ライン 結び目 写真 PE

PEラインとリーダーの結束で悩んでいませんか?超カンタンな結び方を動画でチェック!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、PEライン(ピーイーライン)とリーダーの結束を難しいと感じたことはありませんか?

普通に直結してもスルリと解けてしまう、素材の異なる同士の結束。

これは確実に結べるようにならなければ、釣果に影響しますよね。

ここでは、ライン同士の直結とはどのようにおこなうものか、その結び方を動画でご紹介します。

PEライン(ピーイーライン)とリーダーとはどんなラインなの?

PEラインとは、ポリエチレン繊維を複数本合わせて編みこんだラインのことです。

リーダーとは、ナイロンやフロロカーボンなどの単線ラインのことですね。

素材・構造の違う2つのラインを直結しようとすると、安易な結び方ではスルスルと解けてしまいます。

そこで有名なFGノットなどが発明されたのですが、結び方が難しい!という声をよく聞きますよ。

ここではそれに代わる結び方を動画を用いて解説します。

まず始めに見てもらいたいのが、クインテット・ノットという結び方。

なんと、PEラインとリーダーを束ねて5回輪の中をくぐらすだけです。

これなら釣り場でおこなうのもラクチンですよね。

これはカンタン直結!クインテット・ノットの結び方動画はこちら

PEラインとリーダーの結束方法・10ノットとは?

10ノットとは、リーダーで輪を作ってPEラインを10回巻きつけて縛り込む結び方です。

とてもシンプルで覚えやすいし、結び目が小さいですよね。

10ノットは10回巻くだけ!カンタン結束動画はこちら

オルブライトノットの結び方を解説した動画はこちら

PEラインとリーダーを短時間で直結したければ、オルブライトノットがおすすめです。

リーダーが太い場合なら、この結び方でじゅうぶん結節が保てますよ。

オルブライトノットをわかりやすく説明している動画はこちら

PEラインとリーダーを結ぶケースは、釣り場で頻繁に起こります。

昼間ならよく見えるラインも、夜間になると途端に難しくなりますし、風や寒さがあなたの邪魔をするかもしれません。

そんなときに頼りになるのが、ご紹介した3つの結び方です。

ぜひマスターして、いつも同じ結び目が作れるようになりましょう。

おすすめPEライン関連アイテムのご購入はこちら

ラインノットの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング