ルアー 写真

DRTルアーをもっと知りたい!琵琶湖で大人気のビッグベイトルアーメーカー特集

FISHING JAPAN 編集部

DRTとは、バス釣り専用のルアーやロッド・リールハンドルなどを製造販売しているメーカーです。

DRT=ディビジョン・レーベル・タックルズの略で滋賀県大津市に本社を置いています。

琵琶湖の近くにあるわけですから、フィールドテストを実施するには格好の立地条件を満たしていますよね。

DRTはどんなルアーを製作しているの?

DRTが製作しているルアーは、琵琶湖に棲むビッグサイズのモンスターバスを狙うためにデザインされているものばかりです。

例えば、リリースされたゴーストやタイニークラッシュなどに代表されるビッグベイトが、DRTそのものの方向性を具現化したルアーといえるでしょう。

メーカーオリジナルの機構や性能・デザインがアングラーを魅了し、バスを釣るチカラを秘めています。

琵琶湖を中心にバス釣りをしているアングラーが着火点

DRTは、琵琶湖を中心にオカッパリ・ボートを用いた釣りを展開しているアングラーに人気があります。

そこから火が着いて、全国のバスアングラーが注目するメーカーとなっていったのです。

大人気DRTの注目ルアー・クラッシュゴースト

DRTからリリースされた最大サイズのルアー・ゴーストは、全長330ミリオーバーにも関わらず軽快な操作性を持っています。

大きなボディサイズですから、水押しによる集魚力は高くなっており、操作性とフッキング性能も抜きん出ていますよ。

特にフックアイにローリングスイベルを搭載しているので、バラシが抑えられています。

リップイン仕様にすれば最大6メートルまで潜行深度を叩き出せますから、あらゆる泳層をトレース可能な実力も持っています。

クラッシュとタイニークラッシュはDRTの原点

DRTのクラッシュとタイニークラッシュは、大人気となったジョイントビッグベイトルアーです。

クラッシュは全長9インチで、タイニークラッシュは全長6.6インチ。

ベイトフィッシュそのもののアクションが得意で、デッドスローリトリーブすると強烈な波動を引き起こします。

ハイスピードリトリーブすれば、ベイトフィッシュが逃げ惑うアクションを表現しますから、さまざまな巻きスピードを試しながら、その日のベストを見つけ出すのも面白いでしょう。

DRTのクラッシュジョーカーは、水面に特化したルアーといえるでしょう。

強く大きな引き波と、ジョイント部分の干渉音、それから内蔵されたラトル音で、バスを魅了し続けます。

8.2インチというボディサイズですから、水面での存在感は群を抜いており、広範囲からビッグバスを引き寄せることが可能です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング