魚のアップ写真

チニングに効くミノーってどれなの?ダウンショットリグとの活用法に注目

FISHING JAPAN 編集部

春になると、シャローレンジにチヌが入ってくるようになります。

フローティングミノーなら、チヌの目線に送り込みやすいでしょう。

でも飛距離が出にくいですし、ボトムからあまり離れるのもよくありません。

そこで活用したいのが、スリムシンカーを用いたダウンショットリグとの組み合わせです。

チニングに小型のフローティングミノーを使ってみたい!

チニングにミノーを使うケースでは、シンキング仕様がほとんどかもしれません。

でもそれだと、牡蠣殻やボトムの地形変化などに、あっという間に根掛かりしてしまいます。

そういったトラブルを避けるために、ワームリグを選んでいる人も多いでしょう。

ワームオンリーになると、釣りそのものに幅がなくなります。

広範囲からチヌを見つけ出す際には、やはりハードプラグであるミノーは外せません。

チヌの口のサイズから考えると、全長5cmから7cm程度のフローティングミノーがベスト。

これをロングキャストするには、ウエイトが少し足りないでしょう。

しかもボトムから離れ過ぎると、チヌをバイトさせること自体が困難に。

さまざまなハードルが浮き彫りになったところで、その解決策をご紹介します。

まず、磯の底物釣りなどでよく使う、親子クレンに注目してください。

回転式スイベルが、2つ組み合わさって出来ているのが特徴です。

リールからの道糸を、ひとつのアイに結びましょう。

そのアイに連なっているスイベルの一端には、ルアー用スナップを装着し、そこにフローティングミノーを付けます。

最後に3つめのアイ、つまりリールからの道糸を結んだアイと真逆に位置するアイに、15cmほどのラインを結んで、その先端にスリムシンカーを装着するのです。

親子クレンをベースにした、ダウンショットリグの出来上がりです。

スリムシンカーのウエイトを重くすれば、ロングキャストが可能になります。

全長5cmから7cm程度のフローティングミノーでも、遠くへ飛ばすことができ、しかもボトムからさほど離れないレンジを、根掛かりトラブルをかわしながら泳がせることが可能になります。

親子クレンはそれぞれのアイがスムーズに回転しますから、糸ヨレトラブルも防ぐことが可能です。

チヌの目線から外れることなく、小型でキビキビアクションしてくれるフローティングミノーを操れるので、チヌが食い付いてくる確率は格段にアップするでしょう。

実際にフィールドで試してみると、5g以上のウエイトのスリムシンカーにすれば、かなりの飛距離を期待できます。

あまりに重くすると、牡蠣殻などに引っ掛かってしまいますが、そこはスリム形状ですから、上手く外せるようになるはずです。

フローティングミノーのサイズが小さければ、お腹側のフックを取り外して、最後尾フックだけでも釣りは成立します。

より一層根掛かりしにくくなり、テンポよく広範囲を探れるようになります。

OWNER(オーナー) スイベル クレン親子スイベル 5-5号 24kg ブラック 72480

OWNER(オーナー) スイベル クレン親子スイベル 5-5号 24kg ブラック 72480

最安値価格
¥219(楽天市場)

Amazonへ ¥385

楽天市場へ ¥219

Yahoo!へ ¥219

ベーシックギア DSスティックシンカー 5g

ベーシックギア DSスティックシンカー 5g

最安値価格
¥254(Yahoo!)

Amazonへ ¥302

楽天市場へ ¥279

Yahoo!へ ¥254

チニングに使ってみたいおすすめのフローティングミノー①ラパラ・オリジナルフローター

チニングに使ってみたくなる、おすすめのフローティングミノーを取り上げてみましょう。

ラパラのバルサウッド製ミノー・オリジナルフローターなら、さまざまなサイズが揃っています。

全長5cmや7cmのタイプが選べるので、好みのカラーバリエーションのものを選んでみてください。

リップが付いているので、ウォブリングやローリングアクションが発生しやすく、なおかつ親子クランに絡まりにくい防御効果も期待できます。

フルキャストして、ボトムまでフォール。

リールからのラインがたるんだら、リールハンドルを回してリトリーブを開始してください。

ただ巻きリトリーブが基本で、スリムシンカーがボトムをなぞっているのを、手のひらで感じてみましょう。

それがフッ!と抜けるような感覚になったら、チヌがミノーをくわえているかもしれません。

ロッドティップを立ててみて、ラインにテンションが掛かり、走り始めたらフッキングしましょう。

ラパラのオリジナルフローターなら、定番のブルーバックカラーやゴールドカラーがおすすめです。

フックは、お腹側を外してもかまいませんし、ダブルフックに換装するのも効果的です。

Rapala(ラパラ) ミノー オリジナルフローター 5cm 3g ブルー B F5-B ルアー

Rapala(ラパラ) ミノー オリジナルフローター 5cm 3g ブルー B F5-B ルアー

最安値価格
¥1,082(amazon)

Amazonへ ¥1,082

楽天市場へ ¥1,169

Yahoo!へ ¥1,169

チニングに使ってみたいおすすめのフローティングミノー②バスデイ・シュガーミノー

バスデイからリリースされているシュガーミノーシリーズには、フローティング仕様で小型のものが用意されています。

ライトソルトウォーターゲーム用に作られたものはもちろん、淡水のトラウトゲーム用のものも、チニングに活用することができます。

とてもスリムで機敏にアクションしてくれるので、チヌの興味を上手く引き付けてくれるでしょう。

藻に似たスプリングスグリーンカラーは、保護色効果が強めで、チヌの反応は上々です。

チャート系やピンク系・グロー系もおすすめなのですが、そういったチニングゲームの定番カラーで反応が無いときに、ぜひこの保護色系カラーを試してみてください。

止めて長く見せるのも効きますから、スリムシンカーがスタックしてもすぐに外さずに、そのまま放置して誘いをかけてみましょう。

セイゴクラスのシーバスが掛かってくることも多く、コツをつかめば数釣りも楽しむことができます。

バラシた後には必ずフックポイントを確認して、鈍っているようならすぐに新しいフックと交換してください。

スリムシンカーと親子クレンをつなぐラインも、牡蠣殻などで傷付きやすいです。

確認してザラザラしているようであれば、結び直してください。

バスデイ(Bassday) シュガーミノー 50F ソルト C-375スプリングスグリーン

バスデイ(Bassday) シュガーミノー 50F ソルト C-375スプリングスグリーン

最安値価格
¥1,450(楽天市場)

Amazonへ ¥1,485

楽天市場へ ¥1,450

Yahoo!へ ¥1,450

チニングに使ってみたいおすすめのフローティングミノー③タックルハウス・オルガリップレス

メバルなどを釣るのに開発された、タックルハウスのオルガリップレスですが、実はチニングにもよく効きます。

全長50mmで、ウエイトは3.3g。

単体では、なかなかロングキャストは難しいですが、このダウンショットリグなら、かなり遠くのポイントまで届けることができます。

スローフローティング仕様なので、リグに馴染みやすく、ボトムに近いレンジでもキビキビとアクションを繰り返してくれます。

ただし、リップが付いていないですから、ボディをローリングするアクションがメインに。

体側がフラッシング効果を強調するので、チヌを的確に刺激するのは間違いなさそうです。

ダブルフックとの相性は良好で、フックポイントを上向きにして装着してみてください。

オルガリップレスもカラーバリエーションが豊富で、ナチュラルでベイトフィッシュライクなものから、ルアーシルエットのぼやける膨張色系まで揃っています。

釣り場の水質や、日照の強弱などに合わせて、カラーバリエーションを選ぶようにしましょう。

実際にキャストを繰り返してみると、リップが無くてもリグが絡まってしまうトラブルは皆無でした。

どんどん積極的にキャストして、ボトムの地形変化に当てていきましょう。

スリムシンカーがスタックしたら、その場で止めてロッドを立てます。

ラインにテンションを与えたり抜いたりを繰り返すと、その振動が伝わってオルガリップレスがアクションしてくれます。

丁寧に時間をかけて揺らし続けてください。

タックルハウス(TackleHouse) ミノー ショアーズ オルガリップレス 50mm 3.3g バチクリア・レッドベリー #26 SOL50 ルアー

タックルハウス(TackleHouse) ミノー ショアーズ オルガリップレス 50mm 3.3g バチクリア・レッドベリー #26 SOL50 ルアー

最安値価格
¥1,285(amazon)

Amazonへ ¥1,285

楽天市場へ ¥1,540

Yahoo!へ ¥1,540

フローティングミノーを上手く活用してチニングゲームを楽しもう!

チニングにフローティングミノーを活用する方法や実釣インプレ、おすすめのミノーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

フローティングミノーの代わりに、小粒なクランクベイトを装着してみましたが、ミノーのほうが釣果は伸びました。

クランクベイトだと、微細なロッドワークが伝わりにくかったのでしょうか。

シャッドやその他ハードプラグも、試してみる価値はありそうです。

チニングの関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング