アジストSSD

【アジストSSD】今年のアジングゲームをコスパ最強ロッドで楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

アジングゲームを楽しめるシーズンが、いよいよやって来ました。

テイルウォークからリリースされているソリッドティップ搭載ロッド・アジストSSDなら、手軽にさまざまなリグを操れます。

アジングに求められるベーシックなスペックをキープしながら、コスパ優秀で扱いやすい全9機種を、詳しくご紹介しましょう。

アジストSSDってどんなロッドなの?

アジストSSDとは、テイルウォークから発売中のアジングゲーム専用ロッドのことです。

全部で9種類のアイテムがラインナップ、長さや張り・曲がりなどのテイストを、アングラー個々のアプローチスタイルに合わせて選べるようになっています。

ソリッドティップを採用することで、負荷の大小にかかわらずフレキシブルに曲がり込んでくれます。

アジのショートバイトを弾いてしまうことなく、巻きアワセでフック貫通まで持ち込めるでしょう。

ガイドには、剛性・耐久性に優れているステンレスフレームを使っていて、定評のあるSiCガイドリングが装着されています。

極細のエステルラインやPEラインを用いていても、このガイドスペックなら安心してやり取りを楽しめます。

それでは、アジストSSDのスペックを機種別に詳しくチェックしてみましょう。

●アジストSSD・55

全長5.5ftとショートレングスで、継数は2本。

仕舞寸法は85cmにまで縮まりますから、釣り場への持ち込みやクルマへの積み込みは、とても楽におこなえるでしょう。

ウエイトは60gと軽めで、適合するリグウエイトは最大で3gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.2号から0.4号までです。

メーカー希望販売価格は、22,000円とコスパの優秀さが際立っています。

短いからこそ、積極的に掛けていきたいアングラーにはベストマッチな1本に仕上がっています。

ショアからのピンポイントキャストや、ボートアジングでも活躍する長さになるでしょう。

●アジストSSD・510

全長5.10ftで2ピース仕様、仕舞寸法は92cmです。

ウエイトは65gと軽く、適合するリグウエイトは最大で4gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号に設定されています。

メーカー希望販売価格は、22,000円です。

やや長くなったショートレングスモデルは、オールラウンドに使いながら、レンジコントロールを習得するのに向いています。

●アジストSSD・63

全長6.3ftで2ピースですから、仕舞寸法は99cmになります。

ウエイトは67gと軽めで、適合するリグウエイトは最大で5gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号になっています。

メーカー希望販売価格は、22,000円です。

ジグ単などの軽量リグに飛距離を与えつつ、高い操作性も兼ね備えているモデルとなっています。

●アジストSSD・68

全長は6.8ftで継数は2本、仕舞寸法は105cmと短いのが特徴です。

ウエイトは70gに抑えられているので、ロングレングスなブランクスの割りには操作性は高めでしょう。

適合するルアー・リグウエイトは、最大で5gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号です。

メーカー希望販売価格は、23,000円になっています。

軽量リグをロングキャストして、沖の潮目やブレイクライン、ランダムに発生するライズを叩くのに適したモデルです。

アジストSSDシリーズの全長7ftモデル3本を徹底チェック!

●アジストSSD・71

全長7.1ftで2ピース仕様、仕舞寸法は111cmです。

ウエイトは75gと、長さに対して軽めに作られています。

適合するルアー・リグウエイトは、最大で6gまで対応可能で、適合するPEラインは0.2号から0.4号まで。

メーカー希望販売価格は、23,000円です。

キャロをメインに使いたいアングラーに、手に取ってもらいたいモデルです。

●アジストSSD・76

全長7.6ftとロングレングスで、仕舞寸法は117cmにまで伸びています。

ウエイトは77gで、適合するルアー・リグウエイトは最大で8gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号まで。

メーカー希望販売価格は、24,000円です。

キャロはもちろん、流行りのフロートリグやマイクロメタルジグのロングキャストアプローチに向いています。

●アジストSSD・710

シリーズ最長の7.10ftで、仕舞寸法は122cmに設定。

それでもウエイトは80gしかなく、操作性は高いままをキープしています。

適合するルアー・リグウエイトは、最大で8gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号です。

メーカー希望販売価格は、24,000円になっています。

手付かずの遠距離ポイントをしっかり叩きたいアングラーに、積極的に使ってもらいたいロングレングスモデルです。

ここまで長くなると、不意にシーバスが掛かっても、じゅうぶん対処できるでしょう。

メバリングへの転用も、問題なくこなせそうです。

マルチピース仕様のモバイルロッドもラインナップされているアジストSSDシリーズ!

●アジストSSD・554

全長5.5ftのショートレングスモデルですが、継数がなんと4本に増えています。

その結果、仕舞寸法はたったの45cmになりました。

これならバッグなどに収納して、旅先でアジングゲームを楽しむことが可能でしょう。

ウエイトは65gで、適合するリグウエイトは最大で3gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号です。

メーカー希望販売価格は、24,000円に設定されています。

マルチピース仕様のモバイル系ロッドにありがちだった、感度が曖昧になる現象はほとんど見られず、ショートレングスモデルを用いたアジングアプローチを満喫できるようになっています。

●アジストSSD・604

全長は6.0ftで継数はこちらも4本ですから、仕舞寸法は50cmにまで縮まります。

ウエイトは67gと軽めで、適合するルアー・リグウエイトは最大で4gまで。

適合するPEラインは、0.2号から0.4号で、メーカー希望販売価格は24,000円に収まっています。

全長が6.0ftもあるので、キャストは充実しますし、ロッドワークによるアクションにもメリハリが出ます。

それに加えてフッキングレスポンスも向上しますから、ハイレベルなアジングゲームを満喫できるでしょう。

マルチピース仕様によるモバイル系ロッドとして、オールラウンドにライトソルトウォーターゲームを攻略してください。

アジストSSDシリーズを解説している動画はこちら

アジストSSDシリーズに装着したいおすすめリールを選んでみた!

アジストSSDシリーズに装着してアジングゲームを楽しむのに、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

同じくテイルウォークから、2000番サイズのスピニングリールがリリースされています。

オプションパーツとして、浅溝スプールも市販されていますから、ぜひ活用してください。

テイルウォーク スピーキー SPEAKY 2000HGX

テイルウォーク スピーキー SPEAKY 2000HGX

最安値価格
¥15,970(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,720

楽天市場へ ¥17,599

Yahoo!へ ¥15,970

テイルウォークから発売中のスピニングリール・スピーキーシリーズの中から、2000番モデルを選んでみました。

ウエイトは210gで、ラインキャパはPEラインなら2.0号を130m巻けます。

ギア比は5.2対1で、ハンドル1巻きにつき68cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は7kgで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

アジストSSDシリーズを駆使してアジングゲームを楽しもう!

アジストSSDシリーズの特徴や、機種別の詳細スペックを特集しましたが、いかがでしたか?

アジングゲーム初心者の人にも扱いやすいロッドに仕上がっているので、ぜひフィールドへ持ち込んで、尺アジクラスを狙ってください。

テイルウォークの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング