釣行の写真

ロクマルを量産するサカマタシャッドのミドスト用ジグヘッドが、なぜ『ホリゾンヘッドLG』なのか

FISHING JAPAN 編集部

いま、日本で最もデカバスを量産する男の筆頭として挙げられるのが冨本タケル。

冨本といえばミドストの使い手。

そんな冨本がミドスト用に開発したのがホリゾンヘッドLGだ。

さらに、ガードの素材や強さを徹底的にテストしたガード付きも追加され、オダや漁礁をタイトに攻略することが可能となった。

ディープのストラクチャーを直撃、いまデカバスに一番近い釣り。それがミドスト

琵琶湖で大ブレイクしたディープミドスト。

その伝道師・冨本タケルが自らの理想を形にしたのが、『ホリゾンヘッドLG』&『ホリゾンヘッドLG+G』だ。

LG+Gのリリースがスムーズにいかなかったのには訳がある。

「フックやヘッドはすぐに理想の形の物に仕上がった。ガードのテストには、その何倍もの時間がかかったよ(苦笑)」

この完成により、ディープに点在する漁礁やオダをよりタイトに狙うことが可能となり、デカバスの確率がさらにアップしたのだ。

冨本にとっては特別なサイズではないのだろうが、撮影時にも水深9mにある高さ3mの漁礁から3740gを引き出した。

ホリゾンヘッドLG+Gは、こんなデカバスを獲るための最終兵器なのである。

サカマタシャッドに薄刺し可能なワームキーパー

シリーズ共通のワームキーパーにはこだわりがあり、上面にワームを引っ掛けるリブがない。

これはワームを薄刺ししてセットする際に、ワームが割けないようにしたもので、この薄刺しこそ、セッティングのキモ。

デカバスに口を使わせるキレのあるロールを出すために、薄刺し+上反りのセッティングが基本となる。

ワームをまっすぐにセットしないのである。

「この形だから皮一枚で薄く刺せる。これでワームの重心が高くなってロールのキレが全く違う。少しだけテールが上に反るように深めの位置からフックを抜くと完璧だよ」

薄刺し可能なワームキーパーが上反りセッティングを可能にした。

これがデカバスを幻惑するキレのあるロールアクションの源である。

もちろん、ワームに適合するフックを使いたい。

1/0は5インチ、2/0が6インチ、3/0なら7、8インチ。

ひとつのウェイトに対し2~3サイズのフックがあるのはこのためだ。

ディープミドストのベーシックパターン

「ノーマルギアでハンドル1回転20回シェイク。これを基準にして、レンジキープできるシェイクの強さやリズムをつかむことが最初のステップ」

ラインはPE0.8号+フロロリーダー8~10lb(状況により14lb)1.5mをジグヘッドに直結で使う。

バイトの大半は「なんとなく重くなるだけ」だが、ホリゾンヘッドLGおよびホリゾンヘッドLG+Gは、スィープなフッキングでも、絶妙なフック形状よって飲まれずに硬い口周りにフッキングが決まる。

ミドストを自分のものにしたいなら、まず最初は3.5g(2秒で1m沈下)のヘッドで水深5mのポイントから始めてみたい。

そのポイントで、ボトムから50㎝上をキープして通せるように練習しよう。

リトリーブ中に数回を止めてみて1秒で着底するなら合格だ。

ヘッドの重さは、水深10m以内は、3.5gと4.4g。15mなら5.2g、20mなら6.2gが目安。

もちろん風や流れの向き、狙うレンジといった状況で、ウェイトとシェイクの強弱には無限に近い組み合わせがあるのだ。

Gamakatsu(がまかつ) ホリゾンヘッドLG+G #1/0 3.5g

Gamakatsu(がまかつ) ホリゾンヘッドLG+G #1/0 3.5g

最安値価格
¥450(楽天市場)

Amazonへ ¥595

楽天市場へ ¥450

Yahoo!へ 取扱なし

がまかつ(Gamakatsu) バラ ホリゾンヘッド LG #1/0-3.5g

がまかつ(Gamakatsu) バラ ホリゾンヘッド LG #1/0-3.5g

最安値価格
¥330(楽天市場)

Amazonへ ¥550

楽天市場へ ¥330

Yahoo!へ 取扱なし

バス釣り」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング