リールのアップ写真

テイルウォークのベイトリールが気になる!実釣インプレ特集

FISHING JAPAN 編集部

テイルウォークから数多くのリールがリリースされていますが、中でも気になるのは、ベイトリールです。

こだわりの作り込みが施されているにもかかわらず、低価格で購入しやすいメリットをキープし続けています。

気になる2機種のベイトリールを、実釣インプレしてみましょう。

テイルウォークのベイトリール・フルレンジAvailカスタムに注目!

テイルウォークのベイトリールといえば、バス釣り用に開発されたフルレンジシリーズがよく知られています。

現行モデルとして人気が高いのですが、そのモデルをベースにフィネスな使い方ができるようにチューンされたものが存在するのをご存知ですか?。

その名は、フルレンジAvailカスタム。

渓流ベイトフィネス用のカスタムスプールメーカーとして有名なAvailと組んで、なんとスプールとブレーキシステムをリファイン。

フロロカーボンラインの8lbを60m巻けるように設計されたのか、81R/AC-F8(右巻きハンドル)と81L/AC-F8(左巻きハンドル)。

ウエイトは173gとかなり軽めで、最大ドラグ力が6.5kgもあります。

ハンドル1回転につき86cmものラインを巻き取ることができるように設計されています。

これなら渓流のネイティブトラウトゲームはもちろん、バス釣りのベイトフィネスゲームにも対応しやすいでしょう。

他メーカーの既存ベイトフィネスリールは、ラインキャパが8lbで45mと、やや少ない量になっているのが実情で、ここに不満を感じているアングラーは多いです。

フルレンジAvailカスタムのように、8lbを60mも巻けるのなら、釣り場でライントラブルに見舞われても、傷んだ部分をカットして釣りを続けることが可能です。

それから12lbを60m巻ける、81R/AC-F12(右巻き)と81L/AC-F12(左巻き)も設定されています。

12lbのフロロカーボンを利用しているアングラーは結構いるので、それを60mもストックできるのであれば、オールラウンドに使えることになります。

どちらもアングラーからの要望にしっかりと耳を傾けて具現化した、おすすめの名機といえそうです。

テイルウォーク・フルレンジAvailカスタムの実釣インプレ!

フルレンジAvailカスタムの81R/AC-F12(右巻き)タイプを、実釣で使ってみました。

10g程度のシャッドプラグを結んで、サイドハンドキャストを敢行。

飛距離はグングン伸びていき、イメージしていたポイントより遠くに着水しました。

専用のマグネットブレーキは調整しやすく、ブレーキが必要以上に掛かり過ぎないテイストに仕上がっています。

バックラッシュトラブルはほとんど無く、逆風に向かってキャストしてもややスプール上でラインが膨らんで、シャッドプラグが着水するころにはその膨らみも解消していました。

メカニカルブレーキの調整幅が広く感じるのは、そのノブのサイズにもよるのでしょうか。

安定した巻き心地をキープすることができますし、クラッチの位置が低くて、クラッチを切ってからキャスティングを終えるまでに、親指に余計な接触が無いのも嬉しいです。

スプール回転そのものは、とても安定しているので、澱みなくラインが空中へ引き出されていくフィーリングになります。

ワイドバサルのキャスティングモデルはボートシーバスゲームにピッタリ!

テイルウォークのベイトリールで、もうひとつ忘れてはならないのが、赤いボディのワイドバサルです。

多めのラインキャパを保持しているので、太いラインをたくさん巻いてフルキャストすることができます。

具体的には、PEラインの3号を260mも巻けるので、4号や5号に巻き換えてビッグベイトをロングキャストするのに向いています。

流行りのボートシーバスでは、ビッグベイトはもちろん大型ペンシルやミノーをひんぱんに操るので、ワイドバサルは欠かせません。

実際に手に取ってキャストしてみると、安定したスプール回転でどんどん飛距離を伸ばせるようになっています。

着水してリトリーブを開始すると、剛性・耐久性を感じるボディフレームが、ガッチリ支えてくれている印象です。

ギア比8.1対1モデルなら、ハンドル1巻きで99cmものラインを巻き取れるので、掛かったシーバスがバレてしまうのをしっかり防いでくれます。

テイルウォークのベイトリールにマッチするおすすめロッドを選んでみた!

テイルウォークのベイトリールを装着して使いたくなる、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは、フルレンジAvailカスタムから。

バス釣り用ベイトロッドのラインナップには、繊細なロッドティップを持ったものが用意されています。

テイルウォーク(tailwalk) ロッド FULLRANGE C671ML/SL

テイルウォーク(tailwalk) ロッド FULLRANGE C671ML/SL

最安値価格
¥15,840(楽天市場)

Amazonへ ¥17,820

楽天市場へ ¥15,840

Yahoo!へ 取扱なし

テイルウォークのベイトロッド・フルレンジシリーズの中から、ベイトフィネスで使えるものを選んでみました。

全長は6.7ftで、1ピース仕様になっています。

自重は106gと軽めで、先径は1.1mm、元径は11.8mmと細めです。

適合するルアーウエイトは、1/8ozから3/8ozまで。

ロッドティップがソリッドカーボンなので、軽めのルアーでアプローチして、ロングシェイクなどで誘いをかけることが可能です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbから10lbまでです。

実際にフィールドで使ってみると、ロッドティップは繊細で柔らかいものの、ベリーからバットにかけてはじゅうぶんな張りを持っている印象です。

これならショートバイトが頻発しても、その都度きっちりとフッキング動作に移ることができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

スモラバやノーシンカーリグをキャストして、カバー周りでテンションフォールさせながら、誘いをかけてみましょう。

ネコリグやワッキーリグを結んで、定点でじっくり食わせるのも効果的です。

ソリッドティップ部分が極端に曲がり込みますから、フッキング後のロッドワークも慎重におこなうほうがいいでしょう。

テイルウォーク(tailwalk) BOATGAMER SSD C65XH 16716

テイルウォーク(tailwalk) BOATGAMER SSD C65XH 16716

最安値価格
¥19,481(楽天市場)

Amazonへ ¥21,173

楽天市場へ ¥19,481

Yahoo!へ 取扱なし

テイルウォークから発売中の、ボートシーバスゲームを楽しむためのベイトロッドです。

ワイドバサルとの相性はバッチリで、ビッグベイトをロングキャストするのに向いています。

全長は6.5ftと、短めのブランクスが採用されています。

継数は2本ですが、仕舞寸法が161cmとやや長めなので、クルマに積み込む際に注意してください。

自重は125gと軽めで、適合するルアーウエイトは、なんと90gに及んでいます。

適合するPEラインは、4号まで対応できるようになっています。

実際に手に取ってみると、グリップが短くて操りやすい印象です。

ビッグベイトや大型ペンシルをキャストして、ロッドティップを水面へ向けた状態で、ロッドワークを繰り出しやすくなっています。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ボートシーバスゲームでは、コノシロパターンなどで大型ルアーを用いるケースが増えています。

ベイトタックルなら糸ヨレの心配が無く、大胆に積極的にキャストを繰り返すことが可能です。

C65XHがあれば、これまでフッキングできなかった大型シーバスに、手が届くのではないでしょうか。

テイルウォークのベイトリールを使いこなしてレコードフィッシュを釣り上げよう!

テイルウォークがリリースしているベイトリールの特徴や実釣インプレ、マッチするおすすめロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

購入しやすいコスパ優秀な価格帯ですから、ぜひ1台試してみてください。

あなたの釣りスタイルが、大きく変わるきっかけになるかもしれません。

テイルウォークの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング