リールとラインのアップ写真

リールへラインを巻くときってどうしてる?ラインの巻き方を詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

購入したリールにラインを巻くときって、いつもどうしていますか?

釣具店さんにお任せで巻いてもらっている!という人、意外と多いかもしれませんね。

でも釣り場でライントラブルが発生したら、その場で巻き換えなかければなりませんよ。

日頃から自分でおこなうことで、ラインの巻き方を習得することができます。

ここでは、リールへのラインの巻き方について、分かりやすくご紹介しましょう。

ナイロンやフロロカーボン・PEといったラインの特性も考慮に入れて、巻き方をマスターしてくださいね。

リールにラインを巻くときに知っておかなければならないことって何?

自分のリールに自分でラインを巻くとき、どんなことを知っておかなければ実践できないのでしょうか。

あまり難しく考える必要はありませんが、きっちりと美しく巻き上げることで、その後の釣りはスムーズに進められますよ。

何事も基本が大切、それならラインの巻き方にも注意を払ってしかるべきでしょう。

大切なポイント、見過ごしがちなポイントを、ひとつずつ挙げていきますね。

まず最初に、ラインを巻き付ける対象である、リールをチェックしてください。

スピニングリールとベイトリールがありますが、スピニングリールから見ていきましょう。

スピニングリールのハンドルには、ねじ込み式タイプと折り畳み式タイプがあります。

ねじ込み式タイプなら、きっちりと動かなくなるところまでねじ込んでおくようにします。

ここに緩みがあってガタガタしているようでは、ラインの巻き取りに支障が出ますよ。

最悪の場合、ラインの巻き取り作業を一時中断しなければならないことも。

しっかりとねじ込んで、ハンドルが安定していることを確かめてください。

折り畳み式タイプの場合は、ハンドルが装着されている逆側にフタ付きネジパーツがあります。

これをしっかりと締めて、ハンドルのガタを取り除かなければなりません。

ベイトリールの場合は、ハンドルを安定させるための締め込み作業は要りません。

ドラグノブを締めておけば、ラインの巻き取りはスムーズにおこなえるでしょう。

ただし、メカニカルブレーキの調整は、きっちりしておきたいですね。

カタカタと左右に揺れ動かないように、ある程度までメカニカルブレーキを締め上げてください。

あまりに強く締めると、ハンドルを回すのが重くなるので注意しましょう。

ラインをスプールに結んで留める方法をマスターしたい!

次におこなうのが、ラインをスプールに結んで留めることです。

ユニノットで結んでいる人が多いですが、ラインがスプール上を滑ってしまい、巻き付けるのが厄介かもしれませんよ。

また強度の面でも不安ですので、きっちりと専用の結び方を覚えておくようにしましょう。

分かりやすく解説している動画を見つけましたので、ぜひ参考にしてください。

自分なりに工夫を加えて、結び方を変えていくのもアリでしょう。

これでなきゃダメ!という決まりはありませんから、柔軟に結び方を編み出してください。

ラインをスプールへ結ぶ方法を分かりやすく解説している動画はこちら

リールとラインを保持してくれる便利アイテムを活用しよう!

さぁ、いよいよリールへラインを巻くのですが、リールを安定して保持するためには、ロッドのグリップへ装着したほうがいいでしょう。

またラインも少し離れたところで、中心軸を固定したほうが巻き取りやすいです。

となると、最低でも2ヵ所で保持するものを用意しなければならなくなります。

これはなかなか容易とはいえませんよね。

そこでおすすめなのが、リールヘラインを巻くための専用機材を用いることです。

これさえあれば、ラインとリールの固定を1ヵ所で済ますことができますよ。

コンパクトで軽い機材ですから、クルマに積んで釣り場まで持って行くことも可能です。

ぜひ1台購入してみてはいかがでしょう。

リールへラインを巻くのに便利なアイテムを解説している動画はこちら

ラインをリールに巻くのに便利なおすすめアイテムをピックアップ!

ラインをリールに巻くのに、おすすめの便利アイテムを取り上げてみましょう。

机に固定するタイプや、手に持って巻き取り作業をおこなえるタイプなど、いろいろ用意されていますよ。

釣り場で使う用や、自宅で使う用などと、用途別にそれぞれ持っておくといいかもしれませんね。

第一精工 スーパーラインマーキー

第一精工 スーパーラインマーキー

最安値価格
¥2,290(楽天市場)

Amazonへ ¥2,448

楽天市場へ ¥2,290

Yahoo!へ ¥2,290

第一精工から発売されているライン巻き取り専用機で、前述の動画で登場したものですね。

パイプリールシートを採用しているので、スピニングリールやベイトリール・投げ釣り用リール・10000番クラスの大型両軸リールでも、しっかりと固定してラインを巻き取りできるようになっています。

強めのテンションをかけた状態でも、スムーズに楽に巻けるカーボンボディです。

カーボン素材は剛性が高いのがいいですね。

ラインのほうは、単品スプールの状態でも600メートル巻きの連結ワイドスプールでも装着できるようになっていますよ。

それから糸ヨレ防止機能が付いていますから、PEラインを巻いてもヨレの心配が要りません。

実際に使ってみると、とても軽くて扱いやすいシンプルな構造です。

これ1台あれば、釣り場でも自宅でもリールへのラインの巻き取りを実施できるでしょう。

予備用も含めて2台以上持っておきたいスグレモノですね。

実売価格は2千円台と、とても安い価格帯に設定されています。

剛性は耐久性も高めてくれるので、長持ちするのは間違いなさそうですよ。

ルミカ(日本化学発光) クイック糸巻き W55×D65×H118mm

ルミカ(日本化学発光) クイック糸巻き W55×D65×H118mm

最安値価格
¥780(楽天市場)

Amazonへ ¥1,119

楽天市場へ ¥780

Yahoo!へ ¥780

ルミカからリリースされている、ライン巻き取り機です。

こちらは、ロッドをクランプで挟んで固定し、そこにラインスプールを配置してリールに巻き付けていく方法を採っていますよ。

本体サイズは、W55×D65×H118ミリ。

適合するロッドブランクスの直径は、6ミリから26ミリまでですね。

適合するラインスプールは、直径10センチ/厚さ2センチ/中心の穴径1.5センチまでとなっているので注意してください。

船釣りによく用いられるような、連結ラインスプールタイプは装着不可です。

スプール固定軸の有効長は、約22ミリです。

クランプ式でロッドを挟むカタチを採るので、どこでも手軽にライン巻き作業をおこなえますよ。

またラインテンションを調整できるドラグ機能が付いています。

実際に使ってみると、扱いやすくて設置もカンタンです。

ただし、ロッドブランクスをクランプで挟むので、強過ぎるチカラを加えると破損の原因になるかもしれません。

じゅうぶん注意して取り扱うようにしましょう。

実売価格は千円前後と、とても低価格な設定になっています。

第一精工 高速リサイクラー2.0 215x95x90mm(シャフト除く) 33198

第一精工 高速リサイクラー2.0 215x95x90mm(シャフト除く) 33198

最安値価格
¥3,791(amazon)

Amazonへ ¥3,791

楽天市場へ ¥3,897

Yahoo!へ ¥3,870

第一精工から発売中のラインの巻き取りから空スプールへの巻き替えが可能な、ラインメンテナンス専用機です。

家にこれ1台あれば、さまざまな釣りのラインメンテナンスを実施できるでしょう。

新品のラインスプールからの巻き取りや、空スプールへリールからラインを移す巻き替えを、カンタンにおこなえるようになっていますよ。

単体スプールと連結スプールの両方に対応できるように、ショート・ロング2種類のシャフトを装備しています。

3つのボールベアリングを内蔵しているので、スムーズに回転してくれますし、3.5倍速でハンドルを回せるのも嬉しいですね。

実際に使ってみると、机などにしっかり固定できるので、強い負荷が掛かっても安定していますよ。

きっちりとラインをリールに巻けますから、実釣時のライン放出も美しく、好釣果につながっていると実感できます。

実売価格は4千円台と、やや高めの価格帯になりますが、これだけ多機能で扱いやすいのですから、購入を検討する価値はじゅうぶんにあるでしょう。

リールへのラインの巻き方をマスターして釣りを楽しもう!

リールへのラインの巻き方や、おすすめアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さまざまなシチュエーションで、リールにラインを巻かなければならないことが発生します。

巻き方に関する知識と、扱いやすいライン巻き取り専用機を持っていれば、より一層釣りを楽しめるでしょう。

ラインの関連記事はこちら

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング