アジ 写真

【2019年】釣れるアジングロッドTOP15!価格や特徴をおすすめ順に徹底比較!

FISHING JAPAN 編集部

アジングはライトなタックルで気軽に楽しめることから、釣り人に人気があります。

しかし、ライトだからこそ繊細なアタリも察知できる、アジング専用ロッドを使うのは釣果アップを狙う上で欠かせません。

そこで、ダイワやシマノなど人気のアジングロッドTOP15をご紹介します。

さらにアジングロッドを選ぶ際のポイントもまとめてお伝えします。

アジングロッドはどう選ぶ?

アジング ロッド 海 写真

pixta

アジング初心者は、各メーカーからたくさんの種類のアジングロッドが発売されていることで、一体どれを選べば‥?と悩んだことがあるのではないでしょうか?

ここでは、アジングロッドを選ぶときに必ずぶち当たる疑問にお答えします!

以下の3つを基準に選べば、いざアジングをするときに困ることがなくなるかと思います。

ソリッドティップとチューブラーティップ

アジングロッドのティップには、ソリッドティップとチューブラーティップの2種類があります。

ソリッドティップは穂先の断面が詰まっており、強度があり柔らかく食い込みがいいのが特徴です。

アジのアタリに対して穂先の力でフッキングされやすいので、初心者にもおすすめです。

一方、チューブラーティップは穂先(ティップ)からバッドが空洞になっており、ハリがあります。

一般的なロッドの感覚に近く、高感度でアタリがわかりやすいです。

ジグヘッドはもちろん、プラグや小型のメタルジグなどルアーに動きをつけるアジングに向いています。

アジングロッドの長さの選び方

アジングロッドの多くは5ft台~7ft台くらいの長さのものが一般的です。

4ft台~6ft台くらいまでの短めのロッドは、扱いやすく連続して投げても疲れにくいです。

また、感度がよくアタリがわかりやすいので、初心者から上級者まで好まれます。

反対に6ft台以上の長めのロッドは飛距離が出やすくロングキャストが可能です。

外海に面した釣り場など、エリアによっては飛距離がでるロングロッドが活躍します。

ジグ単とキャロライナリグどちらを使う?

疑問 女性 写真

pixta

アジングには基本的にジグ単かキャロライナリグを用います。

このジグ単は操作性を念頭においた近場の釣りに用いられます。

一方、キャロライナリグ(略称:キャロ)は飛距離が必要なときに使います。

このジグ単とキャロのどちらを使いたいのかによってもアジングロッドの選び方は異なってきます。

キャロを使いたい場合、ロッドは7ft~8ftのものを選びましょう!

ジグ単に比べてキャロライナリグ用のロッドはそれほど頻繁に必要になることは少ないです。

まずはじめにどれ使おう?とお悩みの方は、まずはしっかりとジグ単専用のロッドを選ぶと良いでしょう。

人気のアジングロッド

価格や特徴を比較してISHINGJPAN編集部が選んだ、おすすめアジングロッドTOP15をご紹介します。

誰でも使いやすく、インプレの評価も高かった15本のロッドを選出しましたよ!

1万未満:初心者おすすめロッド!ファーストキャスト

ルアーゲームの基礎を徹底的に追求して作られた、メジャークラフトのソルトウォーター基礎ロッドシリーズです。

ソリッドティップとチューブラーティップの2タイプから選べます。

FCS-S682AJI

喰い込み抜群のソリッドティップを採用したアジングモデルです。1~2gのジグヘッド単体でのタダ巻きや、キャロといった5gまでのオモリを追加して深場を狙う釣りにもオススメです。もちろん、ジグヘッドやマイクロジグで底を狙う根魚釣りや、中層を巻いて狙うカマス釣りにも使えるのが特徴です。

出典:メジャークラフト

1g程度のジグヘッドを投げるには腕が必要な感じですが、2gであれば初心者でも割と扱いやすいと思います。
ボトムの感触もよく伝わってきますし、ショートバイトでも明確に感じます。
レングスが短いので、漁港などの内向きで狭いエリアでのキャスティングゲームに適していると思いますが10gのメタルジグもしっかりと投げられるので、少し飛距離が欲しいシチュエーションでも使えます。

出典:アマゾン

FCS-T682AJI

扱いやすいチューブラーティップのアジングモデルです。1~2gのジグヘッド単体でのタダ巻きや、キャロといった5gまでのオモリを追加して深場を狙う釣りにもオススメです。もちろん、ジグヘッドやマイクロジグで底を狙う根魚釣りや、中層を巻いて狙うカマス釣りにも使えるのが特徴です。

出典:メジャークラフト

夕方のアジ釣りでは、ミノー、軽いクランク、軽いバイブレーションも行けます。フィッシュイーターが居たら、アジ用ワームから切り替えて使えそうです。

出典:アマゾン

1万未満:コスパ最高ロッド!アジングXシリーズ

ダイワのアジング入門におすすめなロッドです。

ネジレを抑制してくれるので、操作性抜群です。

初心者には使いやすい1本となっています!

アジングの基本となる軽量ジグヘッドの使用を想定したベーシックモデル。

出典:ダイワ

軽く、しなり具合も丁度良く、持ち疲れしないのがいいですね。

出典:アマゾン

ジグヘッド専用モデル。1g~2gがベスト。レングスも若干長めに設定してあるためスプリットやキャロの釣りにも対応。

出典:ダイワ

見た目もよく、ソリッドティップがオートマチックに魚をかけてくれる。値段を考えると買って損のないと思います。トラウトでも使ってみましたが、エステルラインと合わせれば感度も良好。

出典:アマゾン

ジグヘッドにも使えるが、どちらかと言えば遠くへ飛ばしたい人向けのキャロ、スプリット対応ロングロッド。

出典:ダイワ

Mキャロ2.5gm、ジグヘッド0.4gmを使用し実釣してみました。
ロングキャストを意識して作られているとの事で、非常に遠投しやすいです。

出典:アマゾン

1万円台:とにかくアタリがわかりやすいロッド!ソアレBB

しなやかさとシャープさを両立したモデルです。

「乗せ掛け調子」と「掛け調子」の3種から選ぶことができます。

感度がよく、アタリが手に伝わりやすいのも人気の秘訣です。

ジグヘッド単体での釣りが得意な、乗せと掛けの要素を併せ持ったモデル。6’4”という短めのレングスと、しなやかで感度の良い「タフテック」ソリッド採用により、常夜灯周りなど、近距離での繊細な釣りに適している。小型のアジのバイトを弾きにくく、抜けアタリや居喰いなどの難しいアタリにもしなやかに対応可能。

出典:シマノ

感度も良く、食い込みもいいので基本をしっかり押さえた十分な性能をもっており、
これからアジング、メバリングを始めてみようという方が入門用に選ぶには最適なロッドです。

出典:アマゾン

多彩なリグに対応し、攻撃的なゲーム展開を得意とする汎用性の高い掛け調子モデル。6’10”という長すぎず短すぎずのレングス設定で、近~中距離のさまざまなシチュエーションに対応。高反発な「ハイレスポンスソリッド」を採用しているので、手に伝わるわずかなアタリを感知し、積極的にアタリを感じて掛けていく釣りが可能。

出典:シマノ

1.5g付近のジクヘッドがメインでの使用です
長さもよく取り回しも良い
程よくぱっつん系で感度も良かったです。
本体も軽くコストパフォーマンスの良い商品だと思います

出典:アマゾン

キャロライナリグ、フロートリグ、メタルジグなどによる遠投攻略を得意としたモデル。あえて7’4”という長すぎないレングス設計にすることで、遠投性能を持ちながら軽快な操作性を併せ持つ。高反発な「ハイレスポンスソリッド」採用により、アタリを感じて積極的に掛けにいくセミロング掛け調子モデル。

出典:シマノ

感度がビンビンで驚きました。
ワームのテールの震動や着底の感覚まですべて伝わってきます。

出典:アマゾン

ソアレBBの使い方の動画

1万円台:上級者も満足できるロッド! 月下美人 AJING

もう少しハイスペックなアジングロッドに買い替えたい!と思った方におすすめです。

明確な釣り方に沿った3種から選ぶことができます。

戦略的に深くアジングが楽しめる1本となっています。

アジングのメインステージのひとつである漁港の常夜灯周りで抜群の強さを誇るジグヘッド単体使用での「縦の釣り」を得意とした掛け調子の攻撃的モデル。ティップセクションにはハイパフォーマンスカーボンソリッドを配し、フォール中のテンション抜けのアタリも確実にキャッチ。

出典:ダイワ

アジングに使うにはちょっとオーバーなくらいに張りのあるロッドです。
アジングにも勿論使えますが、ブラックバスやチヌ、タチウオや小型青物に至るまで問題無く釣り上げる事が出来ました。
今ではライトゲームはほぼコレ一本でいけてます。

出典:アマゾン

高活性なアジをテンポよく探すために、ジグヘッドリグやスプリットを用いてのリトリーブを主体にした「横の釣り」で抜群の効果を発揮する一本。メガトップを採用したその柔軟なティップは、アジの吸い込むアタリに素直に反応し、オートマチックにフッキングしてくれる。

出典:ダイワ

高感度で当たりが手に取るようにわかります。
シマノのソアレも使って居ますが個人的には月下美人の方が好きです!

出典:アマゾン

様々なリグを操りアジを狩るワイルドモンスター。スプリットやフロートリグ、プラグ、メタルジグなどを使用する「飛ばす釣り」にマッチしたパワーとレングスを備える。サイズのよいアジ狙いでも活躍し、かつ軽量ジグヘッドリグも扱える繊細な穂先を持ち合わせる、オールマイティな一本。

出典:ダイワ

アジングを行いながら、大物とも対峙するという欲張りな釣りを可能にするロッドと思います。
10cmにも満たないアジから、75cmの巨鯉まで、同じタックルで釣り上げることができました。

出典:アマゾン

2万以上:納得のお値段!ブルーカレントTZ

軽量化としなやかさを併せ持つ、凡庸性の高いアジングロッドです。

一度使うとその使いやすさから手放せなくなること間違いなしでしょう。

ブルーカレント58/TZはシャープな使用感にこだわり、乗せ調子と掛け調子の融合を求めてブランクを練り込み、ルアーの操作性にとことんこだわったショートレングス・テクニカルモデルです。ジグヘッド単体をメインとしながら、3gまでの極小プラグの使用感も高く、ジグヘッドのトゥイッチ&ワインド、小型プラグの細かなトップアクションやスローリトリーブも高い操作感で楽しめます。

出典:ヤマガブランクス

ジグヘッド単体での飛距離と操作性に特化したモデル。1g前後のジグヘッドをライナーで遠投することが可能です。TZモデルはガイドの軽量化に伴い、より繊細なティップを搭載し、新次元の操作感とキャストフィールを実現しました。

出典:ヤマガブランクス

中弾性チューブラーで粘りがあり、良く曲がります。対象魚を限定せず、ライトルアー全般の釣りで楽しめます。ちょっと高いですが、中途半端なものを買うぐらいなら、コレを選んでおけば間違いないです。琵琶湖でバスが釣れない時に、これにフロロ0.5号、0.8g前後のジグヘッドでギルを釣って遊んでいますが、たまに50cmUPのバスが掛かり、ロッドが目一杯曲がりながらも、アジ用ジグヘッドの細軸フックを伸ばされることなく魚を寄せることができます。

出典:アマゾン

アジ・メバルのライトゲームの基本となるベーシックモデルながら、トルザイトリングガイド搭載に併せたブランク設計で更に繊細なティップアクションを実現。ジグヘッドからシンカーリグまで幅広く扱え、超高感度&高操作性で繊細な狙いも思いのままです。

出典:ヤマガブランクス

72のレングスを感じさせない軽さと操作感はさすがヤマガブランクスさん。ジグ単でもキャロでもストレス無く使えるロッドですね。しなやかさと強靭なバットパワー。尺アジを釣った感想は「あれれっ?」と思うくらい釣れた魚がすぐに浮いてくる印象で、このロッドを手にしている限り主導権は最初からこちらのモノです(笑)

出典:アマゾン

一般的なロッドをアジングで代用出来る?

エギングロッドやシーバスロッドなどは、軽量のルアーが扱いにくく、通常アジングには向きません。

アジングは繊細な釣りなので、他のロッドを代用して使うよりも専用のロッドを使うのがおすすめです。

アジングを楽しもう!

アジング 写真

pixta

初心者でも初めやすいアジングですが、自分にあったアジングロッドを使えば、より効率よく上達できます。

アジングロッドで、釣って楽しく、食べて美味しいアジングを是非楽しんでくださいね!

アジングの関連記事

アジング徹底解剖!相性のいいロッドやリールって!?道具選びからアジの狙い方までプロの極意をご紹介します!

アジングは、ジグヘッドとワームを組み合わせた小型のルアーでアジを狙う釣法です。 ロッドとリールとルアーがあれば、近くの漁港や港湾にある足場のよい護岸に出かけて、好きなだけ釣りを…

FISHING JAPAN 編集部
アジング徹底解剖!相性のいいロッドやリールって!?道具選びからアジの狙い方までプロの極意をご紹介します!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング