ロッドのアップ写真

メジャークラフトのソルパラシリーズでショアジギングを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

ショアジギングゲームを楽しむアングラーが増えて、さまざまなロッドがリリースされるようになりました。

メジャークラフトのソルパラシリーズなら、低価格+豊富なラインナップが揃っているので、初心者にとって心強い味方となっています。

ここでは、ソルパラシリーズのショアジギング用ロッドについて、おすすめの機種をご紹介しましょう。

ソルパラシリーズでショアジギングゲームを実践!どんな機種があるの?

メジャークラフトのロッド・ソルパラシリーズには、さまざまな釣り方にマッチする機種がラインナップされています。

中でもショアジギングゲーム用のものが充実していて、合計9種類から選ぶことが可能です。

軽めのメタルジグをキャスト可能なライトショアジギング向きのものや、100gクラスのメタルジグを扱える本格的なショアジギング向きのものも。

実際にフィールドで手にしてみたインプレも絡めながら、おすすめの機種をピックアップしてみましょう。

●メジャークラフト・ソルパラSPX-962LSJ

全長9.6ftと、じゅうぶんな長さに設計されている機種で、2ピース仕様です。

適合するメタルジグウエイトは、40gをベースに上下20gまで背負えるようになっています。

ライトショアジギングゲームを実践するのに向いているパワーレンジでしょうか。

適合するPEラインは、1.0号から2.5号まで。

ブランクスは、レギュラーファーストアクションですから、キャストしやすい調子に仕上がっています。

実際にフィールドで振ってみると、ブランクスは軽くてシャープな印象を持ちました。

重いメタルジグをぶん投げる!というイメージはなく、防波堤などの足場の良い釣り場から、接岸してきたフィッシュイーターを効率よく獲っていくためのロッドでしょう。

40g前後のメタルジグなら、スロータイプのものも充実していますから、ユラユラと落とし込みつつ誘いをかけることができます。

ボトムが岩礁帯や藻場である場合、いきなりボトムタッチしてしまうようなアプローチをすると、すぐに根掛かりしてしまうでしょう。

スローフォールさせて、ボトムに触れる前にリフト。

一定の距離を引っ張ってきたら、再度フォールという展開をおこなってみてください。

ソルパラSPX-962LSJなら、魚の食い上げバイトを弾いてしまうことなく、きっちりとフックアップに持ち込めるはず。

負荷が掛かったときのロッドティップの曲がり込みが秀逸で、ラインテンションが張ったらロッドを振り上げてフックを貫通させてください。

ガイドシステムは、全機種統一のFuji製Oリングをステンレスフレームで支えていますから、安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

グリップにはEVAを配置、水に濡れた手でも滑りにくく、ランディングまで安定した流れを作ることが可能です。

メーカー希望販売価格は10,560円と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

MHパワーブランクスのソルパラシリーズ!

●メジャークラフト・ソルパラSPX-962MH

全長9.6ftのMHパワーブランクスモデルです。

2ピース仕様で、適合するメタルジグは、60gをベースに上下20gまでをカバーしています。

適合するPEラインは、1.0号から3.0号まで。

ブランクスは、レキュラーファーストアクションとなっています。

60gのメタルジグなら、かなり飛距離を伸ばしやすくなり、沖合いを回遊している青物をとらえやすい印象です。

ベリーからバットにかけてじゅうぶんな張りがあり、連続キャストしても疲れにくい軽さも備わっています。

メーカー希望販売価格は10,890円ですから、とても購入しやすい価格帯といえそうです。

ソルパラSPX-1002Hならロングキャストアプローチが可能に!

●メジャークラフト・ソルパラSPX-1002H

ショアジギング用で最も長い、10.0ftのブランクスが採用されている機種です。

2ピース仕様で、適合するメタルジグは80gをベースに、上下20gまでを得意としています。

適合するPEラインは、1.5号から3.5号まで。

レギュラーファーストアクションに設計されたブランクスは、しっかりとした硬さを持ちながら飛距離を伸ばしてくれます。

100gクラスのメタルジグを使えることで、磯場からのロングキャストにも対応可能。

本格的にショアジギングゲームを実践したいアングラーの、エントリーモデルとなってくれるでしょう。

メーカー希望販売価格は11,880円と、とても低価格な設定なのが嬉しいです。

ソルパラシリーズに装着したいおすすめリールを選んでみた!

ソルパラシリーズに装着してショアジギングゲームを楽しむのに、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

番手は4000番以上で、巻き上げスピードの速いタイプがマッチします。

ラインキャパは多いほうが、ロングキャストに対応しやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT4000-CXH

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス LT4000-CXH

最安値価格
¥13,012(Yahoo!)

Amazonへ ¥13,142

楽天市場へ ¥13,375

Yahoo!へ ¥13,012

ダイワのフリームスシリーズ、4000番のエクストラハイギアモデルです。

ライトショアジギングゲームにマッチするスペックに仕上がっています。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1巻きにつき99cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は12.0kgで、自重は235gと軽めの設定。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10lbを190m、PEラインなら1.5号を200m巻けます。

ハンドルの長さは60mm、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、軽やかな立ち上がりでストレスなく巻き取れる印象です。

ローター回転もドラグの滑り出しも、レスポンスの良いものになっています。

ハンドルノブは、手のひらで包み込みやすく、安定したリトリーブを実践できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C5000XG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C5000XG

最安値価格
¥23,345(amazon)

Amazonへ ¥23,345

楽天市場へ ¥23,900

シマノの軽量スピニングリール・ヴァンフォードシリーズのC5000番、エクストラハイギアモデルです。

ギア比は6.2対1になっていて、ハンドル1回転につき101cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は6.0kgで、最大ドラグ力は11.0kg。

自重は220gと軽めで、ハンドルの長さは57mmです。

スプール寸法は、直径が52mmでストロークが19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4号を190m、PEラインなら3号を200m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、バツグンの軽さに驚かされます。

ハンドルの巻き心地は軽快そのもので、長い時間の釣りにもじゅうぶん耐えられるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

海水や砂などが付着した場合は、そのまま放置せずに必ず水洗いメンテナンスを施してください。

スプール周りやラインローラーなど、付着物の多い箇所は、入念に洗うことをおすすめします。

ソルパラシリーズを使いこなしてショアジギングゲームを楽しもう!

ソルパラシリーズ・ショアジギングモデルの特徴や使い方、おすすめ機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

防波堤でショアジギングゲームを敢行する際は、周囲に人が居ないことを確認してください。

ロッドが長いので、振り子の要領でバックスイングをおこなうと、かなり後ろのほうまでメタルジグが振れてしまいます。

安全最優先で、釣りを楽しむスタイルを身に着けたいものです。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

メジャークラフト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング