アジ 写真

アジングのポイント選びはどうすればいいの?釣れないときに狙うポイントはココ!

FISHING JAPAN 編集部

アジングを始めたばかりの人なら、どこで釣ればいいのか悩んでしまいますよね。

ポイント選びを誤って、釣れない状況に陥りたくありません。

アジをたくさん釣り上げたい!

それをかなえられるポイントで釣りをしたい!

ここでは、流行りのアジングにおけるポイントの選び方を、詳しくご紹介しましょう。

そもそもアジングに向いた釣り場はどこなの?

まず、アジングを実際におこなう釣り場をイメージしてください。

昼間よりは夜の景色が頭に浮かぶのではないでしょうか。

そして場所は漁港。

風があまりに強く当たるようなところだとルアーをキャストしづらいですから、風裏の漁港でロッドを振りたいですよね。

そういう条件が整っている漁港を、選び出してみましょう。

その漁港の中の、どのポイントで釣りをスタートするか考えてみましょう。

漁港の中でアジングに適したポイントといえばまずはスロープ!

漁港の中には、さまざまなアジング向きポイントが存在します。

最初に向かいたいのは、スロープです。

スロープとは、漁船を海面に降ろしたり陸に上げたりする、なだらかな斜面のこと。

斜面になっている分、他の場所より浅いのが特徴です。

浅ければ空気(=酸素)と海水が混ざりやすく、太陽光による水温上昇が見込めます。

そういう環境を目指して、アジの好む小魚やプランクトンが、時期を問わず昼間でも集まってくるのです。

エサだらけのこのポイントを、アジが黙って見ているはずがありませんよね。

夜釣りでのおすすめポイントは街灯・常夜灯の真下!

次にアジングでおすすめしたいポイントは、街灯・常夜灯の真下です。

ここは昼間ではなく夜間のポイントで、ライトに照らされて集まってくる小魚やプランクトンを、アジが狙って集まって来ますよ。

人気のポイントになるので、他の釣り人の邪魔にならないようにロッドを振ってくださいね。

アジングで最も見落としがちなポイントはミオ筋!

3つめにおすすめのポイントは、ミオ筋でしょう。

ミオ筋とは、漁船の通り道のことで、漁港の入口から内部にかけて存在しています。

漁船が昼間によく通るわけですから、他のポイントよりも掘られたように深くなっていますよ。

いわゆるカケアガリ=ブレイクラインを含んだ、大きな地形変化と呼べるのではないでしょうか。

そういうポイントにおいて、アジは群れで回遊しているケースが多いのです。

スロープや街灯・常夜灯ならポイントが近いので、短いロッドでも対応できます。

それがミオ筋となると、かなりルアーを遠投しなければならないので、長いロッドを用意しておいたほうがいいでしょう。

釣れない場合は、特に攻める範囲やポイントを広げることが効果的ですから、ロッドを長短2本以上用意しておくことは、アジング上達のための秘訣かもしれませんね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング