カンパチ 釣り人 男性 釣船 海 写真

カッタクリ釣りでカンパチを狙おう!シャクリ調子の竿でバケを操る!?効果バツグンのタックルを揃えてハラハラ釣行を体験しよう!

FISHING JAPAN 編集部

皆さん、カンパチのカッタクリ釣りってご存知ですか?

バケと呼ばれる疑似餌が付いた仕掛けをスピーディーに手繰り続けながら食わせる釣りで、関東地方の房総半島で盛んな釣り方です。

この動作を長く続けていると、疲労が“肩にくる”ということから、いつの頃からかカッタクリと変化して呼ばれるようになったそうです。

カッタクリは、どちらかというと大型狙いよりも、1kg前後のものから大きくても3kg程度のシオと呼ばれるサイズがメインの釣りです。

大きな群れに当たると数が釣れるのと、時期によってはイナダやカツオなど美味しいゲストが交じるのが魅力です。

今回は、そんな外道まで嬉しいカッタクリ釣りについて、ご紹介していきましょう!

しゃくり調子の短竿がいい

カッタクリ釣りの竿は、長さが1.8~2.4m程度のものを使いましょう。

竿が長過ぎると、どうしてもシャクリ幅が大きくなって、バケを小刻みに動かすことが難しくなるからです。

竿の調子は、かなり先調子で7:3調子か、もしくは8:2調子のシャクリ調子と呼ばれるものを使います。

このような腰がしっかりした先調子の竿を使うのは、バケにキビキビした動きを与えるためです。

竿の腰が軟らかいと、長い竿を使った時と同じようにバケを軽快に操作するのが難しくなります。

このため8:2調子の竿を使う人が多いですね。

リールは、ドラグ性能の良い小型の両軸リールが良いでしょう。

ハリスが4、5号なので、3kgぐらいの良型が掛かった時、ドラグをフルに活用してやり取りする必要があるからです。

釣り場の水深が30m前後のところが多いので、電動リールは必要ありません。

PEラインの3、4号が100m以上巻けるものでドラグ性能さえ良ければ十分です。

お勧めは、ダイワのタナセンサー300や、ソルティガBJ200H、シマノのオシアコンクエスト300PGや、グラップラー300HGあたりが使いやすいでしょう。

商品はこちら

ダイワ(DAIWA) カウンター付両軸リール 17 タナセンサー 300 (2017モデル)

ダイワ(DAIWA) カウンター付両軸リール 17 タナセンサー 300 (2017モデル)

最安値価格
¥13,446(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,481

楽天市場へ ¥14,076

Yahoo!へ ¥13,446

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 17 ソルティガBJ 200H (2017モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 17 ソルティガBJ 200H (2017モデル)

最安値価格
¥44,880(Yahoo!)

Amazonへ ¥45,815

楽天市場へ ¥45,815

Yahoo!へ ¥44,880

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 16 オシア コンクエスト 300PG 右ハンドル オフショア 中深海ジギング

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 16 オシア コンクエスト 300PG 右ハンドル オフショア 中深海ジギング

最安値価格
¥41,580(amazon)

Amazonへ ¥41,580

楽天市場へ ¥41,580

Yahoo!へ ¥41,580

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ジギング 17 グラップラー 300HG 右ハンドル スロー系ジギング ディープ鯛ラバ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ジギング 17 グラップラー 300HG 右ハンドル スロー系ジギング ディープ鯛ラバ

最安値価格
¥31,992(楽天市場)

Amazonへ ¥35,598

楽天市場へ ¥31,992

Yahoo!へ ¥36,759

魚皮バケは2個つけるのがポイント!

ラインは、1m毎にマークが付いているPEラインで、しなやかで強度がある8本ヨリがお勧めですね。

ラインの先に腕の長さが30~40cmの片テンビンをつけます。

使うオモリは50~60号ぐらいで、潮の速さや水深によって使い分けて下さいね。

テンビンの腕の先にクッションゴムを付けます。

太さは1.5~2㎜で長さは短くて30cm、長くても50cmぐらいにしておきましょう。

クッションゴムの先に付ける仕掛けですが、全長2.5mから長くて3mのハリスに、2本の魚皮バケをつけます。

全長が2.5mならクッションゴムの端から1mのところ、3mなら2mのところから長さ30cmのエダスを出し、ここに魚皮バケを1つ付けます。

さらにエダスから1.5mのところに、もう1つ魚皮バケを付けます。

フロロカーボンのハリスは5、6号が標準ですが、良型が出る場所では8号を使いましょう。

ハリはイナダバケの10号ぐらいで、ハモ皮、ナマズ皮、ハラフグ皮などの魚皮が付いたバケを使い分けます。

よく釣る人を真似てみよう!

仕掛けを落とし込んだら海底から水面までシャクリ続けながら巻き上げていきましょう。

大体リールを2回巻いて1回シャクるのが、基本動作になります。

食わせるのは、小魚をイミテートしたバケなので、もちろん味も匂いもしません。

これをいかにも小魚らしく動かして食わせるのがポイントになるので、手を休めていては、まず釣れません。

しかし、いくら一生懸命シャクリ続けても食わない時があります。

そんな時は、自分の釣り方が今日の状況に合っていないのだと考え、よく釣っている人の動作を真似てみるのも1つの手です。

他にも、シャクる幅や間隔、シャクリの強弱など、色々変えて試してみて下さい。

カンパチが掛かったら底に向かって一気に走りましょう。

根に入られないよう最初は強引にリールを巻いて底を切って下さい。

魚をある程度浮かせることが出来たら、あとは楽にやり取りを楽しみながら取込んで下さい。

食いが良いと、シオクラスの大きさだと、ときには一荷で食ってくることもありますよ。

とにかく引きが強いので、無事取込むまではハラハラの連続で、最後まで存分に楽しませてくれる魚ですね。

釣り人の皆さんも、シャクリとバケの動かし方をぜひマスターして、カッタクリ釣りに挑戦してみて下さいね!

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング