ルアーのアップ写真

ヒエイ123SFは2023年新登場のバチ抜けパターン用スリムミノー!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームで周知のバチ抜けパターンを攻略するには、ゴカイ類に似たスリムなルアーによるアプローチが必須です。

2023年ジャッカルからリリースされるスリムミノー・ヒエイ123SFなら、思い描く釣り方を実践できるでしょう。

その特徴や使い方・カラーバリエーションについて、詳しくご紹介します。

ヒエイ123SFとは

ヒエイ123SFとは、2023年ジャッカルから新発売される、シーバスゲーム用スリムミノーのことです。

スローフローティング仕様で、全長は123mm。

ウエイトは、11.2gと軽め。

潜行レンジは、最大で水深30cm程度に設定されています。

フックは、8番サイズのトレブルフックを3つ搭載しています。

ヒエイ123SFのスリムなフォルムは、冬から春にかけてのバチ抜けパターンに特化しています。

使い分けのできる多彩なアクションと、驚きの飛行性能が特徴的といえるでしょう。

マグネット式の重心移動システムを搭載していて、矢じり型のボディ形状によって、11.2gと軽量なウエイトでも平均50mを超える飛距離を実現できます。

沖合いに広がる潮目を、ショアから叩けるのは嬉しいです。

絶妙な引き波を伴なうI字引きや、弱々しいロールで水面直下をトレースすることができます。

またウォブリングアクションでアピールすることも可能です。

巻きスピードや流れに対する角度を調整しながら、アクションを使い分けしてみてください。

スリムミノーでありながら、シンペンのような使い勝手の良さが体感できるのが、ヒエイ123SFの強みかもしれません。

バチ抜けに狂っているシーバスに対して、多彩なアクションでアプローチ。

これはもう、バイトが連発する可能性を大いに秘めているといえそうです。

3連のトレブルフック仕様なので、どの方向からシーバスが噛んできても、フックアップに持ち込めるでしょう。

ただし、早めのフッキング動作は自重して、ヒエイ123SFをシーバスがくわえて横走りを始めるまで、つまりラインテンションが自然に張るまで、待ってみることをおすすめします。

ヒエイ123SFのリップやボディ形状に注目!

ヒエイ123SFには、小型リップが頭部アゴ下に配置されています。

アクションの弱々しさをキープしながら、適度な水の抵抗をアングラーに伝えてくれる役割を担っています。

スローに引っ張っても、リトリーブしている際の掛かりのようなものが体感できるのではないでしょうか。

ヒエイ123SFの背中にも注目してください。

くびれが設けられています。

リップで受けた水流を上手く受け流して、引き波を細く弱くするための工夫が、このくびれの存在なのです。

ヒエイ123SFは、矢じり型のボディ形状に作られています。

特にボディ後半部分にボリュームを持たせているので、飛行姿勢が安定します。

それからボディの内側にも、工夫が盛り込まれています。

なんとボディ内部に、彫りを入れているのです。

彫りは立体的な感覚を加えることになり、カラーに奥行きを持たせます。

水面直下を漂うバチの艶めかしさを、リアルに表現することに成功しています。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選んでキャストしてみよう!

ヒエイ123SFには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●グローチャートパールカラー

●オールマットピンクカラー

●バイオグリーンカラー

●アカバチカラー

●アオバチカラー

●イナッコシャーベットカラー

●スリムサーディンカラー

●チカチカデビルカラー

チャート系やピンク系などの膨張色は、視認性が高いので遠くのポイントを攻めるのに向いています。

またリアルでナチュラルな配色は、バチそのものに見えますから、シーバスもうっかり騙されてしまうでしょう。

バイトが遠退いてきたら、別のカラーバリエーションに交換するといいかもしれません。

ヒエイ123SFをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

ヒエイ123SFをロングキャストしてリトリーブするのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、8ft以上のシーバスゲーム用スピニングロッドがマッチします。

リールは、3000番サイズ以上のスピニングリールなら、安定した飛距離を叩き出せるのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) 22 ダイナダート S80ML

シマノ(SHIMANO) 22 ダイナダート S80ML

最安値価格
¥12,223(amazon)

Amazonへ ¥12,223

楽天市場へ ¥12,859

シマノから発売されているルアーキャスティングゲーム用スピニングロッド・ダイナダートシリーズのラインナップから、S80MLを選んでみました。

全長は2.44mなので、さまざまな釣り場で扱いやすい長さといえるでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は125.7cmにまで縮まります。

ウエイトは115gと軽めですから、長い時間の釣行でもあまり疲れないかもしれません。

ブランクスの先径は、1.8mmです。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97.1%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな張りのあるブランクスに仕上がっていると感じました。

ガイドにはラインが絡まりにくく、連続してキャストを繰り出すのに向いています。

グリップは細身で握りやすく、さまざまなロッドワークを実践しやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっているのが魅力的です。

ブランクスの長さは、もっと長いタイプも揃っているので、手に取って比べてみることをおすすめします。

シマノ(SHIMANO) ショア、オフショア 22 ミラベル C3000HG

シマノ(SHIMANO) ショア、オフショア 22 ミラベル C3000HG

最安値価格
¥10,655(amazon)

Amazonへ ¥10,655

楽天市場へ ¥10,747

シマノからリリースされている汎用型スピニングリール・ミラベルシリーズの中から、C3000番サイズのハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき91cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は3.5kgで、最大ドラグ力は9.0kg。

ウエイトは205gで、スプールの直径は46.5mm、ストロークは14.5mmに設定されています。

ラインキャパは、PEラインなら2.0号を200m、モノフィラメントラインなら3.0号を150m巻くことができます。

ハンドルアームの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、ハンドルの巻き心地は軽快そのもので、糸ヨレトラブルも抑えられている印象を受けました。

ドラグのレスポンスも良好なので、シーバスが掛かって暴れても、柔軟に対処できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

シーバスゲームで使用した後は、真水で丁寧に洗浄メンテナンスをおこなってください。

スプール周りはもちろん、ラインローラーなどもしっかりと洗い流すことで、錆びなどの被害を防ぐ効果が見込めます。

洗浄後は、直射日光の当たらない場所で、時間をかけて乾燥させましょう。

ラインローラーの隙間に、PEラインのコーティングが剥がれて詰まりやすいので、目でよく見て取り除いてください。

ヒエイ123SFの気になる発売日はいつ?

ヒエイ123SFの気になる発売日は、2023年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,760円です。

ロングキャストとリトリーブを繰り返していると、フックにバチが引っ掛かってしまうことがあります。

ひんぱんに発生するようなら、着水してすぐに潜行させてからリトリーブを開始してみてください。

バチがフックに引っ掛かっている状態でも、何本かシーバスを釣った経験がありますが、せっかくのルアーアクションが活かせませんので、できるだけ引っ掛からないように努めましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング