アジ 写真

ルアーでアジを釣っちゃう!アジングをマスターすれば釣りの幅が広がるぜ!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは港の防波堤などで、アジ釣りを楽しまれたことはありますか?

誰でも手軽にできるアジングは、ルアー釣り初心者でも挑戦しやすい釣りものとして人気がありますよね。

そこで今回はアジングの基礎知識や、ロッド・リール・ライン・ワームの選び方、おすすめの釣り場などについて、まとめてご紹介しましょう。

初心者の方でもわかりやすく、アジングを解説します!

アジングを始めよう【基礎知識】

アジングとは

アジングとは、ルアーを使用してアジを釣る上げることです。

エサではなく小さなワームを使用します。

カゴにアミエビを入れて、サビキ釣りでアジを釣った経験のある人は多いのではないでしょうか。

しかし今はエサを使わずに、ルアーでアジ釣りを楽しむアジングが大流行していますよ。

手軽にできるというのが人気の理由となっていて、大型を狙う事ができるのもメリットのひとつです。

釣り場・ポイント

アジングをする場所でオススメなのは、潮通しの良い水深のある港の防波堤です。

足場が高くはなりますが、水深のあるところの方が魚がいる可能性は高いです。

アジは縦に薄くて平べったいですよね?

そのため、体型的に水圧のかかる深場へ潜るのも浮上するのも得意なんですよ。

警戒感が出たときは底べったりまで沈みますから、底まで沈むルアー・ジグヘッド+ワームで対処しましょう。

海水浴ができそうな砂浜だと、他の魚に襲われるからか、あまりアジの姿を見かけませんよ。

ワーム ジグヘッド 写真

ジグヘッド+ワーム

出典:youtube

時間帯

アジングをするのに適した時間帯は、夕方から夜にかけてです。

特に大型のアジは、潮にもよりますが早朝4時から6時にかけてが、活発にルアーを追いかける印象があります。

さらに、早朝の日の出前から午前7時くらいまでもオススメです。

アジは群れで行動し、その場所や季節独特の動きを見せますので、よく観察して順応していきましょう。

アジってどんな魚?

一般的にアジと呼ばれているのは、マアジという魚です。

マアジは日本各地で水揚げされていて、その数は年間で15万トンにも及びます。

日本人なら年間通して口にする機会があり、食卓にならぶことも多いのではないでしょうか。

比較的安価で、スーパーなどでも手に入りやすい魚です。

マアジ以外にも日本の近海には約30属、150種のアジ科の魚が棲息しています。

全長15cmほどの小さなものから、ロウニンアジという全長150cmほどにまで成長する種類まで様々です。

ロウニンアジについてはこちら!

狙うアジの種類

たくさんの仲間(種類)がいるアジですが、主にアジングで狙うのはマアジです。

日本各地で狙うことができますし、脂が乗って美味しいので釣れると嬉しい魚です。

ただし、アジングをしているとマルアジというマアジに似たアジ科の魚が釣れることもあります。

マルアジは、マアジの横に並べて見比べないとかなり見分けにくい魚です。

もちろん、マルアジも食べることができ、美味しい魚ではありますが、釣り人ならしっかり見分けておきたいところですよね。

マアジの特徴は断面が平たく、体が黄色く見えます。

対するマルアジは断面が丸く、側線のカーブがマアジに比べると緩やかです。

釣り人の間では両者の体色の違いから、マアジを「赤アジ」と呼び、マルアジのことを「青アジ」ということもありますよ!

マアジ(赤アジ)とマルアジ(青アジ)の見分け方はこちらの動画をご覧ください

アジの魚図鑑はこちらをご覧ください

アジングに最適なロッドを解説

釣りで使用するタックルについて、実はロッド選びがとても重要なんです。

アジングでもそれは例外ではありません!

アジングで使うのにおすすめしたいロッドというのが、スピニングリールが付く専用ロッドです!

アジは一旦口に含んで吐き出しては、また口に含むという離れ技が得意な魚です。

そのため、アタリがとても繊細になります。

太くて重いロッドでは、アタリが何も伝わってこない状態になり、アジングが成立しません。

長さは7フィート前後の、穂先が細くて全体的によく曲がるウルトラライトアクションのアジング専用スピニングロッドを選ぶようにしてください。

アジングにおすすめのロッドはこちら

主に関東エリアのアジングにてこのロッドを使用しています。最大の特徴は汎用性が高い事だと思います。
自作ジグヘッドの0.6g~7gを使っていますが、軽量リグから重量リグまで満遍なくフルキャストできアタリがしっかり取れる感度があります。また搭載されている「Xガイド」のライン絡みの減少の謳い文句も、他のロッドと比較して少ない事が実感できるレベルです。
オールラウンドに使えますがどの釣り方でも一定の満足感があり、ライン絡みによるトラブルも少ないので、値段的にも入門ロッドからのステップアップに最適ではないかと思います。

出典:アマゾン

アジング初心者の私にもあたりがわかりやすくアジ以外にも色々と釣らせてもらっています!お値段以上の価値があると個人的には思ってます。良い買い物をしました!

出典:アマゾン

最適なリールやライン・ワームを選ぼう!

■リール

リールは小型~中型(1000~2000番)のスピニングリールを選びましょう!

細い糸が巻けて小さなアタリでも伝わりやすい小型なスピニングリールが使いやすいです。

アジングに使用。
・巻いた感じは少し重いかな? と最初は思いましたが、とても滑らかに回るので巻きの釣りでのアタリがとりやすくなりました。
・ドラグ性能はほんとに凄い、1万円以下のモデルとは完全に別物です。
引っ張られた分だけ無駄なく出て、そのあとブレーキをかけているかのように滑らかに少しずつ出ていきます。
・15ルビアスと持ち替えてみましたが、こちらの方が新品というのもありますがほとんど使用感に違いを感じないレベルでした。
正直この価格だとありえないぐらいの性能です。 何らかの重大な欠陥でもあるんじゃないかと疑いたくなるレベル

出典:アマゾン

■ライン

ラインはフロロカーボンの1ポンドから2.5ポンドがオススメです。

フロロカーボンは、感度が少し低めではありますが、リグにそのまま結ぶことができるのがメリットです。

根掛かりを頻発させてしまっても、結び直すのが比較的簡単で初心者向けです。

PEラインですと0.3号前後のものがおすすめです。

感度がよくてアタリが取り易いというメリットがあります。

しかし、ラインとルアーの間にショックリーダーを結ぶひと手間が加わりますので、忘れないようにしてください。

それぞれ長さは、150cmほどあると安心ですよ。

■ワーム

ワームはアジング専用のストレートワームやピンテールワームやシャッドテールワームから選びましょう。

クリアーやグロー系のカラーでアジの反応をチェックしてみてください。

魚の活性や時間帯をみて、ワームをローテーションするのもいいですね!

アジングで人気のワームはこちら!

少し全長があるので、豆アジは難しいかな?と思いましたが、問題なく6cmのアジが釣れました。メインは尺狙いなので、豆アジは釣れなくていいとも思ってましたが、やはり!アジは自分の経験からして、ロングテールに弱い!トゥイッチなどテールがぴょこっと跳ねるのが効くのでしょう、釣果は圧倒的にこのロングテールになりますね。15cm以上を狙うならこのタイプで決り!

出典:アマゾン

アジの食いも良いですし、エサ盗りにも強いと思いました。オーソドックスなワームとして釣り場に着いたらまずはコレって言う感じで使っています。ピンクって最初はどうなの?って思いましたが問題なく食ってきます。

出典:アマゾン

アジングタックル番外編

リールやロッド、ワームのように必需品ではないけれど、あればアジングに役に立つアイテムを厳選してご紹介します!

フィッシュグリップ

アジングで重要なテクニックは手返しの良さです。

手返しとは、魚を釣り上げてから魚をはずし、仕掛けをつけ直してポイントにサイド投入するまでの一連の動作のことをいいます。

アジは回遊魚のため同じ場所にとどまらず、漁港内を常にクルクルと回っています。

そのため、釣れている時にテンポ良く仕掛けを投入することが、釣果を伸ばすために肝心です。

釣れたアジはかなり暴れるので、針を外すためにしっかり魚体を握る必要があります。

そんなときに素手ではなく、フィッシュグリップを使ってアジをつかめば、滑ることもなくスムーズに針はずしが行なえます!

100円ショップのピルケース

あらゆる釣具メーカーから小物を収納するケースが販売されていますが、実は100円ショップのピルケースでも十分に代用が可能です。

ワームやジグヘッドは釣具店で袋に入れて売られていますが、袋から出し入れしていては面倒です。

ジグヘッドの大きさやワームの種類によって仕分けしておけば、スッキリとして仕掛けも作りやすいです。

ベタつくワームはホームセンターで売っているシリコンスプレーをかけてから収納すると、くっつきにくくなりますよ!

ヘッドライト

忘れられがちなのが、ヘッドライトです。

アジングは夜釣りで釣果が伸びやすい釣り物です。

夜間の仕掛けのチェンジ、釣れたアジの処理はもちろん、誤って足場を間違って落ちないように、明かりは絶対に必要です。

夜釣りをする際は安全面に考慮して、ヘッドライトの着用を習慣づけましょう。

基本操作・釣り方

アジングのアプローチはワームを1~2グラム程度のジグヘッドにセットして、キャストを繰り返します。

仕掛けはゆっくり沈んでいきますから、そこからロッドの穂先を斜め上方に持ち上げてください。

穂先がジグヘッドの重みを感じて、少し曲がるくらいの状態で、リールをただ巻きすればOKです。

あとはアタリが発生するのをドキドキしながら待ちましょう!

アジングの仕掛け作りからアタリの取り方・ワームの操作方法まで詳しい解説動画をチェック!

操作方法の注意点

アジングの基本操作は簡単なただ巻きですが、余計な刺激を与えてしまうのは禁物です。

アジは群れの動きに追従する習性があり、群れで泳いでいるケースがほとんどです。

ちょっとしたこちらからの刺激がアジに伝わってしまうと、一気に水深を下げて底付近にしか漂わなくなることがります。

ですので、余計な刺激を与えないよう心がけましょう。

釣り場・ポイントを解説

どの釣り物でも釣果を左右するのが釣り場です。

どんなに素敵なタックルを持っていても、釣り場のポイントがずれていては釣れるものも釣れなくなってしまいます。

そこで、ここからは以下の観点でアジングに適した釣り場・ポイントをご紹介します。

・初級者におすすめの釣り場・ポイント

・中級~上級者におすすめの釣り場・ポイント

・大アジが狙える釣り場・ポイント①

・大アジが狙える釣り場・ポイント②

初級者におすすめの釣り場・ポイント

どの釣り物でも釣果を左右するのが釣り場です。

アジング初心者の狙い目ポイントはズバリ、漁港や夜間の街灯の下です!

さらに最適なのは、漁港が外洋に面している釣り場です。

湾の内側の漁港では潮が動かないので、どうしても回遊魚のアジが回ってきません。

回遊魚のアジが回ってきやすい外洋に面した漁港で試してみましょう!

もちろん昼間でも釣れますが、夜の街灯の下にはアジのエサとなるベイト(小魚)が集まります。

このベイトを食べにアジが寄ってくるのです。

初心者には挑戦しやすいベストのポイントです。

中級~上級者におすすめの釣り場・ポイント

キャスティングに自信のあるアジング中級~上級者におすすめのポイントなのが、接岸している漁船の影です

夜に比べて昼間のアジは、接岸している漁船の影などに集まる傾向があります。

漁船の周りの水面が動いていたり、水面近くに小魚(ベイト)がたくさん泳いでいる船の周りにアジが小魚を狙って潜んでいることが多いのです。

ただし、漁船周りはロープや船体にリグ(仕掛け)を引っ掛けると漁師さんの迷惑になります。

キャスティングに自信のない人は遠慮しましょう。

また、船を陸上にあげるための斜面(スロープ)はやはり小魚が溜まっていることがあり、こちらも狙い目です。

大アジが狙える釣り場・ポイント①

アジングでも30センチから40センチの大アジの手応えを楽しみたいものです。

ロッドを大きく曲げるほどの大物がいるのは、船の通る道です。

漁港の入口には、漁船が入ってくるルートが決まっています。

その船道は深くなっており、そのかけ上がりに大アジが潜んでいることがあります。

昼間に漁船の出入りを確認すれば、船道の少し横にあるだろうかけ上がりを想定できます。

防波堤からはちょっと遠くなるので、重めのオモリで深場を狙うキャロライナリグなどに仕掛けを変えてチャレンジしてみてください。

大アジが狙える釣り場・ポイント②

夜の街灯下にはかなりの確率でアジがいて釣りやすくなっていますが、この場所は比較的小型のアジが多くなります。

そのため大物を狙うには、夜の街灯の明かりがあたる海面の外側の暗いポイントが狙い目です。

磯でも釣れるアジですが、やはり漁港の方が足場が良く入門には最適です。

夜の街灯下、スロープ、漁船周り、船道のかけ上がりと、ご自分のキャスティング技術が上がれば、同じ漁港でも様々な攻め方ができ、大アジのチャンスもあります!!

まずは条件の良さそうな漁港を探してみてくださいね!

釣り場・ポイントを探すのに役立つサイト

アジングに適したポイントを探すのに役立つサイトを使えば、より釣り場が選びやすいですよ!

上記で紹介した条件を元に、自分がよく行く釣り場でアジングするのに適したポイントを探してみてください。

「釣果投稿型 釣り情報サイト カンパリ」では、日本全国各地の釣り場の釣果や施設情報、釣れる魚などが確認できます。

絞り込み釣果検索で「ルアー釣り アジング」と絞り込めば、日本各地の最新アジング釣果を見つけることができ、ポイント選びにも役立ちますよ。

カンパリとは?
全国の釣果が無料で閲覧・投稿できる釣り情報サイトです!

陸っぱりの釣果情報は「カンパリユーザーの一般投稿」「つり公園などの釣果」「渡船店(磯、筏・カセ、沖堤防)の釣果情報」の3つの情報が掲載されております。
ご自身が閲覧したいエリアを選択して見たり、スマートフォンは右上の「釣果検索・メニュー」PCサイトは左サイドのメニューの「絞り込み釣果検索」を使いエリアや釣り方、魚種を選んでいただきますと、見たい釣果が閲覧できます。

出典:釣果投稿型 釣り情報サイト カンパリ

アジングが上手くいかないときの対策法

アジングにチャレンジしてもなかなか釣れない・・とお困りの方も中にはいるのではないでしょうか。

その場合は、下記のポイントがきちんとできているか確認してみてください。

細いラインを使う

アジングに適したラインはフロロカーボンの1ポンドから2.5ポンドや、PEラインですと0.3号前後のものがおすすめです。

これより太いラインを使ってしまうと、アタリがわかりにくく、フォールのアクションにも影響を与えることがあります。

なるべくアジング用の極細ラインを使って、潮の流れの影響を受けやすいアジの好むアクションに近づけましょう。

ワームはローテーションして使う

魚の反応が良くないワームを使い続けても、いい釣果をもたらすことはできません。

まずはクリア、ピンク、イエローなどカラーをいくつか予備で準備して、魚の反応がない場合はチェンジしてみましょう。

魚の反応がいいカラーを見つけたら、そのカラーを投入し続けます。

そして、ワームの種類もストレートや、ピンテールワーム、シャッドテールワームなどいくつか持参します。

どうしてもあまり種類をたくさん持っていけないときは、長めのストレートワームをちぎって長さに変化をもたせるのもよいでしょう。

さらに、いつも魚の反応がいいお気に入りのワームがあれば、サイズ違いで3パターンほど持っていると便利です。

季節やエリアによっては、魚の大きさがことなりますから、その地域のベイトパターンに合わせられるようサイズ違いを持っておきましょう。

リフト&フォールのアクション確認

アジは、上からエザが落ちてくるときに反応する魚なので、フォールしているときにアタリが出やすいです。

シングルハンドで軽くキャストし、着水後はゆっくりフォールするのを待ちます。

フォール後は、ちょんちょんと軽くリフトさせて、さらにゆっくりとフォールするのを待ちます。

この基本動作を繰り替えしていれば、フォール時にアジが口を使うので焦らずリールを巻きます

風が強い場合は、フォール時にはなるべく水面にロッドの穂先を近づけます。

風がない場合はロッドを立ててフォールさせたほうがアタリが出やすいです。

このリフト&フォールの基本動作が1分で確認できる動画があるので、確認してトライしてみてくださいね。

アジングの基本動作を動画で確認

レンジを確認

レンジとは、水深のことです。

魚が表層で口を使っている場合は、下層のほうまでフォールさせる必要はありません。

逆に魚がどこにいるのかわからないときは、中層からボトムにかけて広いレンジを探る必要があります。

朝マズメと夕マズメがチャンスタイム

朝マズメと夕マズメとは、日の出日の入り時刻の前後1時間のことを指します。

この朝マズメと夕マズメ時に、海中では直ぶつプランクトンが光合成のため浮上します。

その影響で魚の捕食活性も活発となり、魚がつれやすくなる時間とされています。

アジングといえば夜釣りの印象が強く、よく釣れるイメージがあるかもしれませんが、この朝マズメと夕マズメのチャンスタイムにやらないのはもったいないです。

同じアジングでも、時間帯によっては全く異なる釣果をもたらすこともありますよ!

釣れたアジの持って帰り方

タイミングや腕が良ければ、数時間で10匹以上釣ることも夢ではないアジングですが、釣れたアジをどのように持って帰るかご存知ですか?

誤った締め方などをして持って帰ると、せっかく釣り上げたアジの鮮度が落ちてしましますよ。

そこで以下のポイントにそって、アジの持って帰り方をご紹介します。

・アジの締め方

・アジの血抜きの方法

アジの締め方

釣れたアジは鮮度が落ちないよう、持って帰る前に締めておく必要があります。

アジのエラからハサミを平行に差し込み、目の横の部分まで入れ込みます。

そのままハサミを少し斜めににじりながら、筋を切断します。

これだけで締めが終わります。

このとき、ウニ切り用の小さなハサミを使うととても便利です。

20cm以下の魚の小さなエラにも突き刺しやすく、40cm以上のギガアジでもしっかりと締めることができます。

アジの血抜きの方法

締め終わったアジは、氷水に入れて水中でゆっくりとゆすります。

すると、血が出て血抜きができます。

夏場は、魚が温まってしまうと鮮度が保てないので、氷水で冷やして締めながら持って帰るのがベストです。

アジングではたくさんのアジが釣れることもあるのでそのすべてを締めてから持って帰るのは少々手間になります。

しかし、きちんと締めてから持って帰るのとそのまま持って帰るのでは、鮮度が全く異なります。

せっかくいただくからには、美味しく食べられるようきちんと処理をして持って帰りましょう。

アジングで釣れたアジの締め方

アジングについてもっと詳しく知りたいあなたへ

アジング徹底解剖!相性のいいロッドやリールって!?道具選びからアジの狙い方までプロの極意をご紹介します!

アジングは、ジグヘッドとワームを組み合わせた小型のルアーでアジを狙う釣法です。 ロッドとリールとルアーがあれば、近くの漁港や港湾にある足場のよい護岸に出かけて、好きなだけ釣りを…

FISHING JAPAN 編集部
アジング徹底解剖!相性のいいロッドやリールって!?道具選びからアジの狙い方までプロの極意をご紹介します!

アジの種類は150種類もあるの!?日本各地でブランドアジが続々登場!代表的なアジの種類の見分け方から釣り方までプロが徹底解説します!

釣り人の皆さん、アジについてどれくらいご存知ですか? 日本の近海に棲息するアジ科の魚は、約30属、150種にものぼり、そのほとんどが食用になるそうです。 さて、これだけ多いアジ科…

FISHING JAPAN 編集部
アジの種類は150種類もあるの!?日本各地でブランドアジが続々登場!代表的なアジの種類の見分け方から釣り方までプロが徹底解説します!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング