リール 写真

ブラックバス用のスピニングタックル特集!おすすめロッド・リール・ラインをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ブラックバスを手堅く釣ろうと思ったら、エサっぽい小さめワームをキャストしやすいスピニングタックルがおすすめです。

エサを探していそうなブラックバスをシャローエリアで探し出して、その進行方向にルアーを正確にキャストしてみましょう。

スピニングタックルなら、初心者の人でも扱いやすいですし、ベテランアングラーも多くの用途に対応できますよ。

ブラックバス釣りに使うスピニングタックルは種類・数ともに多い!

さまざまなスピニングタックルが、ブラックバス釣り用として各メーカーからリリースされています。

あまりに数が多いので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

選ぶ際の基準・目安となるものが、やはり必要でしょう。

ここでは、ブラックバス釣りにおすすめのスピニングロッド・スピニングリール・ラインをご紹介します。

ブラックバス用おすすめスピニングタックル・スピニングロッドはこちら

ロッド全体(バット部〜穂先まで)にクロスラッピングで補強されています。ですのでシャッキリとした振り心地ですし使いやすい。感度良好な印象 
継目がスピゴットフェルール【印籠継ぎ】です。
精度良いですよっ。

出典:amazon

ブラックバス用のスピニングロッドは、軽くて操作性の高いものが多いですね。

あまり繊細なロッドティップのものを選ぶと、ブラックバスを掛けたときに大胆なやり取りがしにくくなります。

ライトからミディアムライト程度のパワーで、6.5フィート前後の長さなら振り回しやすいでしょう。

2ピース構造にすると、おかっぱりのときに持ち運びが便利ですよ。

ブラックバス用おすすめスピニングタックル・スピニングリールはこちら

軽い、飛ぶ、カッコいいとお値段以上の性能で非常にコスパ高いです。バスを釣る事に関しては全く不満はありません。

出典:amazon

LTコンセプトを搭載したタトゥーラのスピニングリールは、その軽さとタフによってブラックバス釣り全般に対応できるモデルとなっています。

ダウンショットリグやノーシンカーリグなども操りやすく、キャストしてイメージ通りの飛距離を稼ぐことができますよ。

ドラグの利きや出もスムーズで、コスパ優秀と評価されるのが理解できる出来映えです。

ブラックバス用おすすめスピニングタックル・各種ラインはこちら

分は、フロロのないときからバス釣りをしてますが、初期のフロロに比べて大分良くなっているようにおもいました。
初めはナイロンなんじゃないかとおもいました。それくらいしなやかです。
スピニングに使えば、糸よれによるトラブルは、昔ながらのフロロと比べて1/5位な感じです。
少し感度は良くないのかな?
根ずれにもつよいようです。
気にせず細いラインでストラクチャーを狙ってます。

出典:amazon

クレハが作るフロロカーボンラインは、硬過ぎずにしなやかです。

それ故にスピニングリールのスプールによく馴染み、ライン放出時もほとんどトラブルが発生しなくなっていますよ。

極端に軽いルアーやリグをキャストし続けると、糸ヨレの危険性は高まりますが、それでもこれまでのフロロカーボンラインと比べれば、とても扱いやすい印象を受けます。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング