リールのアップ写真

新スピニングリール【レボSPビースト】2023年アブガルシアから登場!

FISHING JAPAN 編集部

2023年には、各釣具メーカーから新しいスピニングリールが登場予定です。

当然アブガルシアからも、期待のスピニングリール・レボSPビーストがリリースを待っています。

いったいどのようなスペックになっているのか、詳しくご紹介しましょう。

レボSPビーストとは

レボSPビーストとは、2023年アブガルシアブランドから新発売されるスピニングリールのことです。

機種設定は、全部で8種類ラインナップされています。

最も小さいものは1000番サイズで、アジングゲームやトラウトゲームに活用できるでしょう。

最も大きなものは4000番サイズで、ショアジギングゲームなどで活躍してくれるはずです。

ギア比は、5.1対1のノーマルギアと、6.1対1のハイギアの2種類が用意されています。

ただし、1000番モデルはノーマルギアのみ、3000番・3000M番・4000番はハイギアのみの設定となっています。

ウエイトは、181gから225gまでですから、かなり軽めで扱いやすい印象です。

ボールベアリングは、10個搭載されています。

レボSPビーストは、コンパクトな左右非対称ボディを採用しているのが特徴です。

ハンドル軸を中心に回転するメインギアが左側に存在していますが、これをシンプルに覆って不要なスペースを排除したデザインです。

ボディの強度を落とすことなく、軽量でコンパクトなボディに仕上がっています。

それから、アルミ製の大口径ドライブギアを搭載しています。

従来のアブガルシア・スピニングリールと比較して、最大117%の大径化を実現。

耐久性のアップや巻き上げをトルクフルなものに変えています。

アブガルシア独自の精密マシン加工が施されているので、高強度なアルミ製ギアにはじゅうぶんな耐久性が備わっています。

腐食にも強く、巻き心地の滑らかさも生み出してくれるでしょう。

メインシャフトの支持構造が変わったレボSPビースト!

レボSPビーストのメインシャフトに注目してください。

支持構造を改良したことにより、ハンドルの巻き上げが軽くなっています。

具体的には、メインシャフトを高摺動ブッシュで支持。

回転するピニオンギアと前後に動くメインシャフトの間に隙間が発生していて、ギア内側への接触摩擦を無くす=フリクションフリー状態に仕上がっているのです。

ロングキャストして潮目を通す際に、微細なアタリや潮の変化を感じ取れるかもしれません。

巻きのベースから、出来る限りザラッとした感触を取り除くと、高い手元感度につながってくれるはずです。

ワンピースデュラメタルボデイのレボSPビースト!

レボSPビーストのボディカバーにも、工夫が盛り込まれています。

ボディカバー部分を、ボディに一体化=ワンピース化しました。

それにより、ボディ全体のサイズ・重量の最適化を実現。

ドライブギアをひとつのパーツで支持することになるので、軸心のブレを抑える役割を担っています。

また新開発のC6 V-ローターは、小径のアーバー部分とV型形状のウイングで構成。

強度を失うことなく軽量化と低慣性モーメントを得ることに成功しています。

レスポンスよく回るローターが、安定したリトリーブを引き出してくれるでしょう。

レボSPビーストを装着して使ってみたくなるおすすめのロッドを選んでみた!

レボSPビーストを装着して、さまざまな釣りに使ってみましょう。

おすすめのロッドを2本ご紹介します。

まず1本めは、ライトソルトウォーターゲームから。

アジングに用いるとしたら、2000番サイズがピッタリ合うでしょうか。

レボSPビーストの2000番には、ノーマルギアとハイギアの2種類が用意されています。

安定したただ巻きリトリーブを実践したいなら、ノーマルギアが向いているでしょう。

ロングキャストで広範囲を手早くトレースしたいなら、ハイギアの手返しの良さに頼りたくなります。

釣り場のシチュエーションをよく観察して、そこにマッチしたギア比を選びたいものです。

34 ガイドポスト LHR-62

34 ガイドポスト LHR-62

最安値価格
¥20,350(amazon)

Amazonへ ¥20,350

楽天市場へ ¥20,350

Yahoo!へ ¥20,350

人気のライトソルトウォーターゲームを手掛けている34から、ベーシックなアジングゲーム用スピニングロッドを選んでみました。

ロッドティップはソリッド仕様になっていて、全長は1.88mです。

極端にショートレングスに振っていないので、ロングキャストも絡めた使い方ができるのがメリットでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は98cmにまで縮まります。

この長さなら、クルマへの積み込みもスムーズにおこなえますし、防波堤や磯場などの釣り場へ持ち込むのも楽です。

適合するルアーウエイトは、0.3gから2.0gまで。

主に軽量なワームリグを使うことになりそうです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら0.9lbから2.0lbまで対応可能です。

実際に手に取って継いでみると、とても軽くてしなやかに曲がるイメージを受けました。

操作性はバツグンで、アジングゲーム初心者の人でも、安心して振り込めるはずです。

ガイドにはラインが絡まりにくく、連続してキャストを繰り出すのにも適しています。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

6ftを超える長さなので、アジングゲームはもちろん、メバルやメッキ・カマスなどをターゲットに釣りを楽しむこともできます。

バイトを手元で感じたら、ロッドを振り上げるのではなく、リールハンドルを回してラインを真っ直ぐに張りましょう。

そうすることでフックが外れにくく、そこからの追いアワセも有効になります。

ただしドラグ調整は入念に実施しておき、アワセ即ラインブレイクにならないように対策しておきたいものです。

ジグ単などの軽量ワームリグは、ブランクスのバットに近いガイド足に、フックを引っ掛けるようにしましょう。

ワームリグをフリーにしたまま移動を繰り返すと、思わぬタイミングで引っ掛けてしまうケースが発生します。

ロッドティップやガイドを傷めることになるかもしれませんので、じゅうぶん注意してください。

ショアジギングロッド スピニング ソルティーフィールド SFS-962M

ショアジギングロッド スピニング ソルティーフィールド SFS-962M

最安値価格
¥8,057(Yahoo!)

Amazonへ ¥9,411

楽天市場へ ¥8,224

Yahoo!へ ¥8,057

アブガルシアブランドからリリースされているソルティーフィールドシリーズの中から、ショアジギングゲームに使えるスピニングロッドを選んでみました。

全長は9.6ftで2ピース仕様、仕舞寸法は148.2cmです。

クルマに積み込む際に、干渉してしまうかもしれないので注意して扱いましょう。

ウエイトは162gで、先径は1.7mmに設計されています。

適合するルアーウエイトは、7gから45gまでですので、ライトショアジギングがメインになりそうです。

適合するPEラインは、0.8号から1.5号までで、ショックリーダーラインは最大24lbまで使うことが可能です。

実際に手に取ってみると、とても軽くて適度な張りの備わったブランクスという印象です。

グリップ周りは細くて握りやすいので、フルキャストして支えるのに向いているでしょう。

実売価格は8千円台と、とても低価格な設定に収まっています。

3000番から4000番のレボSPビーストを装着して、ロングキャストできるように練習を重ねてみましょう。

レボSPビーストの気になる発売日はいつ?

レボSPビーストの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、28,500円から30,500円です。

さまざまなシチュエーションで使えるように、幅広いサイズの機種が用意されているのが嬉しいです。

2500番辺りからスタートすると、対応できる釣りの種類が多く、重宝するかもしれません。

スピニングリールの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング