釣行の様子

【矢野勝彦さんの極意2】キスの投げ釣りで数を釣るための仕掛け考察

FISHING JAPAN 編集部

『【矢野勝彦さんの極意】キスの投げ釣りで数を釣るために覚えたい2つのコツ』では香川県観音寺市の有明浜での実釣を通してキス釣りの名手、矢野勝彦さんのポイント考察と巻きスピード考察を紹介した。

今回は投げ釣りでキスの数釣りを成功させるために覚えておきたい仕掛けに関するノウハウをピックアップする。

さまざまなシチュエーションで好釣果をあげてきたベテランキャスターのノウハウを参考にして良型の連発も期待できるこれからのシーズンを楽しんでほしい。

前回の記事はこちら!

【キスの数釣りオモリ考察】釣りの面白さも追求するなら軽めがベター

投げ釣りのタックルといえば、高い遠投能力が最大の武器といえる。

重たい仕掛けを頑丈なロッドをフルスイングすることで遠くのポイントを攻略できるのは大きなアドバンテージとなる。

たとえば、ターゲットの反応がない場合でも、遠投性能を活かし広範囲を探ることで群れの存在をつかみ、数釣りを達成できたというケースは珍しくない。

・・・となると、飛距離に直結する竿の反発力を生みやすい重めのオモリを使うのがいいように思われる。

確かに、自身の体力と投入の技術がマッチしていれば、オモリは重たいほうが飛距離を稼げる。

また、水中においては重さからくる抵抗感によって天秤の反発力が増大し、ハリ掛かり率の向上によって釣果アップが期待できるという側面もある。

釣行の様子

キス釣りにおいて仕掛けの飛距離はアドバンテージになるが、むやみに重いオモリを使用するのは考えもの。重さはポイントの性質、ハリ掛かりの良し悪しなどを総合的に考えてセレクトしたい。

しかし、その一方でサイズが大きくなりがちな重たいオモリは、着水音が大きいというデメリットがある。

水深の浅いエリアで、なおかつ臆病なキスを狙うにあたって大きな着水音の影響はとても大きく、活性が低い状況でなくとも反応が鈍くなる傾向がある。

プレッシャーに対してより敏感といえる良型が釣れる確率も高まる秋に向けては特に注意すべき点だといえる。

軽めのオモリの使用で満足度の高い「釣った!!」を実現

そうした着水音の影響も考慮し、矢野さんはキス釣りでは23号の天秤オモリをメインに使用する。

また、実釣時の楽しさを追求したいということも、遠投を視野に入れながらもやや軽めのオモリを使用する理由の1つだという。

釣行の様子

キス釣りのみならずカレイ釣りでも軽いオモリを使うのが矢野さんのスタイル。しっかりとしたキャスト技術を持ち合わせているため軽いオモリでも十分な飛距離が出る。

「底の地形や流れの変化がより伝わりやすい軽いオモリを使って、ポイントを探りながら魚を捜すのが面白いですよね」

投げ釣りキャリアの中でかなりの数を釣りながらもキスを掛けるごとに笑顔を見せるのは、1尾ごとに価値を見出しているからに他ならない。

竿へと伝わるアタリという感覚を大事にしながら「釣れた」ではなく「釣った」という意識を持つことでキス釣りの魅力はさらに深まることがベテランの釣りから見て取れた。

釣行の様子

1尾釣るごとに笑顔を見せてくれた矢野さん。その様子からは「釣った」という感覚を求めてキャッチした1尾の満足度の高さがうかがえる。

飛距離を重視して選択されることが多いキス釣りのオモリだが、掛かりの良し悪し、竿に伝わる感覚の大きさなどによって使い分ければ釣りはさらに楽しくなるはずだ。

【キスの数釣り仕掛け長考察】長いほど食いは良好!!しかし、満足度を高めるなら・・・

仕掛けは長いほど食いがよいというのが矢野さんの考えである。

投げられるならハリ数20~30本という長い仕掛けが数を釣るうえでは有効とのこと。

そうした長い仕掛けが有効となる理由について「長い仕掛けは下のほうほどオモリの抵抗感が伝わりにくく、よりナチュラルかつ大きな振り幅で動きますからね」と矢野さんは言う。

要するに、潮流に乗った自然な動きがアピールとなり、キスの食いをうながすという寸法である。

キスの活性が思わしくない中、一般的な10本バリ仕掛けを使用しているときにもオモリの影響を受けにくい下方に釣果が集中しやすいことを考えても仕掛けは長いほどよいのは確かだろう。

釣行の様子

「仕掛けは長いほど食いがよくなる」と矢野さん。しかし、10本を超えるハリ数の仕掛けを扱うのはそれなりの技術が求められる。

ただし、長い仕掛けにはデメリットも多い。

その最たるものが着水時の仕掛け絡みだろう。

20~30本の多バリともなると絡む確率が特に高くなるため、着水後に素早くリールを巻くなどして仕掛けに張りを持たせるといった対処が不可欠となる。

また、投入時にゴミを拾わないようにも配慮が必要、餌付けに時間がかかるといった点も理解したうえでの使用が求められる。

キスを掛けるまでのプロセス重視なら10本前後がベスト

そのようなデメリットをクリアできれば、長い多バリ仕掛けは数釣りに直結する有効な手段だと矢野さんは言う。

しかし、当のご本人がメインにしているのはハリ数10本前後の仕掛けである。

その理由は軽いオモリを選択するのと同じ。

「長くなるほどにキス釣りの醍醐味の1つである鋭いアタリが鈍化しますし、潮流などの影響を受けやすくなる分、引くコースがイメージしにくくなるから」と言うように、長いキャリアの中で幾度となく楽しんだ数釣りにはすでに満足しており、魚を掛けるまでのプロセスに釣りの醍醐味を感じているからだ。

309

「おっ、いいアタリ!!」掛けるまでのプロセスの答えとなる鋭いアタリが出るだけでも笑顔が見られた。

もっとも、極端に長い20~30本バリ仕掛けと比べると短く思える10本バリ仕掛けだが、キス釣りでは長い部類であって数を釣るうえでは十分だといえる。

うまく釣れば矢野さんのように、決してよい状況ではない中でも2時間半で束釣りという結果を残せるハリ数だといえる。

仕掛け

仕掛けの全長を長くするだけでなく、力糸を長くしたり、力糸との接続部から最上部のハリまでの間隔を長くすることでもオモリの抵抗を減らすことができ、餌に対する反応のよさを高めることができる。

がまかつ(Gamakatsu) 砂ずり仕掛 V SZ003 ロング .

がまかつ(Gamakatsu) 砂ずり仕掛 V SZ003 ロング .

最安値価格
¥340(楽天市場)

Amazonへ ¥550

楽天市場へ ¥340

Yahoo!へ ¥340

【キスの数釣りハリ考察】良型を視野に入れるなら大きめのハリが有利

そんな矢野さんが使用する仕掛けが、がまかつの『50本仕掛』シリーズである。

がまかつならではのハリの掛かりのよさはもちろん、仕掛けとしてのバランスが秀逸という具合に完成度はとても高く、G杯キスを優勝した際にも使用したというほど絶大な信頼を寄せている。

仕掛け

矢野さんが主に使用する『50本仕掛』シリーズ。この他に2つのアイテムがあるが、釣果を落とす要因の1つとなる迷いが生じるため3つほどに絞るのがよいとのこと。それぞれを使い込んで、自身の釣りに合ったアイテムを見つけたい。

大きく分けて5つのアイテムがある『50本仕掛』の中で主に使用するのは『シロギスファイン50本仕掛』『手返しキス50本仕掛』『競技キスSP50本仕掛』の3つ。

それぞれの使い分けを紹介するにあたって、まずは矢野さんのハリのサイズに対する考え方について触れてみたい。

数の追求なら小バリが有効。型も期待するなら大きいハリで!!

「小型も含めて数を釣ることだけを考えるなら小さなハリが圧倒的に有利。

ただし、20cm以上のサイズを期待するなら大きなハリを使いたいところです。

個人的にも同じ数を釣るにしても良型を期待したいだけに中から大サイズのハリを主に使っています」

釣るまでのプロセスとともに、アタリの大きさや引き味といったキス釣りの醍醐味も大事にする矢野さんは良型を期待して6~7号といったハリをメインにしている。

餌を大きく付けられる分、食い込みの促進が期待できるうえ、掛かったキスをしっかりとホールドするフトコロの深さが良型に対してアドバンテージとなるというのがその理由である。

えさ

餌はチロリ(上)とイシゴカイ(下)がメイン。軸に長さのある大きなハリほど、餌のボリューム感が出て良型の食い込み向上が期待できる。それなら小バリのまま餌のタラシを長くすればいいのでは? と思われがちだが、タラシ部分をくわえるだけでハリ掛かりに至らないことが多いので得策とはいえないとのこと。タラシは5mmほどとするのが食い込みを考えるとベストだそうだ(極端に反応が悪いときはタラシを長く取ることでアピールとなり、アタリが出ることもある)。

したがって、小さなハリで狙っている際に鋭いアタリが出たのにもかかわらず乗らないときは、ハリを変更するのが得策とのこと。

吸い込みのよさを高めようとさらに小さなハリへの変更を考えがちなケースだが、前述の通りに餌を大きくすることで深い食い込みをうながせる大きなハリへとシフトするのが正解だという。

アタリがあるもののハリに乗らないという状況のときは小→大へのハリの変更を実践してみたい。

シロギスファイン50本仕掛を基準に数・サイズの目的によってチェンジ

さて、上記した3つの『50本仕掛』の中で矢野さんがメインとしているのが『シロギスファイン50本仕掛』である。

釣行の様子

最も使用頻度が高いのが『シロギスファイン50本仕掛』。ハリ先の耐久性にも優れているため、じっくりと状況を把握したいスタート時の仕掛けとしても適している。

大型狙い、数釣りともに対応するバランスのよい形状であることと、数を釣るうえでは欠かせない鋭いハリ先のキープに繋がる耐摩耗性を有する「A1」素材のアイテムとあって、その日の状況をうかがうパイロット的な役割も担っているという。

「A1」素材の耐久性は圧倒的であり、撮影当日も開始してから2時間はハリ先の劣化を感じての仕掛けを変更はなし。

仕掛け交換によるタイムロスがない分、効率的に状況を把握できるのはとても有益だといえる。

仕掛け

シロギスファインは大型狙い、数釣りともに対応する万能性を持っている。

釣行の様子

キスをハリから外すときや餌付けのときにはハリ先をツメに当てて劣化度をチェックする。それで滑るようなら新たな仕掛けにチェンジする。

シロギスファインの仕掛けにて状況をうかがう中で高速サビキへの反応がよいと感じたときは掛かり早さを含めた手返しのよさに特化した『手返しキス50本仕掛 ナノスムースコート仕様』の出番。

摩擦抵抗が大幅に抑えられたナノスムースコートが施されていることから、スピードの速いサビキに対してアタックするキスを瞬間的かつ確実にとらえられるというのが選択の理由という。

その刺さりのよさは矢野さんも感嘆の声を上げるほどである。

また、軸の上部が平打ち加工されている分、指でつまみやすく、餌付けや掛かったキスを外す作業を素早く行なえるという点も魅力とのこと。

手返しの大幅なアップが期待できるだけに数が釣れる状況での出番が多くなるそうだ。

仕掛け

ナノスムースコートによって抜群の掛かりの早さを見せる『手返しキス50本仕掛』。指でつまみやすい形状など、名の通りに手返しを早めたいときにはとても有効な仕掛けといえる。

そして、良型主体の数釣りが期待できる状況だと分かったときは『競技キスSP 50本仕掛』へシフト。

こちらはやや広いフトコロを持つので、掛かったキスの強い抵抗に対するキープ力の高さ、手返しアップに繋がる口先へのハリ掛かり(ハリが飲まれにくい)など、良型狙いに適した特性を有している、というのが選択の理由とのこと。

また、手返しキスと同様にナノスムースコートが施されているとあって掛かりの早さも十分。

競技に最適化された仕様とあって数を期待するパターンでも有効とのことである。

仕掛け

他のハリと比べてフトコロが若干広いという特徴を持つ『競技キスSP50本仕掛』。良型が主体となる場面で効果が期待できるアイテム。また、『手返しキス50本仕掛』と同様にナノスムースコートが施されており、掛かりのよさは秀逸とのこと。

がまかつ(Gamakatsu) シロギスファイン50本仕掛 カラ鈎&ラメ N147 6号-ハリス1. 45858-6-1-07

がまかつ(Gamakatsu) シロギスファイン50本仕掛 カラ鈎&ラメ N147 6号-ハリス1. 45858-6-1-07

最安値価格
¥1,773(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,106

Yahoo!へ ¥1,773

がまかつ(Gamakatsu) 手返しキス50本仕掛 極小金ビーズ N153 6-1. 45977-6-1-07

がまかつ(Gamakatsu) 手返しキス50本仕掛 極小金ビーズ N153 6-1. 45977-6-1-07

最安値価格
¥1,856(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,446

楽天市場へ ¥3,615

Yahoo!へ ¥1,856

がまかつ(Gamakatsu) 競技キスSP50本仕掛 (極小金ビーズ付) N161 6-1

がまかつ(Gamakatsu) 競技キスSP50本仕掛 (極小金ビーズ付) N161 6-1

最安値価格
¥2,427(amazon)

Amazonへ ¥2,427

極小金ビーズの効果が絶大!!

50本仕掛シリーズの中にはビーズやラメが付属するバリエーションを有したアイテムもある。

たとえば、シロギスファインであれば「ノーマル」「極小金ビーズ」「カラ鈎&ラメ」の3つの選択肢がある。

その中で名手が選択するのは極小金ビーズ仕様。

餌を付けない空バリでもキスを釣った経験から、キラキラと輝いてアピールする金ビーズのキスに対する有効性を強く実感しているからだ。

そのこだわりようは「これがなくてはダメ」というほどである。

もちろん手返しキス、競技キスSPともに同様に極小金ビーズ仕様をセレクトしている。

仕掛け

「金ビーズは絶対にあったほうがいい!!」と矢野さん。釣果に差が出ることもあるとのことだからぜひ試してみたい。

天秤オモリやハリといった仕掛け類は、釣りのスタイルなどによって適したアイテムは個々で異なるものである。

「選択肢豊富な仕掛けや天秤オモリなどはいろいろと使いたくなるものですが、1年を通して1つのアイテムを使うことをおすすめします。

そうすれば、そのアイテムの得手、不得手な状況を含む特性が明確になります。

そうして得られたデータを積み重ねると自身の釣りに合ったアイテムが見つかるようになりますし、状況への対応力もついて釣果アップが見込めます」

と矢野さんが言うように、釣果を伸ばすには自身のスタイルにを構築することも大事である。

それが確立できれば精度の高い型狙いや数釣りができるようになり、キス釣りの魅力をより深く楽しむことができるはずだ。

タックルデータ

竿:がまかつ・がま投アルテイシア30号405

リール:投げ専用リール

道糸:PE0.8号

力糸:ナイロン2→12号12m

オモリ:L型天秤23号

スナズリ:がまかつ・砂ずり仕掛V2号

仕掛け:がまかつ・シロギスファイン50本仕掛極小金ビーズ5号(10本バリで使用)

矢野勝彦プロフィール

全日本サーフキャスティング連盟・徳島鱗友サーフ所属。

G杯争奪全日本がま投(キス)選手権では2000年の第22回大会で準優勝、2001年の第23回大会で3位、2006年の第27回で優勝するなど、トーナメントシーンでも活躍するキス釣りの名手。

カレイ釣りにも精通するなど、地元の徳島を中心に投げ釣りを幅広く楽しむマルチキャスターでもある。

1967年生。

徳島市在住。

がまかつフィールドテスター。

釣り方」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング