魚のアップ写真

サクラマスを狙うためのロッドはどれを選べばいいの?

FISHING JAPAN 編集部

サクラマスは降海型なので、海で大きくなって河川に戻ってきます。

産卵が目的ですから体格も大きく、50cmを超えるサイズのものも釣れることがあります。

これをターゲットにするにはねどのようなロッドを用意すればいいのでしょうか。

ここでは、サクラマス釣りに適したロッドについて、深掘りしてみましょう。

サクラマス釣りに適したロッドの選び方をチェック!

サクラマスをルアーで釣るのに適している、おすすめのロッドの選び方を挙げていきましょう。

まず最初に着目したいのが、サクラマスをどんな場所で狙うかです。

河川の本流域なら、ロングキャストが主体になりますから、ロッドの長さは3m前後は欲しくなります。

いわゆるサーフゲームで、ヒラメやマゴチを狙うための長さです。

サクラマスは海でも釣れるので、そのまま転用できるのが、この長さといえるでしょう。

硬さは、Mパワー以上あれば、ストレスなく飛距離を伸ばせるはずです。

河川の幅の狭い場所や中流域を釣り場として選ぶなら、2.5m程度の長さのほうが、取り回しは良くなります。

硬さはそのまま、Mパワー程度でじゅうぶんでしょう。

もしあなたがサクラマス釣りの初心者なら、人の多い釣り場はおすすめしません。

ネット情報を信用して出向いてしまうと、立ち位置すら見つけられない状況に遭遇するかもしれません。

そんな釣り場環境でロッドを振るくらいなら、自分で新しいポイントを見つけに移動しましょう。

おすすめは、河川の中流域です。

河口域や本流でロッドを振らなくても、サクラマスに出会える可能性はあるでしょう。

そこで用いるロッドは、汎用性の高いものが好ましいです。

あまりに長いロッドだと、対岸にルアーが届いてしまいます。

もっと短くて軽いタイプ、具体的にはシーバスゲーム用の2m台の長さのものがマッチします。

ウエイトは140g前後のロッドにしておけば、あちこち歩きながら釣りをおこなっても、疲れにくいでしょう。

サクラマス用ロッドでキャストするルアーについても知っておきたい!

サクラマス用ロッドでキャストするルアーにも、着目しておきましょう。

20g前後のミノーやスプーンが主に用いられていますが、立ち上がりレスポンスの良さでいえば、鉄板系バイブレーションルアーが効果的です。

できるだけボディの薄いタイプを選んでおくと、アクションの起動が素早く、サクラマスがバイトしてきても手元で変化をとらえやすいでしょう。

強めの季節風が吹くようなシチュエーションでも、しっかりと飛距離を伸ばしてくれます。

10gを下回るウエイトのものから、20gを超えるものまで用意しておけば、さまざまな釣り場で活用できるはずです。

根掛かりがひんぱんに発生するようなポイントなら、ベリーフックをダブルフックに換装してアプローチしてください。

底まで落としてからリトリーブを開始すると、サクラマスのアタリを取りやすくなります。

自分の予算に合わせてサクラマス用ロッドを購入しよう!

サクラマス釣り用のロッドは、数多くリリースされています。

ロングキャストを目的とした仕上がりのものが大半で、ネイティブトラウトをターゲットにしたコルク仕上げで質感の高いものが目につきます。

当然販売価格は高価になりますから、ちょっと予算と合わないなと感じたら、ぜひシーバスゲームやサーフゲーム・ライトショアジギングゲームなどのロッドも、選択肢に含むようにしてください。

それらのロッドでサクラマスを釣っても、何ら問題はありませんし、販売価格に大きな幅がありますから、予算にマッチしたロッドを見つけられるでしょう。

そしてしっかりとサクラマス釣りの経験値を得たら、サクラマス専用ロッドに手を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

サクラマス釣りに用いるおすすめのロッドを選んでみた!

それではサクラマス釣りにマッチしている、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

比較的安価なのもので、取り回しの良さが際立っているものを選んでみました。

シーバスゲーム用ロッドにもよく似たタイプがあるので、ぜひ検討枠の中に含めてください。

テイルウォーク(tailwalk) troutia 83MH 17294

テイルウォーク(tailwalk) troutia 83MH 17294

最安値価格
¥17,600(amazon)

Amazonへ ¥17,600

楽天市場へ ¥17,600

Yahoo!へ ¥27,600

テイルウォークブランドからリリースされている、ネイティブトラウトゲーム用のスピニングロッドです。

長さが8.3ft=2.52984mなので、サクラマス釣りに適しているでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は128cmになりますから、釣り場への持ち運びはとても便利です。

自重は138gと軽めで取り回しが良く、適合するルアーウエイトは最大で28gです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大で14lbになっています。

実際に手に取ってみると、とてもしなやかで曲がり込みが美しく、サクラマスのバイトを弾いてしまうことは抑えられるでしょう。

質感のあるコスメなので、長く手元に置いてサクラマス釣りを楽しめるはずです。

実売価格は1万円台と、とてもコスバ優秀な価格設定になっています。

サクラマス釣りに適したロッドを駆使して銀色の魚体に出会おう!

サクラマス釣り用のロッドの選び方や、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

河川では遊漁料を支払って釣りをしなければならない場合があるので、事前に確認し遊漁券を購入してから、釣り幅に立つようにしましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング