魚とリールのアップ写真

ショアジギングにベイトリールを使っている人が増えているってホント?

FISHING JAPAN 編集部

防波堤やサーフ・岩礁帯エリアなどから、盛んにおこなわれているショアジギングゲーム。

アングラーの手元を見てみると、ベイトリールを装着しているケースが増えています。

あえてスピニングリールを選択しない理由とは?

ショアジギングに新しいスタイルを採り入れている実態について、詳しくレポートします。

ショアジギングにベイトリールを採り入れるメリットって何?

ショアジギングゲームに求められるのは、魚の居るポイントまでメタルジグを届ける飛距離でしょう。

そのためにPEラインを使いますし、フリーにライン放出が可能なスピニングリールを選択してきました。

ところが先日サーフに足を運ぶと、長いロッドに見慣れないリールを付けている人に出会ったのです。

なんと、ベイトリールにPEラインを巻いて、沖合いへ向かってメタルジグをフルキャストしていました。

独特の射出音を響かせながら、かなりの飛距離が出ています。

声をかけると、気さくに応えてくれました。

まず、スピニングリールではなくベイトリールをショアジギングゲームに用いている理由を尋ねます。

回答は、太いラインを使っても、イメージ通りのキャストをおこなえるからだそうです。

確かにスピニングリールでは、糸ヨレのトラブルを気にしなければなりません。

何度もキャストを繰り返していると、細いラインでもヨレが始まってしまいます。

ベイトリールなら、キャストして放出したラインを、そのまま直線的に巻き取ることが可能です。

ほぼ糸ヨレ無く回収できてしまうので、何度キャストを繰り返しても、糸ヨレによるPEラインの傷みを気にする必要がありません。

せっかく大型の青物やヒラメが掛かったとしても、そのタイミングで糸ヨレ状態になっていたら、最悪の場合ラインブレイクしてしまいます。

そういう事態を未然に防ぐためにも、ショアジギングにベイトリールを採用するのは、とても有意義だとのこと。

確かに説得力がありますし、実際にやってみたい気持ちにさせてくれる言葉です。

スピニングリールとベイトリールを比較してみよう!

でもベイトリールだと、スピニングリールほども飛距離が伸びないのでは?と考えてしまいます。

その点は、メタルジグのウエイトをアップしたりして、遜色のないようにフォローするとのこと。

ラインが太くなるわけですから、メタルジグのウエイトが増しても気兼ねなくキャストを繰り返せます。

ショックリーダーラインの太さも調整しながら、ベストのセッティングを出してアプローチしてみるのがいいでしょう。

またベイトリールなら、ラインをほぼ出さずに魚とのやり取りをおこなうことになります。

スピニングリールほどドラグレスポンスが良い状態ではないので、かっちり締め込んでゴリ巻き!がメインの釣りスタイルになります。

ダイレクト感が増し、スリルのあるやり取りを展開できるはずです。

ラインテンションが張り詰めている分、フッキングも良好に決まり、バラシを抑えることにもつながるでしょう。

一気に足元まで引き寄せてみたいものです。

実際にベイトリールを用いてショアジギングをやってみた!

実際にショアジギングをベイトリールで実践してみました。

使ったのは、アブガルシアやシマノのベイトリールです。

ラインキャパに注目して、PEラインの2号以上を150mから200m以上巻けるタイプを選びます。

ロッドは、シーバスゲームやバス釣り用にリリースされている、ビッグベイトをキャストするためのベイトロッドを転用しました。

サーフでフルキャストすると、60g程度のメタルジグなら、かなりの飛距離が出ます。

フォールしていくメタルジグに何か接触しても、いい感じに手元に伝わってくるのがありがたいです。

フッキングのタイミングを逃しにくいですし、リトリーブも安定してこなせます。

実際に掛かったのは、ハマチとシオ、それからマゴチでした。

サイズ的には50cmに満たなかったものの、アタリが明確に伝わってきましたし、それに合わせてフッキングできたのも大きな収穫です。

もっと飛距離を伸ばせるように修練して、新しいショアジギングスタイルを自分のものにしたいみたいと感じました。

ショアジギングに使ってみたいおすすめベイトリールを選んでみた!

それではショアジギングに採り入れてみたい、おすすめのベイトリールをご紹介しましょう。

ラインキャパに余裕があるほうが扱いやすいですし、巻き取りスピードにもこだわりたいものです。

ハイギア仕様のベイトリールなら、リトリーブ中のさまざまな変化を感知しやすく、即対応も可能でしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

最安値価格
¥24,937(楽天市場)

Amazonへ ¥26,463

楽天市場へ ¥24,937

ギア比7.9対1のベイトリールですから、ハンドル1巻きでなんと107cmものラインを巻き取ることができます。

手返しが良く、底からのピックアップも素早くおこなえるでしょう。

最大ドラグ力が8.0kgもあるのも、大きなメリットです。

ラインキャパは、PEラインなら4号を180mも巻けます。

もっと細いラインなら、もっとたくさん巻けることになりますから、飛距離を効率よく伸ばせるはずです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ショアジギングにベイトリールを採用して大型魚を釣り上げよう!

ショアジギングなベイトリールを採り入れるメリットや、おすすめのベイトリールをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ライントラブルの心配がない釣りスタイルで、大物を釣り上げてみましょう。

バックラッシュトラブルはつきものですから、しっかりキャストできるようになりたいものです。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング