アジ 写真

アジングで使いたいのはメタルジグorワーム?おすすめルアーはどっち?

FISHING JAPAN 編集部

アジングといえば、ジグヘッドにワームをセットした、通称・ジグ単によるアプローチがポピュラーです。

でも最近釣り場では、アジング用のメタルジグを使っている人が増えてきましたよ。

「だってさ、メタルジグのほうが遠くへ飛ばせるじゃん!」

「そんな重いルアー、アジが食うわけないよ!」

果たしてメタルジグとワーム、どちらがアジングにマッチしているのでしょう?

アジングでは1g前後の極小ルアーを使うケースが多い!

アジングでは、1g前後の軽いルアーをキャストする釣り方が実践されています。

それくらいのボリュームの稚魚や甲殻類プランクトンを、アジが好んで捕食するからでしょう。

となれば、極小のワームが適していると思いがちですが、実はそうカンタンに結論付けできません。

すでに1g前後のウエイトのメタルジグもリリースされているからです。

メタルジグのメリットは遠くへ飛ばせること!

確かにワームを使うと、リアルな極小感から小魚のイメージを出しやすいのですが、風が強いときは遠くへ飛ばすことが難しくなります。

また、アジがディープエリアへ落ちてしまった場合、その深い層までワームを送り込むのに時間がかかって手返しが悪くなりそうですね。

メタルジグのような頑丈なボディなら歯の鋭い魚に千切られる心配もない!

もしフグやベラなどの歯の鋭い魚が多い釣り場なら、ワームだとカンタンに齧られて寸断されてしまうかもしれません。

そのデメリットをカバーするには、ボディ自体が頑丈で、なおかつ重みのあるメタルジグが効果的といえるでしょう。

現在発売中のおすすめメタルジグをピックアップしてみましたので、是非参考にしてください。

ワーム+ジグヘッドの組み合わせは膨大!シチュエーションに合ったものを選択可能

しかしながら、アジが表層から中層にかけて浮いている場合や、ゆっくりフォールさせながら食わせたい場合は、ワーム+ジグヘッドのジグ単スタイルが効果を発揮します。

ジグヘッドのウエイトは、数多く用意されていますし、ワームのカラーやデザインもかなり豊富ですから、自分なりの組み合わせを楽しむことができるでしょう。

釣り場のシチュエーションに合わせて、柔軟に対応できるようになりたいものです。

アジング関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング