ロッドのアップ写真

宵姫 天を使ってアジングゲームをマスターしたい!全機種インプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

アジングをメインにライトソルトゲーム人気が過熱しています。

防波堤・港湾などの身近な釣り場で、気軽に釣りを楽しめるのが人気のベースになっているのは明らかですが、アジの生態を深く知るにつれて、アジングゲームそのものも深みょ帯びてくることに気づく人は多いでしょう。

だからこそ、専用タックルを望む声が膨らんでいくわけで、そこにがまかつが投入したのが、アジングロッド・宵姫シリーズでした。

リリース以降、そのハイスペックな仕様にぞっこんのアングラーが後を絶たず、追加モデルも瞬く間に人気モデルの仲間入り。

ここでは、現代のアジングブームの立役者ともいえるアジングロッド・宵姫 天について、詳しくご紹介しましょう。

「あのグリップの付いていないロッドだよね?」

厳密にはグリップが無いのではなく、ワンハンド構造を採用したことにより、アングラーの手のひらに隠れてしまうようなグリップデザインになったと言うべきでしょう。

それによる感度は驚異的で、アジの触れ方の強弱までがイメージできる領域に入っているのではないでしょうか。

宵姫 天とは

宵姫 天とは、がまかつがリリースしているライトソルトゲーム専用ロッドのことです。

特にアジングゲーム攻略の主軸を成している、ジグ単によるアプローチに用いるためのアイテムといえるでしょう。

ジグ単とは、ジグヘッドに極小ワームを装着しただけのシンプルなジグヘッドリグを指していて、緩やかに水をつかみながらフォールさせるために、1グラムを軽く下回るウエイトのジグヘッドまで市販されるようになりました。

それを使ってアジを誘い、食わせまで持っていくアプローチを実践するのに、これまでの太くて重いロッドでは役に立たないようになっていったのです。

スピニングタックルですから、極細のエステルラインを用いればキャストするだけなら何とかなるでしょう。

でもジグ単が着水して、フォール中のバイトは取りにくいですし、フッキングに持ち込んだアジをバラしてしまうことにもつながるでしょう。

魚を確実にランディングするまでが釣りというなら、トータルバランスを考慮した新しいジグ単専用のロッドが必要不可欠になったわけです。

がまかつの宵姫 天は、時代の要請に真っ直ぐ応えたロッドなのかもしれませんね。

宵姫 天の全機種インプレチェック

宵姫 天は、全部で5種類がリリースされています。

極端に軽くて、極端に短く、ぜい肉も削ぎ落されている印象を受けますね。

長さ・自重も含めて、開発の意図や実際に手にしてみたインプレをご紹介しましょう。

装着したスピニングリールは、シマノ・ヴァンキッシュ1000SSSPGです。

宵姫 天S48AL-solid

アジングロッド究極の長さと軽さで、アジとの距離感が非常に近く感じるアイテム・宵姫 天S48AL-solidです。

何か変化が起きたら手のひらで感じ、ロッドティップの動きを見て瞬時に判断することができますよ。

まさに究極のアジングゲームを実践するために、徹底した軽量化と高感度化を図っていて、まるで手の一部にロッドがなってしまったかのような操作感を得ることが可能でしょう。

1グラムに満たないジグ単を、繊細に操作できるのは当然のこととして、伝わってくる微細な情報を元にアジングゲームを組み立てることが楽しみを倍増させてくれるでしょう。

身近で手軽な釣り場が、一気にスリリングなゲームスポットに変わる瞬間を味わってください。

とても人気の高いモデルで、各ネット通販でも売り切れが続出。

でも一度は手にしてみたい究極のアイテムといえそうです。

長さ4.8フィートですから、遠投を目的に組み込んでいるのではありません。

自重28グラムは、持っていることを忘れられる数値であることは間違いないでしょう。

宵姫 天S54FL-solid

0.1グラムから2グラムまでのジグヘッドリグを扱えるスーパーフィネスロッド・宵姫 天S54FL-solidです。

操作性とレスポンスを優先しているので、ショートレングスを採用しているとのこと。

細やかなシェイキングでジグ単を繊細に震わせてみましょう。

超センシティブなロッドティップによって、引き抵抗やルアーポジションを感じ取りながら操作を継続することができます。

またアジがジグ単を吸い込んだ瞬間の変化を、しっかりととらえられるのも嬉しいですね。

長さは5.4フィートですから、エリアトラウト用ロッドやバス釣り用ロッドに似たものがありますが、自重は32グラムと圧倒的な軽さを誇っています。

キャスタビリティの要素も残しつつ、感度にこだわりたい人におすすめです。

がまかつ(Gamakatsu) バラ 宵姫AJカスタム #4-2.6g

がまかつ(Gamakatsu) バラ 宵姫AJカスタム #4-2.6g

最安値価格
¥304(Yahoo!)

Amazonへ ¥396

楽天市場へ ¥317

Yahoo!へ ¥304

宵姫 天S511FL-solid

1グラム前後のジグ単をメインに操りたい人におすすめのモデル・宵姫 天S511FL-solidです。

リールシートのポジションを独特の配置にすることで、ダイレクトなアジからの引き感をより大きく感じることができますよ。

ブランクスの曲がりが荷重変化を把握するのに役立っていて、潮の流れが絡むエリアや水深のあるポイントなどで重宝しますよ。

ラインに水圧が掛かった状態で、ジグ単の動きをしっかり把握して、意図したタナやフォール姿勢に持ち込みやすい特性を備えています。

ラインスラックの処理も、長さ5.11フィートが難なくこなしてくれますよ。

自重は36グラムと、まだまだ驚異的な数値を叩き出しているのが印象深いですね。

飛距離を稼ぐことも考慮すると、これくらいのスペックのほうがオールラウンドに使いこなせそうです。

Gamakatsu(がまかつ) LUXXE(ラグゼ) 宵姫 天 (S511FL-solid)

Gamakatsu(がまかつ) LUXXE(ラグゼ) 宵姫 天 (S511FL-solid)

最安値価格
¥48,510(amazon)

Amazonへ ¥48,510

楽天市場へ ¥48,510

Yahoo!へ ¥48,510

宵姫 天S61L-solid

防波堤などからの外向き全般のポイントで、効果的に使える宵姫 天S61L-solidです。

当然水深のあるディープエリアに対応することができますよ。

1.5グラム前後のジグ単で攻めてみたい人におすすめです。

シェイキングを繰り出してアクションを加えながら、ディープに潜むアジを誘い出してください。

アジからのコンタクトを反響シグナルとして手元に伝えてくれますし、フロロカーボンラインなどのモノフィラメントラインを使っているケースでも、しっかりと高感度な状態を維持できるのがいいですね。

これならボートアジングにも対処できますし、中層にサスペンドするアジを攻略することも可能でしょう。

長さ6.1フィートで自重は42グラム。

この42グラムで、宵姫 天シリーズで最も重いタイプになりますから、かなり強烈なセッティングで作られているロッドだと分かりますよね。

がまかつ ラグゼ 宵姫 天 S61L-solid

がまかつ ラグゼ 宵姫 天 S61L-solid

最安値価格
¥47,685(Yahoo!)

Amazonへ ¥49,990

楽天市場へ ¥50,490

Yahoo!へ ¥47,685

宵姫 天S510ML-solid

最後に登場するのは、長さ5.10フィートで自重41グラムの宵姫 天S510ML-solidです。

潮流のあるディープエリアを攻略するのに向いていますよ。

1.6グラムから3グラム程度のジグ単を操るのに長けていて、ラインに水圧がかかる状況でもキレのあるアクションを起こすことが可能です。

7グラムまで乗せることができますから、重めのジグ単を用いてボートアジングにチャレンジするのもいいかもしれませんね。

長くなってもグリップ長は、宵姫 天S48AL-solidと同じ75ミリサイズ。

手のひらにすっぽり収まってしまう感覚を、このロッドシリーズで味わってしまうと、他のアジングロッドが使いにくくなってしまう感覚に陥りがちです。

いかにロッドにはぜい肉が乗っているかということを、体感させられるアイテムでもあります。

ここまでラインナップが充実してくると、3フィート台や7フィート台の宵姫 天も見たくなってしまいます。

長くするのは宵姫 華に任せるとしても、究極のショートレングスロッドはぜひ手に取ってみたいですね。

がまかつ ラグゼ 宵姫 天 S510ML-solid

がまかつ ラグゼ 宵姫 天 S510ML-solid

最安値価格
¥47,685(Yahoo!)

Amazonへ ¥50,490

楽天市場へ ¥50,490

Yahoo!へ ¥47,685

宵姫 天を駆使してアジングゲームを楽しもう!

宵姫 天の特徴やインプレをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ジグ単を操る釣りスタイルが、アジングゲームのメインとなったことで、このようなスペックのロッドが現れるのは当然の成り行きだったといえるかもしれません。

突き詰めていくと、アシングロッドはとうなるのか?を、がまかつが真っ先にやり遂げたと言っても過言ではないでしょう。

今後、より一層の感度とレスポンスを追求することになるでしょうが、さらなるショートレングスモデルがリリースされるのか、それともソリッド系ブランクスに代わる何かが開発されるのか、その登場を待ちたいですね。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング