ノット 写真

ショックリーダーの結び方を正確にできる?おすすめリーダーライン特集

FISHING JAPAN 編集部

ルアー釣りをしている人は、PEラインの使用頻度が高まっていますよ。

何故なら、強度が高い上に細いので、遠投して広範囲を探るのに向いているからです。

しかしながら、PEラインにも弱点があって、根ズレに弱く水に沈みにくいことが指摘されていますよ。

その弱点をカバーするために、ショックリーダーを装着するわけです。

ショックリーダーはPEラインの弱点をカバーするために結ぶもの!

ショックリーダーは、PEラインの弱点をカバーするためのものです。

解けないようにお互いを結ばなければならないのですが、その結び方を詳しく知っていますか?

「面倒だから、いつもとりあえず結んでいる感じで済ませてるよ!」

そんな状態では、魚が掛かったら解けてしまいますよ。

ここでは、ショックリーダーの結び方をご紹介します。

ショックリーダーとPEラインの結び方①電車結び

まず最初に、カンタンな電車結びから理解してみましょう。

別名・フィッシャーマンズノットと呼ばれている、ラインとラインの結び方です。

当然ショックリーダーとPEラインを結ぶのにも対応できますから、初心者の人におすすめです。

ただし、結び目の強度としてはそれほど高くなく、解けてしまう確率も高い結び方ですから、ステップアップして別の結び方を習得できるようになりましょう。

ショックリーダーとPEラインの結び方②FGノット

ショックリーダーとPEラインの結び方として、是非覚えてもらいたいのがFGノットです。

結構面倒な行程を繰り返さなければなりませんが、何度もトライしながら、指で押さえる箇所やタイミングを自分のものにしていきましょう。

細いPEラインで太いショックリーダーを縛り付けるイメージを持ってみてください。

さまざまな種類からおすすめショックリーダーをピックアップ!

ショックリーダーは、ラインの素材によってさまざまな種類がリリースされています。

ルアーを素早く沈めたいときは、フロロカーボンラインのショックリーダーがおすすめです。

逆に水面に浮かせたいなら、ナイロンラインを使ってみてください。

ただし、ナイロンラインだと水を吸いやすく伸びやすい特徴がありますから、劣化や操作性・感度の点で配慮しなければなりません。

色々試して自分の釣り方に合ったショックリーダーを探しましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング