魚とロッドのアップ写真

ピュアリストは2023年新発売のコスパ優秀な渓流トラウトゲーム用ロッド【ダイワ】

FISHING JAPAN 編集部

渓流のイワナやヤマメ・アマゴなどをターゲットにするには、扱いやすいロッドが必要になります。

2023年ダイワからリリースされるピュアリストなら、スピニングモデルもベイトモデルも充実。

さまざまなシチュエーションに合わせて対応できるので、渓流トラウトゲームを満喫できるでしょう。

その特徴や詳細スペックについてご紹介します。

ピュアリストとは

ピュアリストとは、2023年にダイワから新発売となる、渓流トラウトゲーム用ロッドシリーズのことです。

スピニングモデルが4機種、ベイトモデルが2機種の、合計6機種から選べるようになっています。

ブランクスには、ダイワオリジナルのネジレ防止構造のX45を採用しています。

従来からの竿先に対して0度・90度のカーボン繊維構造に、+-45度に斜行したカーボン繊維などを巻いています。

これにより負荷に対するネジレを防いで、パワー・操作性・感度がアップしています。

多用するフリップキャストやバックハンドキャストなどを、実践しやすくなるのがメリットです。

ピュアリストの外観は、落ち着いた雰囲気のベージュ系カラーに、同系色のガイドスレッドで仕上げられています。

糸目が見えるガイドラッピングは、まるでフライロッドのような質感を生み出しています。

ナチュラルな色合いは、渓流の存在する山間部の森にマッチするでしょう。

グリップ回りは、細径のウッドリールシートで、ベイトモデルにはショートトリガーが使われています。

トリガーが短いと、手のひらの中でグリップの可動域が広がり、柔軟なロッドワークを繰り出しやすくなります。

それでは、ピュアリストのスピニングモデルの中から、最も短いものと長いものをピックアップしてみましょう。

●ピュアリスト48UL・W

全長は1.42mとショートレングスなので、渓流はもちろん源流域でも使いやすい1本にになっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は74cm。

ウエイトは79gで、先径/元径は1.3/7.4mm。

適合するルアーウエイトは、1.5gから7gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、87%になっています。

●ピュアリスト63L・W

全長1.91mと最も長いブランクスが与えられているので、ロングキャストをベースにしたオープンな場所でのアプローチに向いています。

2ピースで仕舞寸法は99cm、ウエイトは94gです。

先径/元径は1.5/8.4 mmで、適合するルアーウエイトは2gから9gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、86%に設定されています。

ピュアリストのスピニングモデル5ftレングスの2機種をチェック!

ピュアリストのスピニングモデル5ft台には、2機種が設定されています。

●ピュアリスト53UL・W

全長1.6mで継数は2本、仕舞寸法は83cmです。

ウエイトは84gで、先径/元径は1.3/7.4mm。

適合するルアーウエイトは1.5gから7gまでで、適合するラインはモノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、86%にになっています。

●ピュアリスト56L・W

全長はやや長い1.68mで、仕舞寸法は87cm。

ウエイトは87gで、先径/元径は1.4/8.4mmです。

適合するルアーウエイトは、2gから9gですから、やや重めのハードルアーを操ることができるでしょう。

適合するラインは、2lbから6lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、84%になっています。

ベイトモデルは扱いやすい長さ2機種をラインナップ!

流行りのベイトフィネスなアプローチを楽しめるベイトロッドは、2機種用意されています。

●ピュアリスト46ULB・W

全長1.37mと短く、2ピース仕様なので仕舞寸法は71cmになります。

ウエイトは70gで、先径/元径は1.6/6.4mm。

適合するルアーウエイトは1.5gから7gまで、適合するラインはモノフィラメントラインなら2lbから6lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%になっています。

●ピュアリスト51LB・W

全長1.55mで継数は2本、仕舞寸法は80cmになるベイトロッドです。

ウエイトは72gで、先径/元径は1.5/6.9mm。

適合するルアーウエイトは2gから9gまでなので、ヘビーウエイトシンキングミノーを操りやすいでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2lbから6lbまでとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、84%です。

ピュアリストと組み合わせて使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

ピュアリストに装着して渓流を攻めてみたくなる、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、スピニングリールから。

軽量・コンパクトな2000番モデルがあれば、さまざまなシチュエーションに対処できるはずです。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S

最安値価格
¥9,350(楽天市場)

Amazonへ ¥9,900

楽天市場へ ¥9,350

Yahoo!へ ¥9,552

ダイワのスピニングリール・フリームスシリーズの中から、2000番のノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.2対1なので、ハンドル1巻きにつき68cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは185gと軽めに設計されているのが特徴です。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2.5lbを200m、PEラインなら0.4号を200mまで巻けます。

ハンドルの長さは40mmと短めで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、しっかりした剛性があり、巻き心地も滑らかそのものです。

ラインスラックの解消は素早く、スプールへのラインの収まりも整然としています。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に抑えられているのが嬉しいです。

これならロッドと一緒に、購入を検討しやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R(2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R(2020モデル)

最安値価格
¥30,691(amazon)

Amazonへ ¥30,691

楽天市場へ ¥31,680

Yahoo!へ ¥30,976

ダイワのコンパクトなベイトフィネスリール、アルファスAIRを選んでみました。

ギア比は8.6対1ですから、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ウエイトは160gと軽めで、最大ドラグ力は3.5kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを45mまで巻けます。

ハンドルの長さは80mmで、スプールの直径は28mmです。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても小さくて軽いベイトリールに仕上がっている印象を持ちました。

クラッチを切ると、スプールは軽快に回転を続けてくれます。

小径スプールなので、回転の立ち上がりはとてもスムーズ。

安定した飛距離の伸ばし方を実践できますから、狙ったピンポイントへルアーを送り込みやすいでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

PEラインとのマッチングも良く、極細タイプにショックリーダーラインを結んで、キャストを繰り出してみてください。

ピュアリストの気になる発売日はいつ?

ピュアリストの気になる発売日は、2023年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、17,300円から18,800円です。

自分の釣りスタイルに合った1本を選びやすく、そこからどんどん膨らんでいく可能性を秘めています。

特にスピニングタックルオンリーでベイトタックル未経験なら、ピュアリストのベイトロッドからスタートしてみると、キャストスキルを習得しやすいかもしれません。

2023年新製品関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング