魚のアップ写真

アジングを始めるなら9月がいいかも!おすすめの釣り方特集

FISHING JAPAN 編集部

人気のライトソルトウォーターゲームといえば、やっぱりアジング

ベテランアングラーから初心者まで、アジングを満喫している人はかなり多いでしょう。

ここでは、9月になった釣り場でのアジの釣り方や、おすすめタックルをご紹介します。

アジのサイズは、どんどん大きくなっていきますから、引きも釣果も満足のいくものに切り換わるでしょう。

9月のアジングゲームはどんなふうに実践すればいいの?

9月の釣り場は、真夏の暑さから解放された状況に切り換わっていきます。

水温はまだまだ高いものの、過ごしやすい風が吹き始めて、アングラーは昼夜問わず釣り場に立ちやすくなります。

アジングゲームで狙うアジは、夏の間は豆アジが多かったでしょう。

9月に入ってもその傾向は続きますが、サイズは少しずつ大きくなっていきます。

しかも数釣りがカンタンにおこなえるので、初心者アングラーにとっては好都合なのです。

まだアジングを始めていない人がいるなら、この機会にスタートしてみてはいかがでしょうか。

9月のアジングは、釣り場選びが重要です。

防波堤に出向けば、どこでも釣れてしまうというわけではないのです。

この時期のアジの主食は、海に浮遊するプランクトンがメイン。

となると、そのプランクトンが集まるところを徹底して叩いてみましょう。

よく言われるのが、潮目です。

ただ潮目は、かなり沖合いに発生することが多く、しかも広範囲に渡っています。

ロングキャスト可能なタックルを持っていれば対処できますが、ショートレングスのジグ単専用モデルが手持ちだと、なかなかアプローチするのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、風下です。

しっかりと風をとらえて、どちらからどちらへ吹いているのか確認してください。

風下になっている場所を見つけたら、海水面を観察します。

浮きゴミなどが溜まって、変色している箇所があれば、そこへジグ単を投入してください。

ジグ単とは、アジングゲームで用いるメインのリグのこと。

極小で軽量なジグヘッドに、ワームを装着したものです。

トータルウエイトで1g前後に収まってしまうケースがありますから、ロングキャストは難しいです。

でもアジの居場所が絞り込めていれば、一発で食わせられる可能性が高いリグでもあります。

風下も吹き溜まりに、このジグ単を投入して着水。

ラインに緩くテンションをかけてフォールさせると、その最中にココン!とバイトが。

ラインがしっかり張り詰めてから、リールハンドルを回しつつフッキングすると、豆アジからサイズアップしたアジが釣れるはずです。

ティクト(TICT) アジスタ SS-0.6g

ティクト(TICT) アジスタ SS-0.6g

最安値価格
¥297(amazon)

Amazonへ ¥297

楽天市場へ ¥345

Yahoo!へ ¥345

アジが捕食しているプランクトンを意識しよう!

9月のアジングゲームで意識するのは、アジがメインで捕食しているプランクトンです。

となると、ジグ単にセットするワームも、プランクトン寄りのデザイン・カラーのものを選ぶといいでしょう。

特にカラーは重要で、1色に絞り込んで使うのではなく、さまざまなカラーを試すようにしてください。

ラメ有り・ラメ無しはアジに的確に響いているようですし、時間帯に合わせてグロー系やケイムラ系も使うようにしましょう。

クリア系の配色も、シルエットがぼやけて存在感が残ることで、アジの食性を刺激してくれます。

風がほとんど吹かないシチュエーションなら、潮の流れを防波堤から見つけて、流れに乗せるようにアプローチしてみてください。

人気のスポットである常夜灯も、プランクトンをしっかり集めてくれます。

他のアングラーが居ないようなら、常夜灯周辺でアジングゲームを展開するのもいいでしょう。

おすすめのアジングワームはこちら!

アジングゲームで使ってみたい、おすすめのワームを取り上げましょう。

ジグヘッドとの一体感が大切なので、極端に小さいものや長過ぎるものは外したほうがいいでしょう。

プランクトンを意識するなら、1gを下回る超軽量ジグヘッドに、プランクトンを彷彿させるデザインのワームを装着するのがイチバンです。

ピンテールタイプやツインテールタイプなどがリリースされていますが、より水中に漂っていられるもの、スローにフォールしていくセッティングが効果的です。

人気ブランドの34からリリースされている、その名もプランクトンというワームは、軽量ジグヘッドとの組み合わせで、スローなフォールや海中での漂わせを実現できます。

アジが集まってくる様子を、常夜灯下なら直接見れるかもしれません。

34 プランクトン 1.8in こはく

34 プランクトン 1.8in こはく

最安値価格
¥495(amazon)

Amazonへ ¥495

楽天市場へ ¥528

Yahoo!へ ¥528

9月のアジングゲームで使ってみたくなるおすすめのタックルを選んでみた!

9月のアジングゲームでプランクトン系ワームを使ってみたくなる、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、軽いジグ単をキャストしやすい、ショートレングスで細身のスピニングロッドがマッチします。

リールは、2000番サイズのコンパクトなスピニングリールがいいでしょう。

ダイワ(DAIWA) アジングロッド 月下美人AIR AGS AJING 510ULXS 釣り竿

ダイワ(DAIWA) アジングロッド 月下美人AIR AGS AJING 510ULXS 釣り竿

Amazonへ 売り切れ

ダイワからリリースされているアジングゲーム用スピニングロッド・月下美人AIR AGS AJINGシリーズの中から、510ULXSを選んでみました。

全長は1.77mと、ショートレングス寄りのブランクスに設計されています。

1ピース構造なので、仕舞寸法は全長と同じです。

クルマから取り出す際に、ロッドティップやガイドなどが、ドアに干渉しないように気を付けてください。

ウエイトは59gと、とても軽く仕上がっています。

ブランクスの先径/元径は、0.8/7.4mmと細め。

適合するルアーウエイトは、0.3gから4gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.1号から0.3号までで、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな張りが備わっていると感じました。

ロッドティップに負荷がかかると、一気に曲がり込む柔軟性も兼ね備えています。

ガイドには、ダイワオリジナルのAGSが装備されているので、ラインは絡まりにくく、軽量化のベースにもなっています。

実売価格は2万円台と、とても購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

ダイワ(DAIWA) スピニング 21 フリームス FC LT2000S-XH

ダイワ(DAIWA) スピニング 21 フリームス FC LT2000S-XH

最安値価格
¥9,350(楽天市場)

Amazonへ ¥10,130

楽天市場へ ¥9,350

Yahoo!へ ¥9,630

ダイワから発売中の汎用型スピニングリール・フリームスシリーズの中から、2000番サイズでエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1になっているので、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は余裕の5.0kgで、ウエイトは185g。

ラインキャパは、PEラインなら0.4号を200m、モノフィラメントラインなら3lbを150m巻くことが可能です。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、とても軽くて巻き心地も滑らかそのものでした。

ドラグの出はスムーズで、アジに混じってチヌやシーバスが掛かっても、慌てることなく対処できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

これならロッドや他のタックルと一緒に、購入しやすいかもしれません。

9月のアジングゲームをマスターして数釣りを楽しもう!

9月のアジングゲームの釣り方や、おすすめのワーム&タックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

過ごしやすい気温になってくるので、それに比例してアングラーの数も増えてきます。

人気のポイントは人だらけになる可能性があるので、あちこち足を運んで自分だけの釣り場を確保できるようになりましょう。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング