ライン 写真

ユニノットの結び方!イラストや動画でチェックして結び方のコツを習得しよう!

FISHING JAPAN 編集部

釣りではさまざまな結び方を覚えなければなりません。

せっかく魚が掛かったのに、結び目からほどけてしまうようでは、釣りが成立しないからです。

個人のレコードフィッシュを確実に手にしたいなら、正しい結び方をしっかり習得するようにしましょう。

ユニノットとは?

ここでは数ある結び方の中から、ユニノットについてご紹介します。

ユニノットとは、ルアーのラインアイやサルカンなどの接続金具へ結ぶときによく用いられます。

フライのラインアイにも、ユニノットで結ぶケースが多いですね。

非常に応用範囲の広い、ベーシックなノットといえるでしょう。

ユニノットはベーシックで結びやすいノット!

なぜ、ユニノットがベーシックで応用範囲が広いのか?

それはとても結びやすいノットだからです。

初心者の人でも、動画を観ながら1度、2度と練習をこなせば、短時間で確実に習得できるようになるでしょう。

分かりやすい動画をピックアップしてみましたので、参考にしてください。

ユニノットでスプールにラインを結ぶことも可能!

ユニノットを使えば、ラインをリールのスプールに巻き止めることができます。

ベイトリールでもスピニングリールでもかまいません。

スプールにラインを1周させてから、ラインアイに結ぶのと同様に、ユニノットで締め上げてください。

スプールに結んだ後の不要なラインの部分は、短めにカットしましょう。

そうすることで実釣時のライントラブルを未然に防ぐことができます。

あらゆるラインでユニノットを試してみよう!

ユニノットの結び方を、太いラインでも細いラインでもおこなえるようになりましょう。

最初はナイロンなどの、モノフィラメントラインで練習します。

次に撚り糸であるPEラインや、極細であるエステルラインでも、結べるようになってください。

結び目のコブの形や大きさなどにこだわって、きっちりと美しく仕上げるように心がけましょう。

ダブルユニノットの結び方

ユニノットの接続部分をダブルラインにする、ダブルユニノットという結び方も存在します。

ビッグベイトやスイムベイトなどの、重量があって強い負荷のかかるルアーを結ぶときに効果を発揮しますよ。

専用の動画がありますので、じっくり観て覚えてくださいね。

ユニノットを習得して釣りスキル向上につなげよう!

ユニノットは、結び方のベーシックな部分を習得するのに適しています。

これをしっかり結べるようになってから、他の結び方にもチャレンジしてみましょう。

さまざまな結び方を習得すれば、どのケースにはどの結び方が合っているかが分かるようになります。

自分自身の釣りスキル全体を向上させる上で、とても大切なことだといえるのです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング