魚とロッドのアップ写真

アジストTZシリーズに2024年モデル登場!テイルウォークのアジングロッド

FISHING JAPAN 編集部

アジングゲームには、高感度で操作性の優れた専用ロッドが必要不可欠です。

2024年テイルウォークからリリースされる、アジストTZシリーズなら、これまでにないスペックで抵抗感度/操作感度/反響感度を体感させてくれるでしょう。

その特徴について、詳しくご紹介します。

アジストTZシリーズとは

アジストTZシリーズとは、2024年テイルウォークからリリースされる、アジングゲーム専用ロッド群のことです。

40tの超高弾性カーボンブランクスを採用して、わずかな荷重にも反応する追従能力と高いバイト感知能力を兼ね備えた、30tカーボンソリッドティップをセットアップしています。

マイクロピッチ製法で高い圧縮をかけて巻き上げていて、無塗装アンサンドフィニッシュで仕上げていますから、強度と軽さが非常に高くなっているのが特徴です。

ガイドには、FUJI製のチタンフレーム+トルザイトリングを配置。

最も軽く、ラインの保護能力の高いガイドシステムです。

グリップエンドはフタをせずに穴の開いた状態で、振動を一方向に逃がして響かせる手法を採用しています。

アジストTZシリーズのロッドティップに注目してみましょう。

30tのカーボンソリッドティップを搭載していて、クリアな感度と負荷に対する追従能力を確保しています。

ブランクスのバットセクションからグリップ周りには、ケブラーファイバーを巻いて補強しています。

ケブラーとは、軍事用ヘルメットや防弾チョッキなどに使われている軽量・高強度繊維素材のこと。

低伸度で対衝撃性能に優れているので、ロッドのネジレやツブレに対処できます。

リールシートは、DPS+カーボンパーツで仕上げていて、金属製パーツも配置しています。

ジョイント部分にはインロー継ぎを採用して、カーボンテープによる特殊加工が施されています。

エポキシ樹脂やスレッドを抑えていますから、そのぶん軽量化に振っています。

アジストTZシリーズのS56/SLとS60/SLをチェック!

アジストTZシリーズの設定機種は、全部で4種類です。

それぞれのスペックを個別に取り上げてみましょう。

●アジストTZ S56/SL・・・全長5.6ftで、2ピース仕様。

仕舞寸法は87cmで、ウエイトは55gと軽め。

適合するルアーウエイトは、最大で4gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまでで、PEラインなら0.1号から0.4号までです。

漁港の常夜灯周りなどで、近距離でアプローチする際に活用しやすいモデルに仕上がっています。

1g以下のジグ単を繊細に操るのに適しているでしょう。

短いブランクスは、取り回しの良さを際立たせてくれますし、トゥイッチやシェイクといった細かなロッドワークも無難にこなせます。

ロッドティップには、僅かな潮流変化も明確に手元でとらえられる負荷感度に優れた、長めのカーボンソリッドティップを採用。

しなやかな追従性能で曲がりが発生し、バイトを弾いてしまう展開を防いでくれます。

●アジストTZ S60/SL・・・全長6.0ftで、2ピース仕様ですから、やや長めブランクスに設計されているモデルです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は95cm。

ウエイトは58gと軽めで、最大4gまでのルアーやワームリグを背負えるようになっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまで。

PEラインなら、0.1号から0.4号まで使えます。

漁港の常夜灯周りやミオ筋・スロープ・流れ込みなどを、丁寧に探りやすい長さに仕上がっているモデルです。

1g前後のジグ単が、ベストマッチになるでしょうか。

ロングカーボンソリッドティップは操作性が高く、ディープエリアや流れの強いエリアでもリグを機敏にアクションさせることが可能です。

アジストTZシリーズのS66/SLとS70/SLをチェック!

●アジストTZ S66/SL・・・全長6.6ftで2ピース仕様、仕舞寸法は102cmになっています。

ウエイトは61gと軽めで、最大5gまでのルアーをキャストすることが可能です。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまで。

PEラインなら、0.1号から0.4号まで使えます。

大規模な防波堤は足場が高く、そういうシチュエーションでもジグ単を操作しやすくするための、6.6ftブランクスに仕上げられています。

全長260mmのショートソリッドティップを搭載しているので、より高い操作感度を得られます。

1.5g前後のジグヘッドに、ボリュームのあるワームをセットしたジグ単がマッチするでしょう。

切れ味鋭いダートアクションをロッドワークで繰り出したり、ロングキャスト後のフッキングレスポンスを上げる役割も、この長さなら担えます。

●アジストTZ S70/SL・・・全長7.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は110cmになっています。

ウエイトは64gと軽めで、最大5gまでのルアーウエイトを操れるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまで。

PEラインなら、0.1号から0.4号まで使えます。

沖合いに位置するブレイクラインや、アジの群れの回遊コースに、ルアーをしっかりと届けられるロングレングスモデルです。

2g前後のジグ単を活用できますし、キャロライナリグやフロートリグといったワームリグにも対応可能です。

強さのあるバットは、ケブラー繊維をコンポジットしたブランクスによるもの。

ギガアジやテラアジといった大型アジを、積極的に狙ってみましょう。

アジストTZシリーズに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

アジストTZシリーズに装着してフィールドで使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

シマノなら、C2000番サイズ以上の軽量・コンパクトなタイプがマッチします。

0.4号前後のPEラインに、沈みの素早いフロロカーボン素材のショックリーダーラインを結んで、さまざまなアプローチを試してみてください。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2500S アジング メバリング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ソアレ XR C2500S アジング メバリング

最安値価格
¥25,540(amazon)

Amazonへ ¥25,540

楽天市場へ ¥26,568

シマノからリリースされている小型スピニングリール・ソアレXRシリーズのラインナップから、C2500番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.3対1なので、ハンドル1巻きにつき72cmのラインを回収することができるように作られています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kg。

ウエイトは165gと軽めで、スプール寸法は直径が43mm、ストロークが13.5mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを130m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルアームの長さは45mmで、ボールベアリングの数は9個になっています。

実際に手に取ってみると、ハンドルの巻き心地は滑らかで軽快に感じました。

ローター回転の追従もスムーズですから、糸フケが発生したらすぐに巻き取れます。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

C2500番サイズは、コンパクトボディでありながら、ラインキャパはじゅうぶん余裕があり、ロングキャストアプローチに向いています。

アジストTZシリーズの気になる発売日はいつ?

アジストTZシリーズの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、42,000円から45,000円です。

ハイスペックなアジングゲーム専用ロッドを駆使して、アジの数釣りやサイズアップにチャレンジしてみましょう。

新製品の関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング