ワームのアップ写真

ブルスホッグベイビーに2024年待望の新カラーバリエーション追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

コンパクトなサイズ感で扱いやすいイメージのある、ボトムアップのホグ系ワーム・ブルスホッグベイビー。

バス釣りは当然として、チニングゲームにも効果的です。

2024年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップ。

その特徴や実釣インプレについて、詳しくご紹介しましょう。

ブルスホッグベイビーってどんなワームなの?

ブルスホッグベイビーとは、ボトムアップからリリースされている、バス釣り用ホグ系ワームのことです。

サイズは、2.4inch=6.096cmですから、とてもコンパクトで食い付きやすいボリューム感になっています。

2枚の大きなツメ=スリットインパドルが、水中で絶妙な存在感を示し、フォール中に水押ししながら震えるアクションを発生させます。

着底したら、その重みでゆっくりとスリットインパドルは倒れ込みます。

まさにザリガニのような甲殻類が、ボトムで動くときのアクションそのものといえるでしょう。

バスは、その遺伝子に甲殻類好きが組み込まれているのかと思うほど、こういうアクションに強烈に惹き付けられる習性を持っています。

ですから、やたらとロッドシェイクして小刻みに動かそうとするのではなく、ボトムへの倒れ込みを意識して使ってみてください。

ズル引きからの静止でも、倒れ込みアクションは発生します。

リグは、ブルスホッグベイビーを活かすことのできる、フリーリグがベストマッチでしょう。

ということは、バス釣りだけでなく、汽水域に棲むチヌ・キビレを誘うのにも適しているといえるのです。

ヒゲやレッグ・逆手などの細かなパーツも、ボディから突き出しているので、水中で複雑にアクションし、チヌ・キビレをバイトに持ち込めることに。

ブルスホッグベイビーの素材には、塩が適量含まれています。

塩は比重を高めることができるので、水中で生命感溢れる動き・沈みをおこなうのに外せません。

またエビ・イカ・ベイトフィッシュの粉末も配合していますから、ニオイと味でもバス・チヌ・キビレを魅了します。

ブルスホッグベイビーの実釣インプレ!

ブルスホッグベイビーを実際に汽水域に持ち込んで、チニングゲームを実践してみました。

タックルは、バス釣り用のベイトタックルを転用し、フリーリグにセットしてアプローチを開始します。

狙うのは、河口域のシャローエリア。

ブレイクラインに牡蠣殻が密集しているような場所を見つけたら、ブルスホッグベイビーをキャスト。

フリーリグなので、先にボトムにシンカーが落ちて、それを追うようにブルスホッグベイビーがフォールしていきます。

スリットインパドルは微細に震えていて、フォールスピードをスローなものに変えてくれます。

着底したら、しばらくステイ。

ラインにテンションを与えてから、ズル引きをスタートします。

ややスタック気味になって、ロッドティップが曲がったら、ズル引くのを停止。

誘いは、ステイの間を多めにとることが基本となります。

軟らかいブルスホッグベイビーなら、止めたときの衝撃で震えを継続し、バイトにつないでいけるはずです。

チヌは、30cm前後のものなら、1時間も釣りをしていれば複数獲ることができました。

オフセットフックのゲイブをナローテザインのものにすると、フッキング効率がアップします。

合計3種類のカラーバリエーションが追加!シチュエーションにマッチしたものを選ぼう!

ブルスホッグベイビーには、2024年新しい3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●MAGMAカラー

●KUWASE SHRIMPカラー

●GORIⅡカラー

3つともナチュラルな配色になっているので、ザリガニっぽいアクションをボトムで与えると、バイトを誘発できるでしょう。

すでに発売されているカラーと使い分けながら、釣り当日の当たりカラーを見つけ出してください。

ブルスホッグベイビーを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

ブルスホッグベイビーをフリーリグにセットして操るのに向いている、おすすめのベイトタックルをご紹介しましょう。

チニングゲームにも使うつもりなら、Mパワー前後のブランクスで、しなやかなロッドティップのベイトロッドがマッチします。

リールは、軽量でパーミングしやすい、ロープロファイルデザイン系のベイトリールがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 165ML-G

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 165ML-G

最安値価格
¥20,507(楽天市場)

Amazonへ ¥20,879

楽天市場へ ¥20,507

Yahoo!へ ¥20,806

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・エクスプライドシリーズのラインナップから、グラスコンポジットブランクスの165ML-Gを選んでみました。

ロッドティップがソリッドのものも捨てがたいのですが、負荷に対して全体がしなやかに曲がろうとするこのベイトロッドも、チニングゲームに効果的です。

チヌの引きは強烈ですから、これぐらいのブランクスで柔軟に耐え続けるのがいいでしょう。

全長は1.96mと、取り回しのいい長さに設計されています。

2ピース仕様でグリップジョイント方式ですから、仕舞寸法は166.8cmにまで縮まります。

ウエイトは110gと軽めで、ブランクスの先径は2.1mm。

適合するルアーウェイトは、5gから21gまでで、適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから14lbまで。

PEラインなら、最大で2.0号まで使えます。

グリップの長さは225mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、63.5%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて、しなやかに曲がり込むブランクスだと感じました。

でも軟らか過ぎることはなく、バットパワーもじゅうぶんです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

バス釣り・チニングゲームで積極的に活用して、ビッグフィッシュを釣り上げてみましょう。

ブランクスが負荷で曲がったら、その曲がりをキープさせるためにリールハンドルを回すイメージで使うと、バラシはかなり抑えられるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 SLX DC 70HG ルアーキャスティング

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 SLX DC 70HG ルアーキャスティング

最安値価格
¥17,298(amazon)

Amazonへ ¥17,298

楽天市場へ ¥18,400

シマノから発売中のDCブレーキ搭載ベイトリール・SLX DCシリーズの中から、ハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は7.2対1ですから、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ロッドワークのみでズル引きをおこなって、たるんだラインを素早く回収する使い方でいいのではないでしょうか。

最大ドラグ力は5.5kgで、ハンドルの長さは42mm。

ウエイトは200gと軽めで、スプール寸法は直径が33mm、幅が21mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ボールベアリングは、6個搭載されています。

実際にフィールドで使ってみると、とても手のひらで包み込みやすく、クラッチにも親指が届きやすいカタチをしています。

スプール回転の立ち上がりはスムーズで、ハンドルの巻き心地も滑らかです。

バックラッシュトラブルは、DCブレーキがきっちり抑え込んでくれますから、安心してキャストを重ねてみましょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格に収まっているのがありがたいです。

PEラインにも対応できるので、1.5号前後の太さのものをスプールに巻いて、ロングキャストから始めましょう。

ブルスホッグベイビー追加カラーの気になる発売日はいつ?

ブルスホッグベイビー追加カラーの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、825円です。

ブルスホッグシリーズには、これより大きなサイズが揃っていますから、釣り場の状況に合わせて使い分けてみましょう。

オフセットフックは、ワイドゲイブだとチヌ・キビレの口に収まりにくいので、ナローゲイブで実践してください。

新製品の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

チニング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング