ワームのアップ写真

モアザン シーバスロデム ミニは2022年新発売のシーバス用リアルシャッドワームセット!

FISHING JAPAN 編集部

リアルなデザインとカラーが施されたシャッドテールワームに、専用のジグヘッドがセットされたのが、モアザン シーバスロデム ミニです。

2022年に新登場の2.7inchサイズは、シーバスが好むベイトフィッシュのボリュームにぴったり。

その特徴やアプローチ方法、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

モアザン シーバスロデム ミニとは

モアザン シーバスロデム ミニとは、2022年ダイワからリリースされる、専用ジグヘッド+シャッドテールワームのことです。

シーバスゲームでは、ハードルアーがメインで展開されることが多いですが、釣り場のシチュエーションによっては、ワームを用いたアプローチが効きます。

タフコンディションやシーバスがスレているときなどに、ぜひ使ってみたいアイテムといえるでしょう。

例えば、荒天で波消しブロックなどの隙間に、バックでシーバスが入ってしまって、頭だけ突き出しているとき。

ひと口サイズのシャッドテールワームが、移動距離の短い間にしっかりアクションすると、半身を飛び出してバイトしてくることがあります。

ハードルアーでは目の前を通り過ぎてしまうだけ、そんな状況を打破するための一手として使ってみましょう。

全長は2.7inchで、専用ジグヘッドのウエイトは、7gと10gの2種類から選ぶことができます。

重いほうがよく飛ぶ!という着想より、ひとつ下の層をトレースしやすいと考えたほうがいいかもしれません。

潮の流れが強いケースでも、重いほうが扱いやすいでしょう。

徹底して食わせたいときには、軽いほうを選択して、丁寧に誘いをかけるように展開したいものです。

ワーム部分は、三角形の断面+ブーメランのようなへの字ボディ形状に作られています。

キャストしてただ巻きすると、ベイトフィッシュが泳いでいる感じを出しやすく、ジャークさせると左右に大きくダートするようになっています。

いわゆるワインド釣法を実践することが可能なので、シーバスに気づいてもらう確率が高まるでしょう。

ダックフィンのような極小テールは、微振動を発生させるのに向いていますから、ワインド釣法の中にスローリトリーブを交えたりしながら、誘いをかけてみることをおすすめします。

モアザン シーバスロデム ミニのジグヘッドにも注目!

モアザン シーバスロデム ミニのジグヘッド部分に注目してください。

その下側=腹部には、トレブルフックを装着することが可能なアイが設置されています。

当然フッキング効率が上がりますし、ショートバイトが頻発するようなシチュエーションを攻略するのに向いているでしょう。

またベイトフィッシュそっくりのリアルシェイプなデザインに作られているので、ワームとのつながりが良く、スレたシーバスにも効きそうです。

流行りのフッ素コート系トレブルフックを装着すれば、シーバスの甘噛みのようなアタリも、上手くフックアップできるかもしれません。

全部で8種類のカラーバリエーションから選択可能!

モアザン シーバスロデム ミニには、合計で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

レッドヘッドなどの定番カラーもあれば、ラメを活かしたカラーも用意されていて、積極的にローテーションしたくなるものが多いです。

●イナッ子カラー

●ウルメイワシカラー

●オレンジゴールドカラー

●ケイムラチャートバックパールカラー

●ケイムラレッドヘッドカラー

●セグロイワシカラー

●不夜城カラー

●マイワシカラー

ウルメイワシカラーは、本物のうるめいわしにしか見えない質感を纏っています。

ハードルアーで反応の鈍いシーバスに遭遇したら、ぜひ試してみたいものです。

モアザン シーバスロデム ミニをキャストして誘いをかけるのにおすすめのタックルをピックアップ!

モアザン シーバスロデム ミニを操作して食わせるのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ウエイトが軽めなので、操作性が高くロングキャストも狙えるスピニングロッドがマッチします。

あまり長いブランクスでないほうが、繊細なロッドワークを繰り出せるでしょう。

8ftから9ft程度の長さで、MLパワー前後のブランクスなら、モアザン シーバスロデム ミニのアクションを活かせるのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド シーバスハンターX 90ML 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド シーバスハンターX 90ML 釣り竿

最安値価格
¥12,800(amazon)

Amazonへ ¥12,800

Yahoo!へ ¥21,100

ダイワから発売中の、シーバスゲーム専用スピニングロッドです。

全長は2.74mなので、取り回しよく扱える長さになっています。

2ピース構造で仕舞寸法が142cmですから、さまざまな釣り場へ持ち込みやすいでしょう。

自重は145gと軽めで、ロッドワークを繰り出しやすく、長い時間の釣行でも疲れにくいのがメリットです。

先径/元径は、1.8/12.4mmとやや太目。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまでカバーしていますから、モアザン シーバスロデム ミニの2種類のウエイトも操りやすいです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで、PEラインなら0.6号から1.5号までです。

実際に手にして握ってみると、細身のグリップで保持しやすく、細やかなロッドワークにもじゅうぶん対応可能な印象です。

縦ジャークはもちろん、トゥイッチにも俊敏に反応し、ブランクスがブレ続けることはありませんでした。

ガイドバランスも曲がりにきっちり追従していて、無理なく曲げられる感じです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

少し柔らかめなブランクスなので、長くて硬いロッドも欲しくなります。

販売価格が安いことで、2本購入することも視野に入れやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT3000S-CXH (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT3000S-CXH (2020モデル)

最安値価格
¥28,500(amazon)

Amazonへ ¥28,500

楽天市場へ ¥28,730

Yahoo!へ ¥28,546

トータルウエイトの軽いルビアスシリーズなら、3000番モデルでも200gを切る設定になっています。

長時間キャストを続けることの多いシーバスゲームで、この軽さは武器になるでしょう。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1回転につき93cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は180gとかなり軽めで、疲れずにルアーを操り続けることが可能でしょう。

最大ドラグ力は10.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら6lbを150m巻けます。

PEラインなら、0.8号を200m巻いてアプローチできます。

ボールベアリングは9個搭載していて、ハンドルの長さは55mmです。

実際に手に取って使ってみると、ローターの回転は軽やかで、ラインスラックを素早く拾うのに適しています。

細いPEラインとのマッチングは良く、糸ヨレ等のトラブルを抑えながら使えるようになっています。

ドラグのレスポンスも良好で、ラインを出しつつシーバスを弱らせて、水面まで浮かせることが可能です。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

0.8号前後のPEラインに、2号前後の太さのショックリーダーラインを結べば、操作性が向上します。

ロッドワークに対して上に跳ね上がるようなアクションになるので、根掛かりを防ぎながらアプローチしたい人は、PEラインがおすすめです。

モアザン シーバスロデム ミニの気になる発売日はいつ?

モアザン シーバスロデム ミニの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、900円です。

独特のへの字ボディですから、左右へ飛ぶようなダートアクションが期待できます。

追従してきたシーバスの視野から、一瞬で消して一瞬で戻せることになり、バイトを誘発するチカラはかなり高いといえそうです。

2022年モデルの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

モアザン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング