ロッドのアップ写真

ソルティーステージ プロトタイプ ツナは2023年新発売のマグロキャスティング用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

日本各地で盛り上がりを見せている、マグロのオフショアキャスティングゲーム。

2023年にアブガルシアブランドから新発売されるロッド・ソルティーステージ プロトタイプ ツナを使えば、もっと積極的に大胆に、マグロを狙えるかもしれません。

その詳細スペックについて、ご紹介しましょう。

ソルティーステージ プロトタイプ ツナとは

ソルティーステージ プロトタイプ ツナとは、2023年アブガルシアブランドから新発売となる、マグロ用オフショアキャスティングゲームロッドのことです。

設定機種は、2種類用意されているので、硬さ・張り・適合ルアーウエイトなどをチェックして、自分の釣りスタイルにマッチしたほうを選んでみましょう。

新設計のTAF=Triarchy Force製法を採用した、ナノカーボンブランクスに仕上がっています。

100%の国産カーボンを使っているので、安心して巨大なマグロと対峙できるでしょう。

ブランクスの素材はもちろん、設計や製法の全てを見直していて、ロッドの基本性能である強度・重量・感度を徹底的に性能アップしています。

CPCブランクスを採用し、DPH構造=超薄倍密度プライ構造で組み上げています。

東レ株式会社のナノアロイテクノロジーを用いたカーボン素材によって、強さと耐久性に加えて、軽量で感度の高いものが完成しました。

ナノアロイとは、東レ株式会社のテクノロジーブランド名です。

ソルティーステージ プロトタイプ ツナは、ナチュラルストレートテーパーデザインになっています。

装着しているガイドは、安定した強度が見込めるオールダブルフットフレームで、ダブルラッピングでブランクスに固定しています。

Fufji製のSiC-Sガイドリングを、KRガイドコンセプトのフレームに装着しています。

リールシートは、大型のスピニングリールに対応可能な、DPS20サイズを搭載。

ロングナット+ダウンロック仕様なので、強烈な負荷がかかっても緩みにくくなっています。

エンドグリップには、Fuji製BRC-22を装着、マグロとの長時間バトルにも耐えやすいでしょう。

グリップ自体は脱着式に作られていますから、離島遠征などに便利です。

それではソルティーステージ プロトタイプ ツナの2機種について、それぞれの詳細スペックを確認してみましょう。

ソルティーステージ プロトタイプ ツナ・XTNS-81XXXの詳細スペック!

●ソルティーステージ プロトタイプ ツナ・XTNS-81XXX

まずはブランクスの硬いほうからご紹介します。

1ピース構造で、全長は2.46mありますから、振り抜けばイメージ通り飛距離を伸ばせるでしょう。

グリップを抜いた状態の仕舞寸法は、173cmになります。

ウエイトは395gで、先径は3.15mm。

適合するルアーウエイトは、50gから180gまで。

適合するPEラインは、最大で10号までとなっています。

ショックリーダーラインは、最大で240lbまで操れます。

ブランクスのバワーはXXXで、パラボリックアクション。

最大ドラグは16kgで、ロッドティップはチューブラー構造です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%に設定されています。

メーカー希望販売価格は、52,000円です。

ソルティーステージ プロトタイプ ツナ・XTNS-84Xの詳細スペック!

●ソルティーステージ プロトタイプ ツナ・XTNS-84X

比べるとややしなやかなブランクスに仕上がっているこちらは、全長が2.54mです。

仕舞寸法は181cmで、ウエイトは372gになっています。

先径は2.85mmで、適合するルアーウエイトは、30gから140gまで。

適合するPEラインは、最大で8号までです。

ショックリーダーラインは、最大で170lbまで。

ブランクスはXパワーで、パラボリックアクション。

最大ドラグ力は12kgで、ロッドティップはチューブラーになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%です。

メーカー希望販売価格は、50,000円に設定されています。

ソルティーステージ プロトタイプ ツナに装着して使いたくなるおすすめのリールを選んでみた!

ソルティーステージ プロトタイプ ツナに装着してルアーをキャストしてみたくなる、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

まずは、ステラSWの14000番から。

エクストラハイギア仕様なので、手返しよくキャストを続けられるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ステラ SW 14000XG キャスティングゲーム ヒラマサ マグロ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ステラ SW 14000XG キャスティングゲーム ヒラマサ マグロ

最安値価格
¥100,100(楽天市場)

Amazonへ ¥101,596

楽天市場へ ¥100,100

シマノの高剛性スピニングリール・ステラSWシリーズの中から、14000番サイズを選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき134cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は18.0kgで、最大ドラグ力は25.0kgに及んでいます。

ウエイトは675gで、スプール寸法は直径が68.6mmで、ストロークが22mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12号を155m、PEラインなら8号を200m巻けます。

ハンドルの長さは80mmで、ボールベアリングは13個搭載しています。

実際に手にするのは、南洋でジャイアントトレバリーと対峙するときばかりだったのですが、日本の三重県などでマグロのキャスティングゲームが盛んになってきましたから、もっと活躍してくれるはずです。

滑らかな巻き心地は、ボディ剛性の高さによるものでしょう。

ドラグのスムーズなラインの送り出しは、大型魚を仕留めるのに不可欠です。

ハンドルは握り込みやすく、豪快なパワーゲームになっても、きっちり支え続けてくれるのが嬉しいです。

実売価格は10万円台と、ハイエンドスペックならではの価格帯に設定されています。

予備用スプールを複数用意して、太さの異なるPEラインにショックリーダーラインを結んで、大物対応できるようにしておきましょう。

ダイワ(DAIWA) 21 セルテートSW 14000-XH

ダイワ(DAIWA) 21 セルテートSW 14000-XH

最安値価格
¥64,680(Yahoo!)

Amazonへ ¥68,992

楽天市場へ ¥68,992

Yahoo!へ ¥64,680

ダイワのセルテートSWシリーズから、ターゲットにするのがキハダマグロならぴったりだろうと思う14000番モデルを選択しました。

ギア比は6.2対1で設定されているため、ハンドルを一度回すと134cmのラインがリールインされます。

最大ドラグ力は25kgを指標にしていて、商品重量は635gとなっています。

PEラインですと、6号のものを300mまで巻き上げることが可能です。

ハンドルの長さは80mmに設定され、ハンドルノブはエッグ形状のハイグリップタイプが搭載されています。

さらにボールベアリングは、全部で8個使用されています。

直接手に持ってみると、比較対象となる上級モデルの18000番とどちらを選ぶか悩んでしまうレベルです。

ハンドルの回転はスムーズだし、ローターの回転も滑らかです。

ドラグの反応も一流なので、一度マグロが敵わぬスピードで逃げ出しても、しなやかに対応することが可能です。

市場販売価格は6万円台で、購入を考慮する際に手頃な価格帯になっています。

マグロをうまく釣り上げるためには、大きな負荷に耐えなければならないので、各部品の締め具合のチェックは必須ですし、オイルやグリスの充填も適切に行うことが重要です。

ソルティーステージ プロトタイプ ツナの気になる発売日はいつ?

ソルティーステージ プロトタイプ ツナの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、50,000円から52,000円です。

ダブルラッピングて補強しているガイドフレームですが、マグロが掛かると強烈な負荷に見舞われます。

海水が付着したまま放置すれば、次回のマグロ釣行でトラブルが発生してしまうかもしれません。

濡れタオルを絞って、丁寧にガイド周りの拭き取りメンテナンスを実施するように心がけたいものです。

アブガルシアの関連記事はこちら

キャスティング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング