ルアーのアップ写真

モアザン クロスウェイクRの引き波でシーバスを釣りたい!2023年ダイワの新作ウエイクベイト

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームを河川の絡んだ場所でおこなっていると、水面をたくさんの小魚が漂っているのに遭遇することがあります。

その正体は、イナッコ。

イナッコの群れを捕食対象にしているシーバスを狙うなら、2023年ダイワから新発売のモアザン クロスウェイクRを使ってみると面白いかもしれません。

その特徴やアプローチの方法について、詳しくご紹介しましょう。

モアザン クロスウェイクRとは

モアザン クロスウェイクRとは、2023年ダイワからリリースされる、シーバスゲーム用フローティングミノーのことです。

リップがボディと一体成型になっていて、水面に強い引き波を起こすので、ウエイクベイトと言うほうが適切かもしれません。

サイズ設定は、2種類用意されています。

短いほうが、90F-SSR。

全長90mmで、ウエイトは13.7gに設定されています。

潜行深度は、水深30cmまでで、基本的には水面に浮いた状態で攪拌を続けるように使います。

アクションはスネークロールで、水面に引き波が発生するようになっています。

フックは、6番サイズのトレブルフックが標準で装備されています。

長いほうは、111F-SSR。

全長111mmで、ウエイトは17.8gと重め。

潜行深度はこちらも最大で30cmほどで、水面を攪拌しスネークロールアクションするようにセッティングされています。

4番サイズのトレブルフックが、お腹側と最後尾に装着されています。

どちらもサイズも、小型のベイトフィッシュを模していて、シーバスの偏食傾向に合わせることができるでしょう。

モアザン クロスウェイクRには、大きなラトルルーム+ラトルボールが設置されています。

シーバスが好む重低音のビックラトルサウンドをしっかり響かせることで、集魚効果を高めているのです。

イナッコの群れの中を通す際によく目立ちますし、広範囲からシーバスを呼び込むのにも効果を発揮します。

モアザン クロスウェイクRは水面でアクションさせるルアーですが、浮力が飛び切り高いわけではありません。

浮力を若干弱く設定したことで、超デッドスローリトリーブをおこなったときに、潜行レンジが下がり気味になります。

下がったぶんだけルアーが弾かれにくく、吸い込みバイトがスムーズに口の中に入るようになります。

ワイヤーオシレート機構の重心移動システムを搭載しているモアザン クロスウェイクR!

モアザン クロスウェイクRには、重心移動システムが内蔵されています。

大型のタングステンウエイトを配置して、ワイヤーオシレート機構を後端まで貫通させているのが特徴です。

これにより、ウエイトを最後尾近くまでスムーズに運べますし、キックバック用のスプリングをハーフサイズにすることで、キャスト後半のスプリングによる押し戻しがボディ中央に留まります。

飛行中の失速を抑えられますから、飛距離アップにつながるでしょう。

ルアーでトレースする距離が伸びると、そのぶん多くのシーバスに気づいてもらいやすくなります。

水面を攪拌できる面積も広がることにつながるので、好釣果を期待できるのではないでしょうか。

合計10種類のカラーバリエーションからシチュエーションにマッチしたものを選ぼう!

モアザン クロスウェイクRには、全部で10種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●チャートバックパールカラー

●チャートヘッドイナッ子カラー

●アデル夕マズメ改カラー

●アデルダブルチャートコノシロカラー

●アデルバーニングボラコノカラー

●アデル不夜城カラー

●クリアアデルケイムラボラコノカラー

●半々チャートフャイヤーカラー

●ケイムラクリアファイヤーパールカラー

●マットライトニングカラー

視認性の高い配色が多いので、シーバスに見つけてもらいやすいでしょう。

水面に突き出た状態でリトリーブすれば、バイトの瞬間をとらえられるはずです。

モアザン クロスウェイクRをキャストして操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

モアザン クロスウェイクRをロングキャストして水面をトレースするのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、ある程度長いブランクスのほうが、飛距離を伸ばせるでしょう。

リールは、3000番を超えるサイズなら、豊富にラインをストックしてキャストを繰り返せます。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ モバイル 96M-4 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ モバイル 96M-4 釣り竿

最安値価格
¥25,280(Yahoo!)

Amazonへ ¥25,830

楽天市場へ ¥25,414

Yahoo!へ ¥25,280

ダイワのシーバスゲーム用ロッド・ラテオシリーズの中から、モバイル仕様のMパワースピニングロッドを選んでみました。

全長は2.90mと長めで、継数は4本。

仕舞寸法は、78cmにまで縮めることができます。

これならクルマに積み込みやすいですし、さまざまな釣り場へ持ち込むのも楽におこなえるでしょう。

ウエイトは149gと軽めで、先径/元径は2.1/15.2mmとやや太めの設計です。

適合するルアーウエイトは、10gから50gまでですから、モアザン クロスウェイクRの2つのモデルをカンタンに背負えます。

適合するラインは、PEラインなら0.8号から2.0号まで。

モノフィラメントラインなら、10lbから20lbまでとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に手に取って継いでみると、とてもパワフルで張りのある印象を持ちました。

重めのルアーをぶら下げても、じゅうぶん操れる強いブランクスに仕上がっています。

継目の曲がりはしなやかに安定しているので、フルキャストを繰り返しても何ら問題はないでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

防波堤エリアから河口域・サーフエリアまで、幅広いシチュエーションで活躍してくれそうです。

ダイワ(DAIWA) スピニング 21 フリームス LT4000-CXH

ダイワ(DAIWA) スピニング 21 フリームス LT4000-CXH

最安値価格
¥11,788(amazon)

Amazonへ ¥11,788

楽天市場へ ¥11,946

Yahoo!へ ¥12,344

汎用性の高いフリームスシリーズの中から、4000番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき99cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は12.0kgで、ウエイトは235gです。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を200m、モノフィラメントラインなら12lbを150m巻けます。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽やかに回転してくれる印象を持ちました。

ローター回転も滑らかで、ドラグの利きもじゅうぶんです。

ウエイトが軽いので、長い時間釣りを続けても、さほど疲れを感じてしまう展開にはなりにくいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

大型のシーバスを掛けた後は、ラインローラー周りの洗浄を丁寧におこない、オイルを足して滑りを復活させておきましょう。

ドラグの調整も実施しておけば、次回の釣行でも役立ってくれるはずです。

モアザン クロスウェイクRの気になる発売日はいつ?

モアザン クロスウェイクRの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,050円から2,150円です。

ロッドティップの角度を上方向へ構えた状態でリトリーブをおこなうと、水面もしくは表層をトレースしやすくなります。

当然引き波はしっかり出て、広範囲の水面を攪拌できるでしょう。

リトリーブのスピードもスロー・ステディ・ハイと切り換えながら、最もバイトが出やすいスピードを見つけ出してください。

釣り場の水質や風・日照によって、ころころと切り換わりますから、バイトが遠退いたかな?と感じたら積極的に変えていくのがベターです。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング