魚のアップ写真

アジの血抜き作業って要るの?要らないの?【初心者向き】

FISHING JAPAN 編集部

アジングゲームを実践していると、100匹近く釣れてしまうことがあります。

小さいサイズは即リリースしたとしても、結構な数のアジが手元に残ります。

持ち帰って食べるつもりなら、神経締めの後、血抜き作業をおこなったほうがいいのでしょうか?

アジの血抜きはする派?しない派?

アジングゲームで大量に釣れたアジ、あなたならどのように処理しますか?

細長いピックを持参して、釣れたアジの目の後ろ辺りに突き刺すと、脳締めが完了します。

ピックをハサミに持ち替えて、今度はエラを開いた中に差し込み、背骨ごと断ち切ると、血が溢れてきます。

この状態で海水を汲んだバケツに放り込むと、血抜き作業が完成します。

内臓は取らずにジップロックなどのビニール袋にアジを入れて、クーラーボックスに収納すれば鮮度の高い状態で持ち帰れるでしょう。

クーラーボックスには氷が入っていて、キンキンに冷えている状態にします。

その上にアジを直接置くと、身が低温ヤケド状態になり旨味が損なわれるので、新聞紙などを間に挟んで保管しましょう。

これが一般的におこなわれている、釣れたアジの処理方法です。

でもよくよく考えてみると、アジングゲームではかなりの数のアジが釣れてしまいます。

1匹や2匹ならこの行程はカンタンに実施できますが、100匹近くとなるとちょっと厄介な作業に・・。

乗合船の船長さんの中には、アジの血抜きは要らないよ!代わりに氷締めしておけばいい!という人も。

果たして、釣れたアジはどのように扱えばいいのでしょうか?

血抜き作業は、本当な要らないのでしょうか?

たくさん釣れた場合のアジの血抜き作業は大変!ではどうする?

大量のアジが釣れた時のシチュエーションを考えて、一緒に考察しましょう。

アジを1匹ずつ丹念に神経締めして血抜きするのは、確かに大変な作業です。

また、冷氷締めだけに頼るには、特別によく冷えるクーラーボックスが不可欠になります。

そこで提案したいのが、アジの神経締め血抜きを、一序列の作業フローで処理する方法です。

最初に用意してほしいのは、海水を詰めたバケツです。

次に、氷を詰めて冷やした状態のクーラーボックスと、ジップロックの種類のビニールバッグです。

釣れたばかりのアジを、水で湿らせた手でお持ちください。

利き手でしっかりとアジの胴体をつかみ、忍びなくしてください。

長い時間この状態で保持すると、ストレスがかかり味が損なわれますので、スピーディーに作業を進めましょう。

もう片方の手で、アジの頭部を固定します。

指を使ってアジの背中側に近づけ、エラの延長線上と背中が交わる位置に力を入れて、一気に折り曲げてください。

これは一般にサバ折りと言われる手法を、アジに適用するというわけです。

90度以上に曲げ切ることで、アジの背骨を折ります。

ここで神経が締まり、ピックやハサミなどを使わずに作業は完了します。

最後に、突き出てきたエラを除去し、そのまま先程用意したバケツの中に海水に浸けてください。

血管が集中している部位が折れているので、海水が自然と血抜きの役割を果たしてくれます。

よく冷えた状態のクーラーボックスにアジを収納して持ち帰ろう!

アジの血抜き作業まで終えたら、ジップロックのようなビニール袋へ収納します。

その状態で、氷を敷き詰めたクーラーボックスへ入れてください。

とてもカンタンですから、初めての人でもすぐに覚えられます。

氷に直接アジが触れないようにし、できれば新聞紙などを氷の上にかけておくといいでしょう。

アジングゲームをおこなう釣り場に、以上の関連アイテムを持ち込むようにすれば、鮮度のいい状態のアジを自宅に持ち帰れるはずです。

しかもピックやハサミの持参を忘れた場合でも、しっかり対応できます。

作業の行程を覚えて、早速釣り場で実践してみてください。

アジの血抜き作業までの行程を分かりやすく解説している動画はこちら

大量のアジを釣るのにおすすめのタックルを選んでみた!

アジの数釣りをおこなうのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、ジグ単を操りやすいショートレングスなスピニングロッドが合います。

リールは、2000番前後の小型スピニングリールに、0.4号前後のPEラインを巻いて操るようにしてください。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ エクスチューン MB S510SUL+-S

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ エクスチューン MB S510SUL+-S

最安値価格
¥41,249(楽天市場)

Amazonへ ¥41,289

楽天市場へ ¥41,249

Yahoo!へ ¥41,250

シマノからリリースされている、移動式のアジングゲーム専用スピニングロッドであります。

全長が短く、しかも仕舞寸法が格段に縮められているので、釣り場までの移動が非常にスムーズになります。

多くのタックルを持ち歩く際には、特に便利なアイテムです。

全長は1.78mで、4本継ぎ仕様となっております。

驚愕の仕舞寸法は、わずか49cmとなっています。

ウエイトが約62gと軽量なため、長時間にわたるアジングゲームでも、無駄に疲労しないでしょう。

釣りを続けるための集中力を保つ点で、大きな利点があります。

先径は0.8mmと華奢で、適応するルアーウェイトは、0.4gから8gまでとなります。

ジグ単からキャロまで、様々なリグに対応可能です。

適応ラインは、モノフィラメントラインで1lbから3lb、PEラインでは、0.1号から0.4号まで対応できます。

ブランクスに使用されるカーボン素材の含有率は、99.1%です。

実際に連結し、振ってみると、とてもシャープかつしなやかに弯がる感触がありました。

アジの短いバイトもフッキングに移行せずに弾くことなく、負荷に対してスムーズに弧を描きます。

ガイドはラインが絡まりにくい配置になっていて、キャスト回数を効率良く増やすことができます。

価格は4万円台と、ハイスペックな商品だからこそのプライスレンジに設定されています。

ロッドティップが細く敏感なので、保管時は取り扱いに十分注意してください。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2500S アジング メバリング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2500S アジング メバリング

最安値価格
¥25,106(amazon)

Amazonへ ¥25,106

楽天市場へ ¥26,207

C2500番という珍しいサイズなので、C2000番よりもラインキャパが多めなのが特徴です。

ロングキャストはもちろん、潮の流れを活かしたドリフト釣法などにも対応できます。

ギア比は5.3対1ですから、ハンドル1巻きにつき72cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kg。

ウエイトは165gと軽めで、スプールの直径は43mm、ストロークは13.5mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを130m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて扱いやすく、ハンドル回転も滑らかそのものです。

ローター回転もスムーズで、ドラグレスポンスもライトラインの使用にじゅうぶん耐えられるものに仕上がっています。

C2000番で少しラインストック量が足りないなと感じていたなら、ぜひこのC2500番を使ってみてください。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

アジの血抜き作業まで習得して美味しく食べよう!

アジの血抜き作業までのやり方や、おすすめのアジングタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ピックやハサミが無い状態でも釣り場で的確な処理ができれば、アジを美味しく食べることができるでしょう。

水汲み用のバケツやバッカン、氷の入ったクーラーボックスは必須なので、釣り場へ向かう際にしっかり積み込むようにしてください。

アジの血抜き作業は手が汚れますから、タオルなどを持参するのも忘れないようにしましょう。

アジの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング