギングとエギングのタックルをセット。

満ち潮時に北東向きでヤズが釣れる確率が高いとのことで、まずはショアジギングから始めます。

しかし、海が静かで無反応。

ナブラが発生したらすぐにキャストできる準備だけして、次はエギングでアオリイカを狙うことに。

この日はアオリイカが全く見えず、エギを追いかけてくることもありません。

そこで、遠投したり、流れの中を狙うと小さいながらポツポツとアオリが釣れます。

ほとんどリリースしましたが、2ケタ釣ることができました。

早く出船して朝マズメをやれば、もう少し数を伸ばせたと思います。

秋が深まると、サイズ・数ともに上向くと思います。

ロッドは『がま磯 イージーライダー』Mタイプ。

振り出しタイプで、本格的なエギングに対応でき、コンパクトに収納できるのも特徴。

エギはラグゼ『エヴォリッジ』を使用。

カラーを変更しながらアオリイカを狙いました。

がまかつ がま磯 イージーライダー 86M

がまかつ がま磯 イージーライダー 86M

最安値価格
¥38,641(amazon)

Amazonへ ¥38,641

Yahoo!へ ¥41,580

がまかつ(Gamakatsu) エギ ラグゼ エヴォリッジ 3.5号 21g オレンジゴールド #1 19223 ルアー

がまかつ(Gamakatsu) エギ ラグゼ エヴォリッジ 3.5号 21g オレンジゴールド #1 19223 ルアー

最安値価格
¥786(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,210

楽天市場へ ¥900

Yahoo!へ ¥786

ショアジギングのほうは、満ち潮から引き潮に返したタイミングで一瞬だけスーパーナブラが発生しました。

そのタイミングで50cmぐらいのヤズが3尾釣れました。

文・写真:南康史

エギング」カテゴリの人気記事

ショアジギング」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング