ロッドのアップ写真

ワイズストリームに2023年追加機種登場!ダイワのマルチピース仕様トラウトロッド

FISHING JAPAN 編集部

河川や湖沼に棲んでいるトラウトをターゲットにした、ダイワのテレスコ&マルチピースロッド・ワイズストリームシリーズ。

2023年には、新しい2機種が追加ラインナップされます。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめリールをご紹介しましょう。

ワイズストリームとは

ワイズストリームとは、ダイワから発売されているテレスコ&マルチピースロッドのことです。

ターゲットは、河川や湖沼などに棲んでいるトラウト類。

自然の真っただ中へロッドを持ち込むには、やはり携行性の高いものが便利です。

ワイズストリームなら、3ピースから5ピースまで分割・収納できるので、ヤブコギしながら歩くような釣り場でも扱いやすいでしょう。

搭載スペックは、ダイワオリジナルのX45やHVFカーボンです。

X45とは、ブランクスのネジレを防ぐために、従来構造に加えて45度のバイアスクロスを巻いています。

パワー・操作性・感度それぞれが向上するので、大型のトラウトが掛かっても安心してやり取りできるでしょう。

HVFカーボンとは、ブランクスに含まれるレジンの量を減らして、代わりにカーボン繊維の密度を高めたものです。

とても筋肉質でパワフルになり、粘りや強度がロッドに宿ります。

グリップ周りに注目すると、天然木のリールシートが搭載されていて、質感の伴なったロッドに仕上がっています。

それでは、2023年に新しく追加される2機種について、詳しいスペックを見てみましょう。

●ワイズストリーム2023年追加機種①410L-3

こちらは、河川の源流域から渓流域に対応しやすいモデルになっています。

扱うルアーは、ミノーが中心。

その操作性を高めるために、ショートレングスなブランクスに設計されています。

全長は1.47mなので、木々の枝が伸びているようなシチュエーションでも、振り込みやすいでしょう。

3ピース仕様で、仕舞寸法は53mmです。

ウエイトは79gと軽めで、ブランクスの先径/元径は、1.2/7.4mm。

適合するルアーウエイトは、2gから9gまでですから、シンキングミノーで流れの中を通すのに向いているでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3lbから6lbまで。

PEラインなら、0.3号から0.8号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、92%です。

ワイズストリーム追加機種の74ML-5をチェック!

●ワイズストリーム2023年追加機種②74ML-5

こちらは、河川の中流域から本流域に対応し、湖沼に棲むトラウトも狙えるように作られています。

操るルアーは、ミノーやスプーン。

ロングキャストでアプローチして、ブランクスパワーでトラウトの引きに対峙できるでしょう。

全長は2.24mで、継数は5本。

仕舞寸法は、なんと51cmにまで縮まります。

ウエイトは115gで、ブランクスの先径/元径は、1.8/10.4mmです。

適合するルアーウエイトは、4gから18gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから14lbまでで、PEラインなら0.4号から1.0号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91%です。

ワイズストリームの既存モデルも手に取って振ってみた!

ワイズストリームの既存モデル・50TULを、実際に手に取ってみました。

テレスコタイプ、つまり振出式なので、とても携行性が高いのが特徴です。

ガイドの支持は、イメージしていたのとは異なり、しっかりととどまってくれます。

ブランクスの曲がりは、とてもスムーズで、ギクシャクしたカーブにはなりませんでした。

これならフィールドで安心して振れますし、狙ったピンポイントへルアーを届けやすいでしょう。

グリップは細身で握り込みやすく、トラウトの引きにしっかり耐えられるはずです。

ワイズストリームに装着したいおすすめのリールを選んでみた!

追加リリースされるワイズストリーム2機種に装着してみたい、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

410L-3タイプには、1000番から2000番サイズのスピニングリールがマッチします。

74ML-5タイプには、2500番サイズ以上のスピニングリールを着けると、ロングキャストしやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) 一般 スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S(2020モデル)

ダイワ(DAIWA) 一般 スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S(2020モデル)

最安値価格
¥24,500(amazon)

Amazonへ ¥24,500

楽天市場へ ¥28,775

Yahoo!へ ¥26,656

ダイワから発売中の小型スピニングリール・ルビアスシリーズのラインナップから、2000番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1回転につき67cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは150gとかなり軽めで、最大ドラグ力は5.0kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを150m、PEラインなら0.4号を200m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは9個搭載されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて操作しやすい印象を持ちました。

ハンドルの回転は滑らかで、巻き心地は軽快そのものです。

何よりウエイトが軽いので、長い時間釣りを続けていても、手首などに負担はかかりにくいでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

この2000番サイズを1台持っておけば、トラウトゲームはもちろん、ライトソルトウォーターゲームにも転用できます。

さまざまな釣りシーンへ出向いて、多くの魚に触れてみましょう。

ラインは、極細のモノフィラメントラインかPEラインを巻くことになります。

ドラグの調整は若干緩めにして、バイト直後のトラウトの走りに備えるようにしましょう。

大型のトラウトが掛かったときは、手のひらでスプールを包み込むようにして、ラインの放出を調整するといいかもしれません。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT2500S-XH

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT2500S-XH

最安値価格
¥16,500(amazon)

Amazonへ ¥16,500

楽天市場へ ¥16,696

Yahoo!へ ¥16,625

ダイワからリリースされている汎用型スピニングリール・カルディアシリーズの中から、2500番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき87cmのラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは190gです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを150m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて、ハンドルの巻き心地は滑らかです。

2500番サイズなので、エギングゲームやバス釣りに転用しやすく、トラウトゲームのロングキャストアプローチにもマッチするでしょう。

川幅の広い中流域の河川や、広大な湖沼などで活躍してくれるはずです。

もっとラインのストック量を増やしたいなら、3000番サイズも手に取ってみてください。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

0.6号以上のPEラインとの相性が良く、飛距離も伸ばしやすいでしょう。

ワイズストリーム追加モデルの気になる発売日はいつ?

ワイズストリーム追加モデルの気になる発売日は、2023年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、既存モデルも含めると、23,800円から32,300円です。

大自然に囲まれた環境の中で、思いっきりロッドを振りたいアングラーに、とても合う2機種ではないでしょうか。

丁寧なキャストを繰り返しながら、トラウトの反応を手元で感じ取ってみてください。

ミノーを中心に使ってみたいルアーを持ち込んで、積極的にアプローチしましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング