アジング専用ラインのスプール写真

アジングに使うラインは何号がおすすめ?ライン種類別にピックアップ!

FISHING JAPAN 編集部

ライトソルトゲームで人気のアジングには、細いラインを使う人が多いですよね。

「それって何号使ってるの?」

という会話を、防波堤などの釣り場でよく耳にします。

使っているラインが細いほど、次のような効果が得られるといわれていますよ。

①アタリをすぐに感知できる。

②アジに口を使わせることができる。

③潮の流れや風の影響を受けにくい。

以上3つのメリットが挙げられますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは、アジングで扱うラインについて詳しく解説します。

ラインを細くすることでアジングはどう変わるの?

アジングをするときに細いラインを使うのは、ジグヘッドリグを単体でキャストする人が増えているからでしょう。

いわゆるジグ単と呼ばれているアプローチで、ロッドを握る手元に伝わる情報を増やしたければ、ラインを細くしたほうが良いという論理が、細いライン至上主義を作り出しているようです。

しかしながら、それは全ての種類のラインに該当するのでしょうか?

ラインの種類別に、深く掘り下げてみましょう。

アジング用ラインにナイロンを選んだ場合

まずはナイロンラインをアジングに選んだ場合から、詳しくチェックしてみましょう。

流通しているナイロンラインの中には、確かにアジング用として製品化されているものがありますが、かなり細いものばかりですね。

管釣りトラウト製品などで得た、ライトラインのノウハウを活かしたのでしょうか。

ナイロンライン自体は、細くすればするほど伸びてしまうでしょうし、よく水を吸う特徴がありますから、切れてしまうトラブルの確率も高くなるでしょう。

20センチ前後のアジなら大丈夫だよ!という人もいますが、数釣りになるので何度も負荷がラインにかかることになりますし、その都度結び換えることを考えると、なかなか手を出しにくい理由になってしまいそうです。

ナイロンラインは、根ズレには強いので、やや太めの号数、例えば0.6号前後ならおすすめです。

ラインの色は、ライムグリーンカラーやイエローカラーなどの視認性の高いものが扱いやすいでしょう。

エステルラインをアジングに選んだ場合

エステルラインは、細くて高感度・高強力ですから、アジングに使うラインとして適しているという印象です。

弱点だと指摘されていた糸撚れトラブルや使い難さが、最近リリースされているエステルラインからは、ほぼ感じられなくなりました。

エステルラインのおすすめの号数は、0.3号前後。

PEラインを使う際と同じように、ショックリーダーを必ず先端に結ぶようにしてください。

根ズレ対策やキャスト切れを抑えるために、必要な処置であると考えましょう。

フロロカーボンラインをアジングに使うなら何号がいいの?

フロロカーボンラインは、比重の高いライン素材として知られています。

キャストしたルアーが、水中に沈んでいくのが早く、底取りや手返しをテンポよく実践することができますよ。

おすすめは、2ポンド前後ですから、何号になるかというと、0.5号前後でしょうか。

フロロカーボンラインは、結び目が唯一の弱点といえますから、ショックリーダーの結び換えはひんぱんにおこなうようにしたいものです。

「ショックリーダーにフロロを使うんだから、リーダーなんて要らないんじゃないの?」という声も聞かれますが、さすがに2ポンド前後の通しラインではラインブレイクの恐れがあります。

先端には太めのフロロカーボンを、ショックリーダーとして結ぶほうが無難でしょう。

超極細PEラインを使えばアジングが変わるかも!

アジングラインとして最もよく使われているのが、PEラインです。

その中でも超極細といわれるPEラインが、現在の主流となっていますよ。

なんと、0.06号から選べるものがあります。

その細さでも2.5ポンドもの強度がありますから、安心してやり取りを楽しめますよね。

超極細PEラインのメリットは、ディープエリアに落ちてしまったアジのバイトでも、明確にとらえることができるという点。

いくらPEラインに浮き上がる特性があるといっても、0.06号もの超極細ラインなら、じゅうぶん過ぎる手元感度を発生させてくれるでしょう。

アジがバイトした瞬間をとらえて、確実にフッキングに持ち込みたいですね。

このPEラインには、ショックリーダーを結ぶことが不可欠です。

フロロカーボンラインやナイロンラインのショックリーダーを用意して、狙う層やシチュエーションに合わせて使い分けてみましょう。

アジングを楽しむために現場でショックリーダーを結べるようになりたい!

アジングに使用するラインには、ショックリーダーを結ばなければ釣りが成立しません。

でも、手元が暗くてよく見えなくなる夜釣りでは、細いライン同士を結ぶのは至難の業でしょう。

「家の明るい部屋でしっかり結んでから、アジングに出かければいいんだよ!」

確かにそうなのですが、現場でラインブレイクしてしまったらどうします?

「予備のスプールを持参すれば解決でしょ?」

それも根掛かりなどで引っ掛けて、ラインブレイクする恐れがありますよね。

どうしても暗い夜釣りの現場で、アジング用ラインとショックリーダーを結ばなければならないのです。

そのための結ぶ技術を習得しておかなければ、アジングを楽しめなくなってしまうでしょう。

そこで釣りの現場でもショックリーダーをセットしやすい、ライン結び方をご紹介します。

アジングラインとショックリーダーの結び方①トリプルエイトノット

細いアジングラインとショックリーダーを結ぶ際に、一般的に人気の高いFGノットを用いると、ずいぶんと手間がかかってしまいます。

結び目が大きくなって、ロッドガイドに強く接触してしまい、そのせいで飛距離が思ったほど伸びないかもしれません。

そこでアジングラインにおすすめの結び方を、いくつかピックアップしてみましょう。

まず最初に挙げるのは、トリプルエイトノットです。

この結び方なら極細のアジングラインを、寒い冬の釣り場でも夜釣りでも、しっかり確実にショックリーダーと結び付けることができます。

結び方そのものもカンタンで、10秒から15秒あれば完了できてしまいますよ。

こちらの動画を見て、習得してみましょう。

トリプルエイトノットの結び方を分かりやすく解説した動画

アジングラインとショックリーダーの結び方②トリプルサージャンズノット

アジングライン、特にエステルラインとショックリーダーを結ぶのに適している結び方が、こちらのトリプルサージャンズノットです。

前述のノットよりも結びの行程が少なく、とてもシンプルな締め上げ方を実践します。

こんなにカンタンでいいの?という印象ですが、実際に結んで釣り場でルアーをキャストしてみると、ノットがほどけてしまうようなトラブルは皆無でした。

ただし、最終の行程で実施する締め込み作業は、きっちり確実におこなうようにしましょう。

ノット部分を少し湿らせることで、摩擦によるラインの溶けを防ぐことができます。

トリプルサージャンズノットを詳しく解説した動画

最新おすすめアジングラインをピックアップ

それではアジングに適したおすすめラインをピックアップしてみましょう。

実際に釣り場で使ってみたものばかりですから、不意の破断やライントラブルがひんぱんに発生することのなかったものを並べています。

ラインの色や号数など、自分のアジングスタイルに合ったものを選ぶようにしてください。

細いラインのほうが風の影響を受けにくいといわれていますが、冬の釣り場で季節風を完全に無視できる釣り方など存在しません。

自然を味方につけて、ラインを風に乗せながらアジングを楽しめる方法を身に付けてください。

水中に沈みやすい特性のものがあれば、水に浮こうとするものも存在します。

刻々と変化する釣り場の状況に合わせて、ラインを取り替えられるようになりたいですね。

自分の感覚を移し込めるアジングラインを常に探そう!

アジングに適したラインは、これからも数多くリリースされるはずです。

各ラインメーカーが、日夜努力を惜しまず新しい開発を続けていますから。

強度はもちろん、しなやかさや張り・根ズレ耐久性など、これまでになかった要素が、新しいラインにふんだんに盛り込まれていくに違いありません。

ラインの色も、視認性の高いものだけでなく、水に溶け込むようなクリアベースのものも、発売される可能性があります。

我々アングラーは、その都度手に取って確認し、興味を持つに至ったら実際に釣り場で試してみることをおすすめします。

ラインは自らの指先であると認識してください。

その感度が落ちてしまうようなことがあれば、アジング自体が成立しなくなるのです。

徹底的に吟味して、自分の指先を担ってくれるようなアジングラインを見つけ出してみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング