釣り人とロッドのアップ写真

ビッグベイト用ロッドの選び方特集!おすすめのアイテム+ベイトリールもチェック

FISHING JAPAN 編集部

200mm前後のボディサイズを誇る、ジョイント構造のビッグルアーが多くのアングラーから注目を浴びています。

その名は、ビッグベイト。

シーバスもバスも釣れるこのアイテム、100gを超えるウエイトのものもあるので、通常のロッドではほとんど対処できません。

そこで取り上げるのが、ビッグベイト用ロッドです。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ビッグベイト用ロッドとは

ビッグベイト用ロッドとは、重いウエイトのビックベイトをロングキャストして操れるロッドのことです。

太くて剛性・耐久性がないと太刀打ちできませんから、基本的にはベイトロッド一択となるでしょう。

スピニングロッドでは、太いラインや重いビッグベイトを操ろうとすると、ロッドティップやガイドなどの各部に負荷が掛かり過ぎ、最悪の場合破損してしまうかもしれません。

そもそも適合するルアーウエイトが、スピニングロッドの場合は上限を遥かに超えているのでしょう。

当然ベイトロッドからビッグベイト用のものを選ぶときも、許容ルアーウエイトの上限はしっかり守るようにしましょう。

それから、選ぶロッドの長さにも注目してください。

立ち位置から近距離のポイントを狙うなら、あまり長いブランクスのロッドは要りません。

具体的には、6ft台のビッグベイト用ベイトロッドでじゅうぶん対応可能となります。

もし遠くのポイントまでビッグベイトを届けたいなら、7ftを超える長いブランクスのベイトロッドを手に取ってください。

そしてブランクスの硬さ・張りにもこだわりましょう。

ふにゃふにゃの柔らかいブランクスでは、飛距離はもちろん、加えるロッドワークもスポイルされてしまいます。

やはりHパワー以上の硬さのあるブランクスでないと、ビッグベイトを操作しづらいかもしれません。

ブランクスのテーパーは、レギュラーテーパーやスローテーパーのほうが、胴に乗せてのロングキャストを実践しやすいでしょう。

ファーストテーパーになると、繊細なロッドワークをビッグベイトに伝えることができます。

でもよく考えると、ビッグベイトを細かくシェイクするような使い方はほとんどしないので、トゥイッチやジャークだけなら、レギュラーテーパーやスローテーパーでも実施可能です。

もうひとつビッグベイト用ロッドで注目したいのは、ウエイトです。

あまりに軽過ぎると、ブランクスが薄くなって折れる危険性が高まります。

かといって重過ぎると、一日中ロッドを振り回すのが困難になるかもしれません。

ビッグベイト用ロッドでボートシーバスをやってみた!

ビッグベイト用ロッドを使って、シーバスを狙ってみました。

ボートシーバスのガイド船に乗って感じたのは、あまりに長いブランクスだと、同船者にビッグベイトが接触してしまうかも!という点。

これはとても危険なので、パワーはあってもショートレングスなブランクスのほうが、気兼ねなくキャストを続けることが可能です。

今日は乗船者が多いな!と判断したら、ロッドティップをボートから突き出し海面に向けて下げて、アンダーハンドキャストでビッグベイトを送り出すようにしましょう。

それでもじゅうぶんな飛距離を出せることがありますから、船長さんやガイドスタッフさんと相談しながら、アプローチスタイルを決めてください。

ビッグベイト用ロッドを操ってバスを誘ってみた!

ビッグベイト用ロッドを使って、ショアからバス釣りを実践してみました。

こちらも周囲に他のアングラーが居ないのを確認してから、フルキャストを実践。

両足でしっかり踏ん張ってキャストするので、とんでもなく飛距離が伸びていきます。

カバーを直接撃つ釣り方よりも、水中に沈んでいる地形変化の上で、ビッグベイトを躍らせる感じがいいかもしれません。

河川のような流れのある釣り場なら、フローティングタイプのビッグベイトを用意して、その流れに乗せてみてください。

時折ラインを張っては緩めて、ビックベイトの鼻先の向きを変えてみます。

そうすると、水流の当たり方が変わり、独特なローリングアクションを引き出せたり、平打ちをしたりします。

まるでベイトフィッシュが、その身を震わせながら流れていくような動きですから、ビッグバスの興味を引き付けるのにじゅうぶんでしょう。

下流エリアまで流れたらリトリーブを開始、S字スラロームアクションやダイビングアクションを駆使しながら誘いをかけてみてください。

何度かそういうアプローチを繰り返していると、真下から豪快にバスが食い付いてきました。

お腹側のトレブルフックに掛かることが多いので、常にフックを確認して、ハリ先が鈍っているようならすぐに交換してください。

シマノ(SHIMANO) フリースタイルロッド 23 ディスラプション BIG BAIT C610-XX

シマノ(SHIMANO) フリースタイルロッド 23 ディスラプション BIG BAIT C610-XX

最安値価格
¥56,049(Yahoo!)

Amazonへ ¥56,200

楽天市場へ ¥56,754

Yahoo!へ ¥56,049

ダイワ(DAIWA) リベリオン 652XHSB-SB センターカット2ピース ベイトキャスティングモデル

ダイワ(DAIWA) リベリオン 652XHSB-SB センターカット2ピース ベイトキャスティングモデル

最安値価格
¥20,960(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,253

楽天市場へ ¥21,299

Yahoo!へ ¥20,960

ビッグベイト用ロッドに装着したいおすすめのリールを選んでみた!

ビッグベイト用ロッドに装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトリールをご紹介しましょう。

まずは、シマノから。

丸型ベイトリールのカルカッタコンクエストシリーズに、300番サイズのMD=モンスタードライブ仕様が追加ラインナップされました。

まさにビッグベイト用として、使わずにはいられないスペックで出来ています。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 カルカッタコンクエスト MD 300XG (右ハンドル) ルアーキャスティング

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 カルカッタコンクエスト MD 300XG (右ハンドル) ルアーキャスティング

最安値価格
¥48,900(楽天市場)

Amazonへ ¥49,307

楽天市場へ ¥48,900

シマノからリリースされている高剛性・高耐久性ベイトリール・カルカッタコンクエストシリーズの中から、MD300番サイズのエクストラハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は7.5対1なので、ハンドル1巻きにつき101cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は8.0kgで、ハンドルの長さは45mm。

ウエイトは335gで、スプール寸法は直径が43mm、幅が22mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを135m、PEラインなら5.0号を140m巻けます。

ボールベアリングは、11個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ズッシリと重みは感じるものの、巻き心地は滑らかでクラッチの切れにも安定感があります。

スプール回転は滑らかですから、太いラインを上手く放出して、ビッグベイトを遠くまで飛ばしてくれるでしょう。

ブレーキシステムに工夫があり、シマノ得意の遠心ブレーキをマグネットブレーキで制御しています。

これならバックラッシュトラブルを抑えやすく、ビッグベイトのフルキャストも実践しやすいでしょう。

実売価格は4万円台と、ハイスペックならではの価格帯に収まっています。

ダイワ(DAIWA) 21 タトゥーラ TW 300XH

ダイワ(DAIWA) 21 タトゥーラ TW 300XH

最安値価格
¥28,257(Yahoo!)

Amazonへ ¥30,415

楽天市場へ ¥28,954

Yahoo!へ ¥28,257

ダイワから発売中のロープロファイルデザイン系ベイトリール・タトゥーラTWシリーズの中から、300番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は8.1対1ですから、ハンドル1回転につき109cmものラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は11kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら25lbを145m、PEラインなら5.0号を160m巻けます。

ウエイトは325gで、スプール径は43mm。

ハンドルの長さは110mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、低い姿勢でパーミングしやすく、飛距離はよく伸びてくれます。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

ビッグベイト用ロッドを使いこなして大型魚を釣り上げよう!

ビッグベイト用ロッドの特徴や選び方、そこに装着してみたくなるおすすめのベイトリールもご紹介しましたが、いかがでしたか?

バス釣りにマッチしている専用ロッドは多いものの、シーバスゲーム専用がやや少なく感じます。

バス・シーバス兼用で使っている人は、まだまだ多そうですから、もっと新しいロッドを見てみたいものです。

ビッグベイトの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

バス釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング