ロッドのアップ写真

シルバークリーク トラッドは2024年新発売のネイティブトラウトゲーム用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

渓流域で繰り広げられるトラウトゲームを楽しむには、操作性の高いロッドが必要不可欠です。

2024年にダイワからリリースされる、シルバークリーク トラッドなら、スタンダードなラインナップが揃っているので、安心してアプローチできるでしょう。

その特徴について、詳しくご紹介します。

シルバークリーク トラッドとは

シルバークリーク トラッドとは、2024年ダイワからリリースされる、ネイティブトラウトゲーム用ロッドのことです。

源流・渓流域や小規模な水路などで活躍する、ショートレングスなスピニングロッド4機種とベイトロッド2機種の、計6機種がラインナップされています。

スペックは、スタンダードモデルを目指していて、ブランクスにはHVFナノプラスを採用。

HVFナノプラスは、レジンの量を減らしてカーボン繊維の密度を高めた、高密度HVFカーボンを利用しています。

軽量化に加えて、高強度化も実施しているカーボンシートなので、ネイティブトラウトゲームにマッチしたブランクスに仕上がっているでしょう。

それをX45で、周囲から巻いています。

X45とは、45°のバイアスクロス=±45°に斜行したカーボン繊維などで巻く構造のこと。

これにより、ネジレを防止し、パワー・操作性・感度の飛躍的な向上を実現しています。

継目には、定評の高いV-ジョイントを採用しています。

シルバークリーク トラッドには、天然木のリールシートと細身のグリップが付いています。

ダイワのシルバークリーク グラスプログレッシブシリーズと同じリールシートを使っています。

天然木には、金属パーツ・ブランクスの相性のいい、明るいトーンのウッド素材が採用されています。

ブランクスに配置されたガイドには、フライロッドに使われている透け糸のスレッドを採用しています。

ダイワのトラウトゲーム用ロッドでは初の採用で、美しい外観に仕上がっています。

シルバークリーク トラッドシリーズのスピニングロッド4機種!

シルバークリーク トラッドには、スピニングロッドが計4種類用意されています。

●48UL・・・全長1.42mでセンターカット2ピース仕様、仕舞寸法は74cmです。

ウエイト68gで、ブランクスの先径/元径は1.3/7.4mm。

最大7gまでのルアーを背負えて、モノフィラメントラインなら6lbまで、PEラインなら0.3号から0.6号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%です。

源流や沢などのピンスポットを射抜くのに適しています。

●410L・・・全長1.47mで、仕舞寸法は76cm。

ウエイト71gで、10gまでのルアーをキャストできます。

モノフィラメントラインなら6lbまでで、PEラインなら0.8号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91%です。

小渓流でミノーイングをおこなうためのスペシャルモデル。

●53UL・・・全長1.60mで、仕舞寸法は83cm。

ウエイトは72gで、7gまでのルアーを背負えます。

モノフィラメントラインなら6lbまでで、PEラインなら0.6号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、86%です。

山岳部の渓流から開けた里川まで対応可能なオールラウンダー。

●56L・・・全長1.68mで、仕舞寸法は87cm。

ウエイト81gで、10gまでのルアーが使えます。

モノフィラメントラインなら8lbまでで、PEラインなら0.8号まで対応。

ブランクスのカーボン素材含有率は、85%です。

中流域の開けた場所を攻略できるスタンダードモデル。

シルバークリーク トラッドシリーズのベイトロッド2機種!

シルバークリーク トラッドには、ベイトロッドが2機種用意されています。

●46ULB・・・全長1.37mで、仕舞寸法は71cm。

ウエイトは69gで、7gまでのルアーをキャストできます。

モノフィラメントラインなら6lbまでで、PEラインなら0.8号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91%です。

源流から小渓流までを、ピン打ちで攻略するのに向いています。

●51LB・・・全長1.55mで、仕舞寸法は80cm。

ウエイトは72gで、10gまでのルアーを背負えます。

モノフィラメントラインなら8lbまでで、PEラインなら0.8号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%です。

渓流から開けた里川までの場所を、幅広く釣ることができます。

シルバークリーク トラッドに装着してみたいおすすめのリールを選んでみた!

シルバークリーク トラッドに装着してキャストしてみたくなる、おすすめのリールをご紹介しましょう。

まずは、スピニングリールから。

1000番から2000番サイズの番手なら、さまざまなシチュエーションで活躍してくれるはずです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 イグジスト LT2000S-H(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 22 イグジスト LT2000S-H(2022モデル)

最安値価格
¥79,628(amazon)

Amazonへ ¥79,628

楽天市場へ ¥82,000

ダイワからリリースされている小型軽量スピニングリール・イグジストシリーズのラインナップから、LT2000S-Hを選んでみました。

ギア比は5.8対1なので、ハンドル1回転につき76cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は、5.0kgです。

ウエイトは155gと軽く、スプール径は42mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを150m、PEラインなら0.4号を200m巻けます。

ハンドルアームの長さは45mmで、ボールベアリングは12個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて剛性感のある巻き心地を体感することができました。

ローター回転も滑らかで、ドラグレスポンスも軽快そのものです。

リトリーブが安定しているので、トラウトのショートバイトを手元でとらえやすいでしょう。

実売価格は7万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

長く使い続けたい1台を探しているなら、ぜひ手に取ってハンドルを回してみてください。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6L(2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6L(2020モデル)

最安値価格
¥32,212(amazon)

Amazonへ ¥32,212

楽天市場へ ¥34,957

Yahoo!へ ¥34,341

ダイワから発売されているベイトフィネスリール・アルファスAIRシリーズの中から、エクストラハイギア仕様の左巻きハンドルモデルを選んでみました。

ギア比は8.6対1なので、ハンドル1回転につき75cmのラインを回収することができるように作られています。

ウエイトは160gで、最大ドラグ力は3.5kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを45m巻けます。

ハンドルの長さは80mmで、スプール径は28mm。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、クラッチの切れはスムーズで、スプール回転も滑らかに感じました。

ハンドルの巻き心地は軽快ですから、連続キャストしてリトリーブを繰り返すのに向いています。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

ベイトフィネスリールなら、放出したラインをひねらずに回収することができますから、糸ヨレ防止に最適です。

PEラインをスプールに巻く場合は、ショックリーダーラインを結んで、根ズレ対策を講じてください。

シルバークリーク トラッドの気になる発売日はいつ?

シルバークリーク トラッドの気になる発売日は、2024年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、38,000円から40,000円です。

日本各地の渓流域が解禁になるまでに、ネイティブトラウトゲーム用のタックルを準備しておきましょう。

新しいロッドに切り換えるつもりなら、このシルバークリーク トラッドシリーズをぜひ手に取ってみてください。

ミノーやスピナーなどの専用ルアーも、いろいろ使ってみましょう。

新製品の関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング