ルアーのアップ写真

スリークマイキー115SRは2023年新登場のジョイント系シャローランナー【ジャッカル】

FISHING JAPAN 編集部

2023年ジャッカルから、新しいジョイントベイトがリリースされます。

その名は、スリークマイキー115SR。

オリジナルのスリークマイキーとどこが異なっているのか、詳しい特徴や使い方についてご紹介しましょう。

スリークマイキー115SRとは

スリークマイキー115SRとは、2023年にジャッカルから新発売される、ジョイント式のフローティング・ビッグベイトのことです。

全長は115mmですから、リザーバーなどに棲息しているベイトフィッシュそっくりのボリュームになっています。

ウエイトは19gなので、通常のバス釣り用ベイトタックルでキャストできてしまうでしょう。

新たにこのルアー専用のタックルを手持ちしなくても済むのは、オカッパリアングラーにとって大きなメリットかもしれません。

スリークマイキー115SRのSRとは、シャローランナーの略。

オリジナルモデルの潜行深度が最大で2.0m前後だったのに対し、こちらは1.5m程度に抑えられています。

それぐらいの深さが広がるシャローエリアで、引っ掛かり・根掛かりを気にせずにキャスト&リトリーブを繰り返せるように設計されているわけです。

クランクベイトにリップ角の違いが設けられていたように、スリークマイキーシリーズにも扱いやすく設定されたということでしょう。

スリークマイキー115SRの最後尾に注目してください。

フックの代わりにフェザーテールが付いています。

これにより、スローリトリーブではゆらゆらと揺らいでくれますし、ファストリトリーブではアクションがバタつくのを抑える整流の働きを担ってくれます。

より生命感溢れるルアーに仕上げるための、メーカーのひと工夫といえるでしょう。

このフェザーテールが付くことで、ジョイント部分がもうひとつ加わった感じになります。

揺らぐアクションは、バスの捕食本能を刺激して、効率よく誘いをかけるのに効果を発揮してくれるはずです。

実際にオリジナルのスリークマイキーで釣りをしていると、最後尾を甘噛みしてくるバスがいました。

そこからトゥイッチしたりポーズしたり、再びリトリーブを開始してフッキングに持ち込むことができた経験があります。

ハードルアーの水押し効果だけに頼らない、リアルな柔らかさ=生命感を纏っているのが、このスリークマイキーシリーズの強みでしょう。

内堀り構造を採用したスリークマイキー115SR!

スリークマイキー115SRの腹部には、ボディに内堀りを施しています。

つまり、ボディの内壁面に凹凸が設けられているのです。

リアルな魚の艶めかしさを演出するのに適していて、クリアな樹脂ボディによる透明感と奥行きを強調することに成功しています。

奥行きは立体的な存在感を作り出すので、思わず口を使ってしまうバスが現れても不思議ではありません。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選んでキャストしよう!

スリークマイキー115SRには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●ババタク明滅レーザーカラー

●POLピンクバックオイカワカラー

●ピンキーチャートクラウンカラー

●スリークワカサギカラー

●スリークオイカワカラー

●スリークドチャートカラー

●PHオーロラブラックカラー

●シャンパンゴールドブラックカラー

透明感のある配色は、とてもリアルでナチュラル。

内堀りが活かされているので、接近してきたバスを高い確率でバイトに持ち込めるでしょう。

膨張色系は、水質に合わせて投入したくなる配色で、ナチュラルとのローテーションを上手く活用してみましょう。

スリークマイキー115SRを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

スリークマイキー115SRをキャストしてシャローエリアを探るのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、Mパワーブランクス以上のものを採用したベイトロッドが合います。

リールは、14lbのモノフィラメントラインを目一杯巻けるベイトリールがいいでしょう。

ただし、水面に沈木の枝などが突き出ているような場所なら、20lb前後のモノフィラメントラインが欲しくなります。

そういう太いラインも大量にストックできるベイトリールなら、さまざまな釣り場に持ち込みやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ センターカット2ピース ベイト 1610M-2 バーサタイル オープンウォーターのロングキャスト 点撃ち

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ センターカット2ピース ベイト 1610M-2 バーサタイル オープンウォーターのロングキャスト 点撃ち

最安値価格
¥34,969(amazon)

Amazonへ ¥34,969

楽天市場へ ¥41,320

Yahoo!へ ¥39,752

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・ポイズンアドレナシリーズの中から、6.10ftのセンターカット2ピース仕様のものを選んでみました。

全長は2.08mと長めブランクスなので、軽く振り抜くだけで飛距離を稼げるでしょう。

仕舞寸法は106.5cmと短めなので、クルマに積み込むのも楽におこなえます。

先径は1.8mmで、適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

グリップの長さは240mmで、ブランクスはレギュラーファストテーパー。

カーボン素材の含有率は、98.6%になっています。

実際に手に取って振ってみると、とてもシャープに仕上がっている印象を受けました。

継目に曲がりの違和感はなく、しなやかにスムーズに美しい弧を描いてくれます。

これなら狙ったポイントへスリークマイキー115SRを放り込みやすいですし、フッキングの際のパワーも伝わりやすいでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

オカッパリを積極的に展開したいなら、とても重宝な1本になってくれるはずです。

ガイドは小径で揃っているのでラインが絡まりにくく、キャストをテンポよく繰り出せるのが嬉しいです。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム HG RIGHT バーサタイル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 メタニウム HG RIGHT バーサタイル

最安値価格
¥34,452(楽天市場)

Amazonへ ¥34,463

楽天市場へ ¥34,452

シマノから発売中のベイトリール・20メタニウムシリーズの中から、ハイギア仕様の右巻きハンドルを選んでみました。

ギア比は7.1対1ですから、ハンドル1回転につき76cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは175g。

スプール寸法は、直径が34mmで幅が19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを90m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、ハイギア独特のハンドル回転の重さ・引っ掛かりは無く、とてもスムーズに回せる印象を持ちました。

カチッとした剛性感が備わっているので、リトリーブそのものは安定しておこなえます。

キャストフィールは申し分なく、後半の伸びもバッチリ。

ロングキャストで意図したポイントに落としたいなら、このベイトリールをロッドに装着して釣り場に向かってください。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

長く同じ使用感をキープしたいと考えているなら、選択肢のひとつに加えていいベイトリールではないでしょうか。

2023年には深溝スプールバーションもリリースされるので、太いラインをもっと巻きたい人は、そちらを検討してみましょう。

スリークマイキー115SRの気になる発売日はいつ?

スリークマイキー115SRの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、3,080円です。

結構なハイスピードでリトリーブすると、シャローエリアの見えバスが反応して口を使ってくることがあります。

クランクベイトやミノーで経験しているので、ぜひこのスリークマイキー115SRでも試してみたいものです。

リップが何かに接触した!と感じたら、リールハンドルを回すのを素早く止められる練習をしておきましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング