2ピースロッドホルダービッグの写真

ロッドの持ち運びに革命を起こす!2ピースロッドホルダービッグの魅力を紹介!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは釣りへ行くとき、どのようにロッドを持ち運びますか?

多くの方はケースに入れるかベルトで束ねてロッドを持ち運んでいるのではないかと思います。

そんなロッドの持ち運びの概念を覆すアイテムがテイルウォークから登場しました。

今秋発表された2PIECE ROD HOLDER BIG(以下2ピースロッドホルダービッグ)は、ロッドケースとロッドベルトの両方の長所を兼ね備えた、アングラーをうならせる逸品です。

今回はそんな2ピースロッドホルダービッグの魅力をたっぷりお伝えします!

これまでの持ち運び方といえば?

ロッドケース

ロッドケースの長所はロッドを移動中の傷や衝撃からしっかり守ってくれるところです。

ロッドケースにはハードタイプ・セミハードタイプ・ソフトタイプの3種類があり、硬いものほど安全にロッドを持ち運べ、飛行機などの長距離移動にも対応できます。

その反面、ロッドケースは重さが移動の負担になったり、かさばって釣り場や船の中で邪魔になったりするという難点があります。

ロッドベルト

ロッドベルトは利便性に優れているのが特徴です。

ベルトを巻きつけるだけで複数本のロッドがコンパクトに持ち運べるため、身軽に移動することができます。

また、リールをつけたままロッドをまとめることもでき、釣り場に到着してすぐに釣りを楽しめるのも大きなメリットだと言えます。

(ロッドケースにもリールを付けたまま収納できるタイプのものがありますが、それだけ容量がかさばってしまいます。)

ただ、ロッドベルトで束ねたロッドは移動中全体がむき出しの状態になるため、常に傷や衝撃を受けないよう注意しなければなりません。

またロッドベルトは小さいため、紛失のリスクもあります。

ロッドホルダーで持ち運ぶ時代が来た!

ロッドケース派の安全に持ち運びたいという思いと、ロッドベルト派の身軽に持ち運びたいという思いは、これまで両立不可能だと考えられてきました。

しかし、今回テイルウォークが発表した2ピースロッドホルダービッグはこの2つの希望を叶える革新的なアイテムとして注目されています。

2ピースロッドホルダービッグは写真のような珍しい形状をしていますが、このデザインがロッドの快適な持ち運びを実現しています。

開発したのはあのテイルウォーク!

テイルウォークは株式会社エイテックが2006年にスタートさせたブランドです。

ルアーフィッシングに必要なタックルから、釣りをもっと快適に楽しむためのツール・ファッションアイテムまで、幅広いアイテムを取り扱っています。

独自性溢れる商品展開がブランドの特色で、今回の2ピースロッドホルダービッグのユニークな形状からもテイルウォークらしさが伺えます。

また、商品開発の際はアングラーの声に耳を傾けることを大切にしているため、どのアイテムも使い勝手の良さに定評があります。

2ピースロッドホルダービッグの魅力とは?

特徴その①

コンパクトにまとまるから移動も釣りも快適!

2ピースロッドホルダーはロッドの上下を包み込むような形で持ち運びできるアイテムです。

かさばらない上にショルダーも付いているため、両手を空けた状態で移動することができます。

自動車やバイクで釣りに出かける方にはもってこいの設計です。

また、柔らかい素材で折りたたむことができるので、釣り場に到着したら小さくまとめて片付けておくこともできます。

特徴その②

ダメージを受けやすい繊細な部分はしっかり保護!

コンパクトな上に大切なロッドがしっかりと守れる設計になっているのも2ピースロッドホルダービッグの大きな特徴です。

ロッドケースのようにロッド全体を保護できるアイテムではありませんが、繊細で折れやすい竿先と、ロッドホルダーを肩から下ろしたときに地面に接触することが多い竿尻が保護されるデザインで、安全にロッドを持ち運べます。

また、ショルダーベルトで長いロッドを持ち運ぶとき、ロッドの竿尻が地面に付いてしまうことがありますが、2ピースロッドホルダービッグはこの課題もクリアしています。

ショルダーベルトを固定するベルトが付いていて、これを使用することで長いロッドを背負うときでも竿尻を地面から浮かした状態でキープすることができます。

特徴その③

ロッドの本数や長さに合わせた形状変化が可能!

2ピースロッドホルダービッグはロッドに合わせて長さを調節することができます。

対応できる長さは幅広く、7ft2in(約2.2m)から12ft(約3.6m)までの2ピースロッドであれば収納可能です。

非常に長いショアジギングロッドでも持ち運びが可能なのは嬉しいポイントです。

また、常に安定して持ち運びができるよう、ロッドホルダーの下の部分は巾着のように絞れる設計になっています。

この設計のおかげで、一本だけロッドを持っていく場合でも、下の部分を絞っていれば移動中にロッドが不安定に動くことがありません。

動画で使い方を見たい方はこちら!

今秋の新商品をまとめて紹介しています。2ピースロッドホルダービッグの紹介はこの動画の1分17秒あたりから始まります。

カラーは2種類。2色買いするアングラーも!

2ピースロッドホルダービッグは現在スタイリッシュなブラックと縁どりがおしゃれなレッドの2カラー展開です。

スペックは同じですが、色が違うだけで大きく印象が変わるので、好みの色を選んで買うといいでしょう。

愛用者の方の中には2色とも購入し、ベイトモデルのロッドとスピニングモデルのロッドをロッドホルダーの色で区別して収納しているという方もいるそうです。

ブラック

2ピースロッドホルダービッグブラックの写真

ブラック

テイルウォーク 2ピースロッドホルダービッグ ブラック

テイルウォーク 2ピースロッドホルダービッグ ブラック

最安値価格
¥2,560(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,623

楽天市場へ ¥2,969

Yahoo!へ ¥2,560

レッド

テイルウォーク 2ピースロッドホルダービッグ レッド

テイルウォーク 2ピースロッドホルダービッグ レッド

最安値価格
¥2,560(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,623

楽天市場へ ¥2,969

Yahoo!へ ¥2,560

上の写真だと縁どりが見えづらいですがレッドです。

史上最高に快適な釣りへGO!

発表されて以来、「これは便利!」「ありそうでなかったアイテムだ!」と多くのアングラーから高評価を受けている2ピースロッドホルダービッグ。

ロッドを持ち運ぶときの悩みや欲求に真摯に向き合って開発されただけあって、実際に使ってみるとその使い勝手の良さに驚く方が多いようです。

移動中の負担が抑えられれば、釣り場に到着してからのパフォーマンスも格段に上がります。

ロッドの持ち運びを少しでも快適にしたいという方、ぜひ2ピースロッドホルダービッグをチェックしてみてはいかがでしょうか?

テイルウォークの情報をSNSでチェック!

Instagram

Twitter

テイルウォークの新商品についてもっと知りたい方はこちら!

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング