魚とロッドのアップ写真

一本あるのとないのでは大違い!マイクロショアジギングSSDで一歩先の攻めに挑戦だ!

FISHING JAPAN 編集部

ショアからのキャスティングゲームが人気沸騰中ですが、大型のメタルジグでアプローチするだけでは全く釣れないことが。

そんなとき頼りになるのが、30gまでの極小メタルジグです。

テイルウォークから発売中のショアソルトゲーム専用ロッド・マイクロショアジギングSSDなら、軽量ジグを軽快にロングキャストして、大胆に操ることができます。

そのスペックや使い方について、詳しくご紹介しましょう。

テイルウォークの2022年新製品も話題になっています!

マイクロショアジギングSSDってどんなロッドなの?

マイクロショアジギングSSDは、30gまでの極小メタルジグを軽快にキャスト&操作可能な、ショアソルトゲーム専用ロッドです。

合計3機種用意されているので、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてみましょう。

マイクロショアジギングSSDに使われているブランクスは、既存のショアジギング専用ロッドのものとは全く異なります。

スリムでシャープなテイストのブランクスに仕上がっていますから、極小メタルジグを載せた状態で、軽快に振り抜くことに長けています。

ロングキャストで遠くに届いたメタルジグを大胆に繊細に操るために、ロッドティップからベリーにかけて絶妙なパワーレンジに設定しています。

ガイドに注目してみると、既存のショアジギング専用ロッドに装着されているものより、小口径なガイドが選ばれています。

こうすることで細いPEラインを通したときに、高い操作感を得ることができるのです。

釣り場に立って沖合いを眺めてみてください。

とても小さなベイトフィッシュが群れになって、ピチピチと水面に飛び出していることがあります。

下からさまざまなフィッシュイーターたちが襲っているのですが、大振りなペンシルやポッパーをそこに届けても反応してきません。

やはり、捕食しているベイトフィッシュとサイズが違うからでしょう。

これをマイクロベイトパターンと呼びますが、このときのフィッシュイーターたちは、小さなサイズのものにしか反応しなくなっています。

解決策は、こちらがキャストするルアーを小さくすること。

でも、小さなルアーは軽くて飛びにくいものが多く、ラインに結べるのは極小のメタルジグに限られてきます。

当然通常のロッドのままでは、飛距離を伸ばすことは望めないでしょう。

そこで手に取ってもらいたいのが、極小メタルジグをロングキャストするために専用設計されたロッド=マイクロショアジギングSSDです。

マイクロショアジギングSSD・84でフィネスなアプローチを実践しよう!

マイクロショアジギングSSDには、3種類のアイテムが用意されています。

ひとつずつ詳しくチェックしてみましょう。

●マイクロショアジギングSSD・84

全長は8.4ftと取り回しのいい長さで、2ピース仕様。

仕舞寸法は131cmですから、釣り場まで携行するのにとても便利でしょう。

ウエイトは110gしかないので、バス釣り用のスピニングロッドとさほど変わらない使用感を持っています。

適合するメタルジグは、最大で20gまで。

適合するPEラインは、0.8号までマッチします。

メーカー希望販売価格は、18,000円と低価格に設定されています。

マイクロショアジギングSSDシリーズの中で、最も繊細なロッドティップに仕上がっています。

3gから12gほどのメタルジグを操るのに適しているでしょう。

バットにはじゅうぶんな張りが与えられているので、最大で20gまでのメタルジグを操れます。

キャストしたメタルジグを中層でシャクったり、ボトム付近まで落とし込んではリフトしたり、細やかに探りを入れていくのに重宝する1本といえそうです。

青物はもちろん、ロックフィッシュに効きそうなイメージが強いです。

スーパーバーサタイルなマイクロショアジギングSSD・89!

●マイクロショアジギングSSD・89

全長は8.9ftになりますから、飛距離を伸ばしやすい長さでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は137cmです。

ウエイトは127gに抑えられているので、軽快なロッドワークを繰り出せます。

適合するメタルジグは、最大で20gまで。

適合するPEラインは0.8号までになっていて、メーカー希望販売価格は19,000円です。

マイクロショアジギングSSDシリーズの中軸を担うモデルなので、釣り場を選ばずさまざまなシチュエーションで活躍してくれるでしょう。

ロングレングスの部類に入るブランクスは、ロングキャスト性能が高めで、操作性をスポイルすることなく使えるのがメリットです。

着水した瞬間からロッドワークによるアクションを加えられるのは、好釣果につながるのではないでしょうか。

スリム&シャープなブランクスは、アングラーのスキルを補いつつ、可能性も高めてくれるはずです。

マイクロショアジギングSSD・96はパワー重視!

●マイクロショアジギングSSD・96

全長は9.6ftと、シリーズ中最も長くなっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は148cmに設定。

ウエイトは135gですから、シーバスゲーム用ロッドと比べても軽いほうでしょう。

適合するメタルジグは、最大30gまで。

適合するPEラインは、0.8号までを守備範囲にしています。

メーカー希望販売価格は、20,000円です。

沖合いの遠方に発生したナブラを、極小メタルジグで直撃することが可能なモデルです。

ロッドティップは繊細ですが、急激に強くなるベリーからバットによって、30gまでのジグを背負えるようになっています。

中型青物やマダイ・シイラなどをターゲットにしながら、ビッグサイズが掛かっても余裕を持ってやり取りをおこなえるのが強みでしょう。

マイクロショアジギングSSDを使ってショアソルトゲームを楽しんでいる動画はこちら

マイクロショアジギングSSDに装着して使ってみたいおすすめスピニングリールを選んでみた!

それではマイクロショアジギングSSDに装着して使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

テイルウォークのスピーキーシリーズなら、ライトショアジギングにベストマッチな3000番モデルがラインナップされています。

ハイギア仕様なので、掛かった魚に主導権を奪われることなく、ランディングまで持ち込めるでしょう。

テイルウォーク スピーキー SPEAKY 3000HGX

テイルウォーク スピーキー SPEAKY 3000HGX

最安値価格
¥17,642(Yahoo!)

Amazonへ ¥18,392

楽天市場へ ¥19,360

Yahoo!へ ¥17,642

スピーキーシリーズの3000番モデルです。

ウエイトは255gと、扱いやすい軽さをキープしています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを200m、PEラインなら3号を160m巻けます。

ギア比は5.2対1なので、ハンドル1回転につき78cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、9kgです。

青物狙いで大型サイズが混じるような釣り場で使うなら、最大ドラグ力は高めのほうが安心です。

実際に手に取ってみると、ハンドルは滑らかに回ってくれますし、ドラグのレスポンスも良好な印象です。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

0.8号クラスのPEラインを使うなら、スピーキーシリーズの2500番も扱いやすいでしょう。

マイクロショアジギングSSDを駆使してショアソルトゲームを満喫しよう!

マイクロショアジギングSSDの特徴や、マッチングのいいおすすめスピニングリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

極小メタルジグを自由自在に操ることで、釣れる魚の種類が格段に膨れ上がります。

釣れば釣るほど、あなたの釣りスキルが向上していくのを実感できるはず。

そうなれば、ますますマイクロショアジギングSSDを手放せなくなるでしょう。

テイルウォークの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング