ロッドとリールのアップ写真

翠流(スイリュウ)は2024年DUOから新発売のルアー鮎ゲーム専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

鮎釣りといえば、延べ竿にオトリ鮎を付けて泳がせる、友釣りがとても有名です。

でも最近では、オトリ鮎の代わりにルアーを結んで、リールを装着したロッドでアプローチする、ルアー鮎ゲームが盛んになってきました。

2024年DUOから新発売のロッド・翠流(スイリュウ)シリーズなら、イメージ通りにルアーを泳がせて、鮎のアタックを掛けられるのではないでしょうか。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介します。

翠流とは

翠流とは、2024年DUOからリリースされる、ルアー鮎ゲーム専用のロッドシリーズのことです。

設定機種は、スピニングロッド1機種とベイトロッド2機種の、合計3種類用意されています。

まずは、スピニングロッドから。

翠流S96は、全長が2.92mと、長めブランクスに設計されています。

ウエイトは158gと軽めで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、149.7cmにまで縮まります。

グリップの長さは、435mmです。

適合するルアーウェイトは、10gから20gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまで。

河川におけるトロ場・チャラ瀬・早瀬・中瀬など、あらゆるポイントで使用できるようになっています。

ロッドティップが素直に入ってくれるので、流れの中でルアーを不必要に暴れさせずに済みます。

鮎がルアーにアタックしたら、鮎の重みを感じるまでロッドティップが曲がって追従し、掛け針がしっかりと鮎をとらえるでしょう。

河川の流心に入った鮎の引きにも、ブランクスは全体を曲げながら耐えてくれます。

鮎の急な突っ込みをブランクスが吸収し、身切れを防いでくれるでしょう。

バットにはパワーがあるので、鮎を抜き上げるのは容易です。

自分なりの使い方で、オールシーズン鮎に対処してみましょう。

翠流のベイトロッド・88をチェック!

翠流88は、ベイトリールを装着して操るベイトロッドです。

全長は2.68mで、ウエイトは156g。

2ピース仕様で、仕舞寸法は136.5cmにまで縮まります。

グリップの長さは390mmで、適合するルアーウェイトは10gから20gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lb、PEラインなら0.4号から0.8号です。

小規模から中規模の河川・支流において、チャラ瀬・早瀬・ダンダン瀬を手返し良く探るのに向いています。

ベイトロッドのメリットは、クラッチ操作でカンタンにラインの出し入れがおこなえること。

狙った流れの筋にルアーを送り込み、留めておくことも可能です。

例えば、狙いの石で鮎の反応が無い場合、クラッチ操作でラインテンションを掛けながら再度流し込めます。

別のコースからルアーを入れて、探ることができるわけです。

ロッドティップからベリーにかけて、柔軟に曲がるように作られています。

翠流のもうひとつのベイトロッド・10.6のスペックを知りたい!

翠流10.6は、全長3.23mと長めのブランクスに仕上がっています。

そのぶんウエイトは182gとやや重めで、2ピース仕様+グリップ着脱方式を採用しています。

仕舞寸法は、147.7cmです。

グリップの長さは、440mmになります。

適合するルアーウェイトは、10gから20g。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbで、PEラインなら0.4号から0.8号です。

中規模から大規模な河川において、幅の広い瀬や流れの強い早瀬・ガンガン瀬で使ってみましょう。

長いブランクスなので、探れるポイントが大きく増えますし、狙ったポイントから距離を取れることで、鮎に警戒心を与えずアプローチできるのがメリットです。

ロッドティップからベリーにかけて、負荷に対してしっかりと曲がるように作られています。

流心で掛かった鮎の引きにも耐え、抜き上げられるでしょう。

翠流シリーズに装着したいおすすめのベイトリールを選んでみた!

翠流シリーズに装着したくなる、おすすめのベイトリールをご紹介しましょう。

シマノ(SHIMANO) 両軸リール 22 メタ二ウム シャローエディション RIGHT スコーピオン バス釣り

シマノ(SHIMANO) 両軸リール 22 メタ二ウム シャローエディション RIGHT スコーピオン バス釣り

最安値価格
¥31,700(amazon)

Amazonへ ¥31,700

楽天市場へ ¥31,735

シマノからリリースされているロープロファイルデザイン系ベイトリール・メタニウムシリーズの中から、シャローエディションのノーマルギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きで66cmのラインを巻き取れます。

最大ドラグ力は5kgで、スプール寸法は直径/幅が、34/19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを100m巻けます。

ウエイトは165gで、ハンドルの長さは42mm。

ボールベアリングは、10個搭載しています。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

翠流シリーズの気になる発売日はいつ?

翠流シリーズの気になる発売日は、2024年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、41,580円から43,780円です。

鮎釣りにルアーが使える河川は、日本全国を見てもまだ限られています。

釣りをする前に、河川を管理している漁協に連絡を入れて確認を取りましょう。

新製品の関連記事はこちら

鮎釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング