魚とロッドのアップ写真

【人生最大の勝負に挑むならこれ一択】ヘビーショアジギングにはテイルウォークのマンビカVer2!全7機種を徹底チェック!

FISHING JAPAN 編集部

日本各地でショアからのキャスティングゲームを楽しむアングラーが増えています。

メタルジグやハードプラグをロングキャストして、生命感溢れるアクションを発生させるには、扱いやすいショアジギングロッドが不可欠。

テイルウォークからリリースされているヘビーショアジギング用ロッド・マンビカVer2なら、思い通りの操作を展開し、大型青物を釣り上げることができるでしょう。

全7機種の特徴や使い方について、詳しくご紹介します。

マンビカVer2ってどんなロッドなの?

マンビカVer2はテイルウォークからリリースされているヘビーショアジギングを楽しむためのロッドです。

ブランクスの強度をアップしたヘビーバージョンモデルで、安心感のある粘りにも定評があります。

キャスタビリティに富んだスムーズなアクションに設計されているので、メタルジグでもハードプラグでも扱いやすくなっています。

ロッドティップの先端までXラッピングを施してあるので、ネジレに対して復元力が備わっています。

芯のあるトルクフルなテイストは、大型のヒラマサやカンパチが掛かったときでも、安心してやり取りを楽しめるでしょう。

リールシートには定番の富士工業製DPSシートを換装し、さまざまなスピニングリールに対応可能です。

グリップエンドにはラバーパーツが装着されていて、磯場や堤防で地面に置いても傷付きにくく、ロッドそのものの耐久性を上げています。

それでは全7機種の詳細スペックを見ていきましょう。

●マンビカVer2・100XH

まずはXHパワーブランクスのモデルからチェックします。

全長が10.0ftもあるので、飛距離を伸ばしたいアングラーには納得の設計です。

2ピース仕様で、仕舞寸法は155cmにまで縮まります。

これぐらいならクルマにも積み込みやすいですし、磯場などの釣り場へも持ち込みやすいでしょう。

ウエイトは365gと、ガッシリしている印象。

適合するルアーウエイトは、最大で100gまでです。

ドラグは最大8kgに設定してください。

メーカー希望販売価格は、29,000円です。

60gから70g前後のメタルジグやハードプラグをキャストするのに向いていて、大型の走りを強靭なブランクスで止めるのに向いています。

ブランクスはレギュラーアクションで、ヒラマサ・ワラサ・カンパチ・GT・大型青物などにマッチします。

●マンビカVer2・110XH

XHパワーブランクスモデルの2本目は、全長が11.0ftと長くなっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は175cmに。

こうなるとクルマへの積み込みや運び出しの際に、ドアなどに接触させないよう注意してください。

ウエイトは395gで、適合するルアーウエイトは最大で100gまで扱えます。

ドラグは最大8kgに設定して、キャストするようにしましょう。

メーカー希望販売価格は30,000円と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

レギュラーアクションのブランクスで、ヒラマサなどの大型青物を中心に狙うことが可能です。

マンビカVer2のXXHパワーブランクスモデル4機種を詳しくチェック!

●マンビカVer2・100XXH

XXHパワーブランクスの4本について、順にチェックしてみましょう。

まずは全長10.0ftモデルから。

2ピース仕様になっていて、仕舞寸法は155cmです。

ウエイトは425gで、適合するルアーウエイトは最大で140gまでアップ。

ドラグは、最大13kgに設定してください。

メーカー希望販売価格は、32,000円となります。

ブランクスはレギュラーアクションで、大型ヒラマサの引きに対して柔軟に曲がり、水面まで浮かせることができるでしょう。

ショアジギングを本格的にやり込みたい人に、ぜひおすすめしたい1本です。

●マンビカVer2・110XXH

全長11.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は175cmになります。

ウエイトは430gで、適合するルアーウエイトは最大で140g。

ドラグ設定は、最大で13kgに合わせてください。

メーカー希望販売価格は、34,000円です。

レギュラーアクションで、カンパチなどの大型青物の走りを満喫してください。

●マンビカVer2・120XXH

全長12.0ftで2ピース仕様ですから、仕舞寸法は185cmに達します。

ウエイトは480gで、適合するルアーウエイトは最大で140g。

ドラグ設定は最大13kgで、メーカー希望販売価格は35,000円です。

かなり長いブランクスなので、粘りを体感しながら扱える1本になっています。

大型のヒラマサなど青物が掛かっても、ロッドを立ててじゅうぶん耐えられる仕様になっています。

●マンビカVer2・126XXH

このシリーズで最長となる12.6ftの長さを誇っています。

グリップ部分が切り離せる3ピース構造になっていて、仕舞寸法は160cmにまで抑えられているのが特徴です。

ウエイトは495gで、適合するルアーウエイトは最大で140g。

ドラグは、最大で13kgに設定してください。

メーカー希望販売価格は、36,500円になります。

3ピース仕様でも美しい弧を描くレギュラーアクションで、ヒラマサにロングキャストでアプローチできるモデルとなっています。

実際にグリップを握ってみると、配置されているEVAが硬めの印象。

これなら強く握り込んでも滑りにくく、手元が安定する作り込みになっているといえるでしょう。

マンビカVer2のショアプラッギングスペシャルモデルに注目!

●マンビカVer2・105XXH PLUGGING SP

トップウォーターレンジでハードプラグを自在に操りたいアングラーのための、ショアプラッギングモデルがラインナップされています。

全長は10.5ftもあるので、ロングキャストにバッチリ対応。

2ピース仕様で、仕舞寸法は163cmに収まっています。

ウエイトは455gで、適合するルアーウエイトは最大で150gまで。

ドラグは、最大で13kgに設定しましょう。

メーカー希望販売価格は、34,000円となります。

ブランクスは、従来のモデルよりしなやかにロッドティップが入り込むトップセクションと、モンスターフィッシュを受け止めるバットパワーを合わせ持っています。

ヒラマサやカンパチなどの大型青物や、GTをターゲットにしたアプローチを敢行できるでしょう。

マンビカVer2を詳しく解説している動画はこちら

マンビカVer2に装着したいおすすめスピニングリールを選んでみた!

それではマンビカVer2に装着してショアジギングを実践してみたくなる、おすすめのスピニングリールを取り上げましょう。

テイルウォーク(tailwalk) KUROSHIO 53HGX 19073

テイルウォーク(tailwalk) KUROSHIO 53HGX 19073

最安値価格
¥20,240(amazon)

Amazonへ ¥20,240

楽天市場へ ¥24,519

Yahoo!へ 取扱なし

テイルウォークからリリースされている、キャスティングゲーム用のスピニングリールです。

53HGXよりもコンパクトで軽量な、33HGXや43HGXがラインナップされているので、用いるPEラインやターゲットに合わせて使い分けてください。

こちらはギア比が5.4対1なので、ハンドル1回転につき116cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは760gで、最大ドラグ力は18kg。

ラインキャパは、PEラインなら5号を350mまで巻くことができます。

ボールベアリングは7個搭載していて、滑り出しのいい湿式多板ドラグワッシャーと大口径カーボンドラグワッシャーを標準装備しています。

マシンカット仕様のアルミハンドルアームと、ハンドルノブが付いています。

アルミ素材は、ハードな使用に耐えることが可能なマテリアルで、ファイティンググローブにも優しいプレーンな形状にデザインされているのが嬉しいです。

実売価格は2万円前後と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

マンビカVer2を駆使して大型青物を釣り上げよう!

マンビカVer2の特徴や詳細スペックをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヘビーショアジギングゲームをこのロッドで満喫しながら、自身のレコードフィッシュを釣り上げてください!

テイルウォークの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング