魚とロッドのアップ写真

サクラマスジギングは人気爆発中だけど難しい!攻略したいなら◯◯◯にこだわれ!

FISHING JAPAN 編集部

海サクラマスをターゲットにしたジギングゲームは、北海道から東北地方のオフショアで絶大な人気を誇っています。

しかしサクラマスはファイト時の動きが非常に独特で、バラシが非常に多いのも事実です。

よって、サクラマスジギングにおいては緻密な戦略を立て、それを着実に遂行できるタックルを使用することが重要になってきます。

特にロッドは繊細で快適なアプローチを実現してくれる一本をこだわりを持って探さなければなりません。

今回みなさんに紹介したいのがサクラマスジギングの最高峰ロッド・サクラマスジグTZです。

2022年秋にテイルウォークからリリース予定のこのロッドは、存分に海サクラマスジギングを堪能できる一本となっています。

全3機種の詳細スペックをご紹介します。

サクラマスジグTZってどんなロッドなの?

サクラマスジグTZとは、もうすぐテイルウォークからリリースされる、オフショアジギングゲーム用のベイトロッドのことです。

全部で3機種用意されていて、操るメタルジグのウエイトを切り換えながら使い分けることができます。

全長は6.5ftで統一、ボートデッキでの使用感に違いが出にくい配慮が施されています。

ガイドシステムには、富士工業製のチタンフレームにトルザイトリングが組み込まれていますから、軽量化に大きな効果をもたらしつつ、細いPEラインを丁寧に保護する役割も担ってくれます。

それをスパイラル=螺旋状に並べてセッティングしています。

こうすることにより、ロッドティップのネジレやブランクスへの糸当たりを小さく抑えられます。

実際にサクラマスが掛かったり、メタルジグを乗せると、ロッドティップが下向き状態になり、ガイドにラインが絡まるトラブルを未然に防いでくれるでしょう。

しかもブランクスに搭載するガイドの数も少なくなるので、全体のウエイトを軽くすることにプラスに働いています。

サクラマスジグTZのブランクスには、カーボン製のフルソリッドタイプを採用しています。

フルソリッドカーボン素材なら、負荷がかかると無段階に弧を描くようなしなやかさを得られます。

サクラマスの引きは独特で、それに追従できる柔軟性を兼ね備えているブランクスだといえるでしょう。

ロッドが曲がって小気味よく追従すれば、メタルジグに付いている細軸フックが伸ばされてしまうトラブルを防げますし、口切れを起こしてバラしてしまうのも止められます。

サクラマスジグTZのリールシートやグリップ周りもチェックしてみましょう。

リールシートには、富士工業製のTCSリールシートが標準で装備されています。

手のひらで包み込める上質なホールド感が魅力で、メタルジグにシャクリを入れた場合でもブレにくく、メリハリのあるアクションをカンタンに繰り出すことができます。

そしてグリップのメインマテリアルには、コルクが使われています。

軽量化や手元感度の向上にプラス要素となるのは、間違いないでしょう。

それではサクラマスジグTZの全3機種を、1本ずつスペックチェックしていきます。

●サクラマスジグTZ・C650

全長は6.5ft=1.9812mで、ボートデッキ上で取り回ししやすい長さに設計されています。

常に大きく曲がり込む状態になりますから、ロッドブランクスが船べりに当たらないための長さを確保していることになります。

2ピースのバットジョイント仕様なので、仕舞寸法は149cmです。

ウエイトは136gと、フルソリッドカーボンブランクスにしては軽めの設定。

適合するメタルジグウエイトは、最大で100gまでになっています。

適合するPEラインは、1.5号まで使えます。

メーカー希望販売価格は、45,000円です。

よく曲がってくれる0クラスのブランクスは、80g前後の軽めのメタルジグを操りやすい味つけになっています。

100g程度の重めのメタルジグを装着すれば、あえて飛ばさずにネチネチと動かして誘う釣り方も可能です。

絶妙なロッドティップの戻りが得られますし、メタルジグを繊細に操りながらサクラマスを誘えるのがメリットでしょう。

サクラマスジグTZ・C651の詳細スペックをチェック!

●サクラマスジグTZ・C651

全長は統一の6.5ftで、2ピースのバットジョイント仕様になっています。

仕舞寸法は149cmで、ウエイトは139g。

適合するメタルジグウエイトは、最大120gまでアップしています。

適合するPEラインは、1.5号まで対応できます。

メーカー希望販売価格は、46,000円です。

サクラマスのオフショアジギングにおいて、最もバーサタイルに使えるのが、この1クラスです。

使用頻度の高い100g前後のメタルジグが使えますし、ブランクスの追従性は個々のアングラースキルをカバーしてくれるはずです。

繊細に優しく誘うジャーク&ロングフォールを実践しやすく、やや強めのジャーク&短めのフォールや細かな連続ジャークにも対応可能になっています。

大型のサクラマスが掛かっても、ブランクスの曲がりが強い引きをしっかりと受け止め、じっくり巻き上げてランディングに持ち込めるでしょう。

サクラマスジグTZ・C652のパワーを上手く使いこなそう!

●サクラマスジグTZ・C652

パワーモデルの3本めも、全長は6.5ftです。

2ピース仕様でバットジョイント、仕舞寸法は149cmになっています。

ウエイトは143gで、適合するメタルジグウエイトは最大で150gまで。

適合するPEラインは、1.5号まで使うことが可能です。

メーカー希望販売価格は、47,000円に設定されています。

やや強めのバットパワーに加えて、曲がりからの戻りの素早いロッドティップを持っています。

ディープエリアの攻略や、潮の流れが速いところを攻略するのに向いているでしょう。

最大150gまでのメタルジグが操れますから、水深と潮を確認して投入を判断してください。

入力に応じてしなやかに曲がってくれるフルソリッドブランクスなので、サクラマスを掛けてからが断然楽しく、強い引きに対しても無段階に曲がり込んで、バラシを抑えてくれます。

チューブラーブランクスとは異なる柔軟性を、ぜひ体感してください。

サクラマスジグTZに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

サクラマスジグTZに装着してオフショアジギングで使ってみたくなる、おすすめのベイトリールを取り上げてみましょう。

ラインキャパが豊富に取れるスプールを搭載しているモデルなら、深場をバーチカルに狙うのに有利です。

剛性・耐久性のあるものなら、不意の大物が掛かったときにも安心してやり取りを楽しめるでしょう。

テイルウォークエラン ワイド パワーII 71BR

テイルウォークエラン ワイド パワーII 71BR

最安値価格
¥14,838(楽天市場)

Amazonへ ¥15,080

楽天市場へ ¥14,838

Yahoo!へ 取扱なし

テイルウォークからリリースされている、ロープロファイルデザインのベイトリールです。

ギア比は7.1対1になっているので、ハンドル1回転につき78cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは315gで、最大ドラグ力は12kgに設定。

適合するPEラインは、3号なら220mまで巻けます。

ボールベアリングは4個搭載していて、ダイヤル式の6ピン遠心ブレーキシステムでバックラッシュトラブルを防いでくれます。

アルミ製の剛性感の高いボディフレームに、鍛造アルミスプールを採用。

60&75mmサイズの可変パワーハンドルで力強く巻き取ることができ、握りやすいEVAハンドルノブが操作性を高めてくれます。

PEラインへのダメージを軽減させる、シンクロレベルワインドシステムも搭載しているので、オフショアジギングゲームで扱いやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

サクラマスジグTZの気になる発売日はいつ?

サクラマスジグTZの気になる発売日は、2022年の11月を予定しています。

銀色に光る美しいサクラマスの魚体に、この新しいロッドで是非アプローチしてみましょう!

テイルウォークの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング