ルアーのアップ写真

ロミーは2024年リリースのエリアトラウトゲーム用スプーンルアー!

FISHING JAPAN 編集部

リトリーブスピードをスローに落としていくと、絶妙なスライドアクションを引き起こすスプーンルアーが、2024年ジャッカルからリリースされます。

その名は、ロミー。

どんなスペックに仕上がっていて、使い方はどうすればいいのか、詳しくご紹介しましょう。

おすすめのエリアトラウトゲーム用タックルも、併せてチェックします。

ロミーってどんなルアーなの?

ロミーとは、2024年ジャッカルからリリースされる、エリアトラウトゲーム用スプーンルアーのことです。

設定ウエイトは、合計4種類用意されています。

最も軽いものが、2.1gで31mmサイズ。

次が2.4gで、同寸の31mmに設計されています。

この2機種には、バーブレスシングルフックの8番サイズが、標準装備されています。

そしてウエイト3.1gは、全長が37mmにサイズアップ。

4つめの3.9gも、全長は37mmになっています。

こちらの2機種には、バーブレスシングルフックの6番サイズが付いています。

ロミーは、キャストしてただ巻きリトリーブをおこなうと、安定したウォブンロールアクションを発生します。

巻きスピードをスローからデッドスローにシフトすると、意図的にスライドアクションを仕掛けることが可能です。

それからリトリーブを止める=キルを入れるとフォールし、それがまるで木の葉が舞い散るような、ロールを伴なったスライドフォールになります。

それを見ているトラウトは、バイトせずにはいられないでしょう。

ロミーのボディ形状に注目してください。

空気抵抗が抑えられていて、同じウエイトのスプーンルアーの中でも、バツグンの飛距離を叩き出せるでしょう。

飛距離が伸びて広範囲を探ることができれば、バイトチャンスはおのずと拡大していきます。

ロミーは、センターウエイトに設計しているので、浮き上がりを抑えつつレンジキープしやすいスイムバランスに仕上がっています。

スライドアクションを活かして誘いをかけられるロミー!

ロミーは、外観が菱型のセンターバランス形状に作られています。

キャストして着水し、最初に水を受ける部分をワイドに設計しています。

これにより、切れのあるスライドアクションを発生させ、浮き上がりを抑えた早巻きも実践することができます。

使い手が意図するアクションを引き出しやすいのは、とても大きなメリットといえるでしょう。

操作性の高いスプーンルアーなら、エリアトラウトゲームを積極的に楽しむことができるはずです。

合計12種類のカラーバリエーションから選択可能!

ロミーには、全部で12種類のカラーバリエーションが用意されています。

●ヨネスティーグリキンカラー

●チャートグリーンヤマメカラー

●オリーブヤマメUVカラー

●放流オレキンカラー

●メイメツオリーブカラー

●メイメツカラシカラー

●ダイゴマシマシウズラカラー

●ダイゴミクスカラー

●ダイゴグリーンボー(グロー)カラー

●ダイゴマイトⅡカラー

●ヤジーシルホワUVカラー

●サンセットカラー

豊富な配色からお気に入りのカラーを見つけ出して、管理釣り場で上手くローテーションを仕掛けてください。

トラウトの反応は、水質や日照・風などによって刻々と変わっていきます。

変化が移っていく機微をしっかりとらえて、ロミーの使いどころを探ってみましょう。

ロミーをキャストして操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

ロミーをロングキャストして各種リトリーブをおこなうのに向いている、おすすめのエリアトラウトゲーム用タックルをご紹介しましょう。

ロッドは、やや長めブランクスでしなやかに巻かり込む、張りの備わったスピニングロッドがマッチします。

ガイド径は小さくして、超ライトラインを操りやすい仕様のものがいいでしょう。

リールは、1000番から2000番サイズの小型・軽量スピニングリールが合います。

ドラグのレスポンスが良好なもののほうが、確実にランディングに持ち込めるのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) トラウトロッド 23 トラウトワン AS S60UL

シマノ(SHIMANO) トラウトロッド 23 トラウトワン AS S60UL

最安値価格
¥14,137(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,074

楽天市場へ ¥15,237

Yahoo!へ ¥14,137

シマノから2023年に新発売されたエリアトラウトゲーム用スピニングロッド・トラウトワンASシリーズのラインナップから、S60ULを選んでみました。

全長は1.83mもあるので、しっかり振り抜けば飛距離を伸ばすことができます。

2ピース仕様で、仕舞寸法は93.9cmにまで縮まります。

エリアトラウトのフィールドまで持ち運びやすく、クルマに積み込むのも便利でしょう。

ウエイトは74gと軽めなので、長い時間ロッドを振り続けても、さほど疲れは感じないで済むのではないでしょうか。

ブランクスの先径は、1.3mmと細め。

適合するルアーウェイトは、0.7gから6gまでなので、ロミーの全ウエイトを使いこなすことが可能のです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1.5lbから6lbまで、PEラインなら0.2号から0.6号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、87.8%に設計されています。

実際に手に取ってみると、グリップの形状・握り心地がとても独特です。

エアフェクトシートCI4+が採用されていて、高い感度が操作性を支える仕組みになっています。

ブランクスはとてもしなやかに曲がり込み、軽量なスプーンルアーでもロングキャストできるでしょう。

シマノオリジナルのハイパワーXでブランクスが締められているので、大型トラウトが掛かって暴れても、じゅうぶん対処可能です。

ガイドは小径で、ライトラインが絡まりにくい並びに仕上がっています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

これからエリアトラウトゲームを始めたい人に、ベストマッチなスピニングロッドといえるのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー C2000SHG 渓流トラウト ライトソルト全般

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー C2000SHG 渓流トラウト ライトソルト全般

最安値価格
¥38,800(amazon)

Amazonへ ¥38,800

シマノからリリースされている質実剛健なイメージの小型スピニングリール・ツインパワーシリーズの中から、C2000番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.1対1なので、ハンドル1巻きにつき82cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.0/3.0kg。

ウエイトは180gと軽めで、スプール寸法は直径が43mm、ストロークが13.5mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを125m、PEラインなら0.6号を150m巻けます。

ハンドルアームの長さは45mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、とても滑らかな巻き心地を体感することができました。

安定したローター回転は、リトリーブを丁寧におこなえる状況を作り出してくれます。

ドラグのレスポンスも良好なので、ライトラインを用いたアプローチを実践しやすいでしょう。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

エリアトラウトゲームはもちろん、ライトソルトウォーターゲーム全般にも転用できるので、1台持っておくととても重宝するスピニングリールといえそうです。

ラインローラー周りの洗浄メンテナンスは、常に意識して実施するように心がけたいものです。

ロミーの気になる発売日はいつ?

ロミーの気になる発売日は、2024年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、550円です。

エリアトラウトゲームでは、定められたルールをしっかりと把握し、周りで釣りを楽しんでいる人に迷惑のかからないようにしましょう。

ロミーのカラーバリエーションの中から、釣り当日の当たりカラーを素早く見つけ出したいものです。

新製品の関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング