ワカサギ1日2511尾のノウハウを詰め込んだ『ワカサギ王』の秘密に迫る

FISHING JAPAN 編集部

ワカサギ1日10束超えのノウハウを盛り込んだ、がまかつのワカサギ仕掛け『ワカサギ王』。

その仕掛けを監修したのが、1日2500尾ものワカサギを釣ったことがある、がまかつフィールドテスターの尾崎渚。

入れ食い状態のときからシビアな状況まで、幅広く対応すべく、尾崎のすべてを盛り込んだワカサギ王の秘密に迫る。

【プロフィール】尾崎渚

山中湖のワカサギレコードである1日2511尾の釣果を達成した人物。

また、メーカー主催のワカサギトーナメントで2連勝の実績もあり。

以前はバスプロだったこともあるが今はルアー釣りから遠のいていて、ワカサギの他、アユ釣りや渓流のヤマメ釣りなど長い竿を使う伝統的な日本の釣りにはまっている。

ワカサギ2大聖地のひとつ、山中湖のなぎさボートにてドーム船に乗り、釣り客の相手をしつつ、ワカサギの釣技を磨く日々。

がまかつ・マルキュー・シマノフィールドテスター。

数釣りには狐型の仕掛けがベスト

1日1000尾のワカサギを釣ることが1つの目標であり、夢であるに違いないが、尾崎渚というワカサギのスペシャリストは、なんと1000尾どころか2511尾のワカサギを1日で釣ったことがあるという。

「といっても、2000尾を何度も達成しているわけではなく、2000尾を超えたことがあるのは、その1回だけです」

ちなみに1000尾超えが年間平均で10回前後だという。

そんな尾崎の知識や経験を詰め込んだ仕掛けが完成した。

それが『ワカサギ王(がまかつ)』である。

ハリの形が狐と袖の2種類。

ハリ数というか、ハリとハリの間隔が12㎝のもの(スタンダード)と15㎝のもの(喰い渋り)の2種類がある。

狐型と袖型、尾崎はどちらを好むのだろう。

あるいは使い分けるのだろうか。

「まず、この2種類のハリは気分で選ぶものではなく、明確な差があります。

狐のほうがワカサギの口に入りやすく、刺さりが早い。

でも、キープ力が少し弱い。

一方の袖はしっかりハリ掛かりしてバレが少ない。

数釣りなら狐。

1尾1尾をバラさず丁寧に仕留めるシブい状況なら袖。

個人的には狐を使うことのほうが多いです。

袖は氷上釣りとかに向いていますね」

1日1000尾、2000尾の数を釣るとなると、バラさないことよりもハリからの外しやすさを優先しなければならない。

「できるだけ口の周りに掛けたい。

口先周辺にハリが掛かれば、簡単に外しやすい。

これが飲まれたり、深く刺さるとハリから外すのに手間取る。

時間のロスは数を伸ばすことの妨げになります」

その数秒が積み重なって、何10尾、何100尾のロスになる。

それゆえ狐を多用する。

袖の場合、掛かりが深く、1尾1尾が大事な展開では重宝するが、数釣りが成立する状況ではペースが上がらない。

「あと、狐のほうが軸が長くてエサがつけやすいですよね」

『ワカサギ王スタンダード(がまかつ)』と『ワカサギ王喰い渋り(がまかつ)』。

どんな特徴があるのだろう。

「まず、全長。

90㎝以内に収まっていて、取り込みやエサ付けが最速になる全長です」

ハリ数が6本と7本がある。

数を多く釣るなら7本のほうがよさそうだ。

「ワカサギという魚は、本当に繊細な魚でスレたり活性が下がると食わせるのが難しい。

難しいというか、仕掛けに近づかなくなりますね。

ハリの間隔は本当に大事で、2㎝の差は大きい。

釣れると釣れないの明確な差になります」

ハリの間隔が空くほどにワカサギは警戒しなくなる。

「テンポよく釣れないとき、群れが薄いとき、ワカサギがナーバスなとき、スレているとき、密な仕掛けを嫌がられているな、と感じるときには、6本バリの『ワカサギ王喰い渋り』。

6本バリというよりも、ハリとハリの間隔が15㎝のものですね」

また、魚が大きかったり、食い上げのアタリが多いときにも6本バリのハリ間隔が広い仕掛けのほうがトラブルは少ない。

高活性のワカサギを1000尾釣るなら7本バリ

もちろん、仕掛けを入れたらすぐにアタってくるようなとき、活性が高く数が見込めるときは7本バリ。

「仕掛けの違いでいえばハリの数が1本違うだけですが、7本バリはハリの間隔が12㎝になっています。

500尾、1000尾と数を釣っていくなら、このハリ間隔がいい」

仕掛け図を見比べるとハリスの長さも違う。

「ハリスは、長いほうが誘った後の沈下する時間や、湖流を受けて漂う自然さ、食いついた時の違和感のなさも優れています。

だからシビアなときはハリスは長いほうがいいんですが、当然、長ければ長いほどトラブルが発生します。

活性が高い場合には、短くても食いを妨げない長さのものが扱いやすい」

いろいろ試した結果、ハリス4㎝は確かに食いもいいが、幹糸に絡むトラブルが発生する。

そうなるとほどいたり、ハリを1本失ったりして効率が悪い。

トラブルなくスレたワカサギに口を使わせやすく、かつ、数釣りに持ち込めるギリギリの長さが6本バリの3.5㎝だった。

食いが立っていて落としたら食うような場合には、極力ハリスを短くしたほうがよく、7本バリは3㎝となっている。

「各湖や沼でワカサギの性質が変わるんですよ。

湖ごとにクセがある。

それ以上に、日ムラが激しい。

それこそ同じ湖で、1日1000尾釣れるような日もあれば、1日100尾を釣るどころか30尾を釣ることが大変な日だってある。

僕は毎日、湖でワカサギ釣りをしています。

また、時間があれば、各地の釣り場に足を運んでいます。

富士五湖をはじめとした主戦場では、この2種類の仕掛けがあれば、ほとんどの状況をカバーできます」

1日中、使い通せる仕掛けで重要なハリスの太さ

ハリスがやや太めなところにもこだわりがある。

「竿2本に仕掛け2枚。

これが僕の1日の基本です。

よほどのことがない限り、仕掛けを張り替えたりはしないです。

ですので、ハリスが縮れたり、切れたりするトラブルは可能な限りなくしたい。

それと群れが入ったときにはできるだけスピーディに魚を外す関係もあって、ハリスには強い力が掛かってしまうときもある。

そういうときでも、切れない、かつ、食いが落ちない太さのハリスを選びました。

関東をはじめとした活性の高いエリアではこの太さがベストでしたね」

ただし、太いといっても0.3号までで、0.4号、0.5号になると食いが落ちる。

また、幹糸の太さも食いに大きく影響する。

「普通の仕掛けなら2回の誘いで食う状況なのに、糸が太いせいで5回の誘いが必要になったりする。

当然、テンポが悪くなる。

とはいえ、糸は太いほうがさばきやすい。

ロスなく、さばきやすさを両立できるのが、関東エリアでは幹糸0.4号、エダス0.3号でした」

魚を外す際に糸が切れると、ハリのついたワカサギが釣ったワカサギのストックに紛れ込むことになるが、内臓をとったりせずにテンプラで丸ごと食べることの多いワカサギでは、ハリが付いたワカサギを他のワカサギと一緒にするわけにはいかない。

そして、その1尾を取り除くのも大きな時間のロスになる。

また、ハリスはナイロン、フロロカーボン、エステルの中からフロロカーボンを選んだ。

「ナイロンのしなやかさは抜群の食いのよさがありますが、絡みやすく、幹糸に絡んだり、魚を外す際にすぐにクセがついてしまう。

エステルは、糸の張りが強すぎて食い込みが悪いですね。

数釣りで1日中トラブルなく使うことを考えるとフロロカーボンがいい」

水深10mとなると結構暗い。

「関東の湖は、それなりに濁っていて、濁っているというか透明度は高くない。

水深10mだと、だいぶ暗いので、夜光玉で目立たせて食いを早めます」

玉があることで、エサが取れてしまっても空バリで食う確率が高まる。

さらにエサ付けの際にハリを持ちやすいというメリットも時間短縮に一役買っている。

『ワカサギ王スタンダード』と『ワカサギ王喰い渋り』、ワカサギ釣りの仕掛けで悩むなら、ぜひこの仕掛けを試してみたい。

ワカサギ王を使ってみよう!

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(袖タイプ) W256 0.5-0.2

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(袖タイプ) W256 0.5-0.2

最安値価格
¥440(amazon)

Amazonへ ¥440

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(狐タイプ) W257 2-0.3

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 スタンダード 7本仕掛(狐タイプ) W257 2-0.3

最安値価格
¥352(amazon)

Amazonへ ¥352

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 喰い渋り 6本仕掛(袖タイプ) W254 0.5-0.2

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 喰い渋り 6本仕掛(袖タイプ) W254 0.5-0.2

最安値価格
¥308(amazon)

Amazonへ ¥308

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 喰い渋り 6本仕掛(狐タイプ) W255 1-0.25

がまかつ(Gamakatsu) ワカサギ王 喰い渋り 6本仕掛(狐タイプ) W255 1-0.25

最安値価格
¥308(amazon)

Amazonへ ¥308

ワカサギ」カテゴリの人気記事

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング