リグ 写真

ヘコリグのセッティング方法!琵琶湖で流行りのヘコリグをマスターしよう

FISHING JAPAN 編集部

ヘコリグって名前を聞いたことがありますか?

琵琶湖発で流行り始めたリグで、シンカーとフックとスイベルを、スプリットリングで直結してしまうセッティングのようですね。

となると、いわゆるリーダーレスダウンショットリグ、もしくは直リグとよく似ていることになります。

ヘコリグを使うポイント

ヘコリグは、ウィードエリアなどのルアーが引っ掛かりやすいところで用いるのに便利なリグです。

ダウンショットリグでは、リーダー部分がウィードに絡まって、手返しよくスムーズに操ることが難しくなります。

しかもラインのヨレが発生してしまうと、フッキング時にラインブレイクするかもしれません。

スイベル付きでラインのヨレを解消

ヘコリグなら、バス釣り実釣時のさまざまなトラブルを未然に防いでくれますよ。

スイベルが付いているおかげで、ラインのヨレすら解消します。

これなら安心してビッグバスとのやり取りに集中できますね。

名前の由来は、ヘコヘコした動きを出すから、ヘコリグらしいですよ。

ヘコリグの作り方

ヘコリグの作り方は、とてもカンタンです。

フックとスイベル、スプリットリングにシンカーを用意すればOK。

それぞれをスプリットリングでひとまとめにすれば完成です。

その際注意すべきなのは、フックの向き。

ベントが下に、ハリ先が上に来るようにセットしてくださいね。

ヘコリグ作りにおすすめのパーツ

ヘコリグを作るのに必要なおすすめパーツをピックアップしてみました。

フックは、アイの径が大きいものを選びましょう。

そのほうがスプリットリングを通しやすいですし、水中でフレキシブルにアクションしますよ。

シンカーはスリムタイプにすると、根掛かりの確率を抑えられます。

スイベルはダブルタイプなら、ラインのヨレを一層防ぐことが可能になります。

自分なりに工夫を加えて、便利で使いよいヘコリグを完成させましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング