アジング アジ 釣り ライトゲーム

人気沸騰中「アジング」とは??最低限の持ち物はなんと5つだけ!初心者でも軽装で簡単に楽しめます!

FISHING JAPAN 編集部

最低限これだけで大丈夫!軽装で行けるアジングとは?

魚釣りでもよく釣れて人気のある「アジ」。

このアジをルアーで簡単に楽しく釣っちゃおうというのが「アジング」という名前で今ライトゲームとして釣り人の間で人気爆発中なんです。

アジング初心者の人も手軽に、釣りの楽しみを味わえちゃうアジングにいったい1タックル(ルアー・ロッド・メインライン)以外に最低限何を持っていけば良いのかご紹介します。

ワーム

ワームはソフトルアーのことで、アジングではこれを使い、ジグヘッドと呼ばれるオモリ付の針に装着し、それでアジを釣るかたちとなります。

ワームには様々な種類があり、一番一般的なピンテールタイプや小魚系の動きをするビビットテール(シャッドテール)タイプ、1.2~2.5inのストレートタイプなどがあります。

ジグヘッド

ジグヘッドは単体で使ったりその他のリグでルアーを安定させるのに使います。

シンカーが丸型のものと矢じり型のものがあり、一般的によく用いられる形状は丸型のものです。

セッティングが素早くでき、セットした時にソフトルアーがずれないので高活性の時合を逃がさないアジ用のジグヘッドもあります。

シンカー

ラインにセットして遠投したり、急流を探るのがシンカーです。

アジ用の種類もあり、このシンカーによって飛距離が変わる秘密兵器です。

リーダー

リーダーというのはメインラインとルアーの間に入れるラインのことです。

メインラインの弱点を強化するリーダーは、キャロやスプリットなどのリグの際、PEラインの先に結びます。

想定されるショックを吸収するアジング専用のショックリーダーが一般的に使われます。

タックルバッグ

ライトゲームで使用するのは非常に少ないアイテムなので、コンパクトにまとめておくと効率よく釣りができます。

そこで便利なのがタックルバッグです。

色々な種類とデザインがあるので、選ぶだけでも楽しいですね。

そんなにたくさんアイテムがなくても、最低限だけ持っていけば十分楽しめるアジング♪

一人でも釣り友達とも気軽に行けちゃう釣りなのでぜひまだ未体験の方はタックルをそろえてみては??

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング