ロッドのアップ写真

ピュアリストに2023年新アイテム2機種登場!ダイワのネイティブトラウトロッド

FISHING JAPAN 編集部

山間部の源流や渓流、中流域から本流域・湖沼までをカバーできる、ダイワのネイティブトラウトゲーム用ロッドが、ピュアリストシリーズです。

2023年には、待望の2機種が新しく追加ラインナップされます。

そのスペックや使い方、マッチしそうなおすすめリールについて、詳しくご紹介しましょう。

ピュアリストとは

ピュアリストとは、ダイワから発売されている、人気のネイティブトラウトゲーム用ロッドのことです。

全部で6種類ラインナップされていましたが、2023年に2機種追加で、合計8機種となります。

ピュアリストのブランクスには、バイアス構造のカーボンクロスを巻いてネジレを排除する、X45を採用しています。

これにより、フリップキャストやバックハンドキャストといった、テクニカルなキャストも繰り出しやすくなっています。

ピュアリストの外観は、ベージュ系カラーを選択。

またガイドのスレッドにも、同系色を使っていて、統一感のある色合いに仕上がっているのが特徴です。

ピュアリストのグリップにも注目してみましょう。

細径のウッド製リールシートを装着していて、ベイトロッドタイプにはショートトリガーを採用しています。

実際にピュアリストの既存モデルを、手に取ってチェックしてみました。

既存モデルのスピニングロッド・48ULは、全長が1.42mと取り回ししやすい長さに作られていて、2ピース仕様です。

仕舞寸法は74cmにまで縮まるので、源流や渓流に持ち込みやすいと感じました。

ウエイトは79gと軽めなので、キャスト数が増える展開になっても、さほど疲れを感じずに済むでしょう。

ブランクスの先径/元径は、1.3/7.4mmと細身。

適合するルアーウエイトは1.5gから7gですから、小型ミノーを中心に操ることが可能です。

適合するモノフィラメントラインは、2lbから6lb。

PEラインなら、0.3号から0.6号にショックリーダーラインを結んで使います。

ブランクスのカーボン素材含有率は87%なので、グラス素材の比率が若干高め。

そのテイストは、全体的な柔らかさを生み出しており、トラウトのショートバイトを弾いてしまわない繊細さを生み出しています。

尚且つ、小型ミノーをキャストする際には、胴に乗せて正確にピンポイントへ届けられるしなやかさにつながっていくでしょう。

ピュアリストの新しい機種・410Lのスペックはこちら!

2023年にピュアリストシリーズに追加される、2機種の詳細スペックを取り上げてみましょう。

●ピュアリストの新しい機種①410L

短めのスピニングロッドで、源流域から渓流域までをミノーでテンポよく攻略するのに向いています。

全長は1.47mで、2ピース仕様ですから、仕舞寸法は76cmになります。

ウエイトは80gで、ブランクスの先径/元径は、1.2/7.9mm。

適合するルアーウエイトは2gから9gまでなので、さまざまなサイズのミノーをキャストすることができるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら3lbから6lbまでで、PEラインなら0.3号から0.8号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%です。

フラットサイドデザインで、ややヘビーウエイトなシンキングミノーが増えてきましたから、その辺を使いこなすのに丁度いいスピニングロッドといえそうです。

ロングキャストを実践しやすいピュアリストの新しい機種・74ML!

●ピュアリストの新しい機種②74ML

シリーズ中で最も長いブランクスを与えられているスピニングロッドで、河川の中流域から本流域、または湖沼でミノーやスプーンを遠投するのに向いています。

全長は2.24mもありますから、ルアーの飛距離をしっかり伸ばせるでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は115cm。

ウエイトは113gで、ブランクスの先径/元径は、1.6/9.4mm。

適合するルアーウエイトは、4gから18gまでなので、かなり重いものを遠くまで運べそうです。

適合するモノフィラメントラインは、4lbから14lbまで。

PEラインなら、0.4号から1.0号まで使うことができます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、シリーズ中最も高い98%に設計されています。

流れのある中流域などで、サクラマスやブラウンなどの引きを満喫してみましょう。

ピュアリストに装着して使ってみたいおすすめのリールを選んでみた!

ピュアリストの新しい2機種に装着して使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールを選んでみました。

410Lには、源流域や渓流域で取り回ししやすい、1000番から2000番サイズのスピニングリールがマッチします。

74MLには、2500番サイズ以上のスピニングリールが合うでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

最安値価格
¥9,630(楽天市場)

Amazonへ ¥9,900

楽天市場へ ¥9,630

Yahoo!へ ¥9,630

ダイワから発売中の人気スピニングリール・フリームスシリーズのラインナップから、1000番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.2対1ですから、ハンドルを1回転させると、64cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは180gです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2.5lbを100m、PEラインなら0.3号を200m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽快な巻き心地を体感することができました。

ローター回転も滑らかで、ただ巻きリトリーブをキープするのに適しているでしょう。

ライトラインとの相性も良く、糸フケを素早く回収して、次のキャストにつなげやすい印象を持ちました。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

もっと多めのラインキャパが欲しいと感じたら、2000番サイズも手に取ってみることをおすすめします。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT2500S-XH

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT2500S-XH

最安値価格
¥16,500(amazon)

Amazonへ ¥16,500

楽天市場へ ¥16,748

Yahoo!へ ¥16,581

ダイワからリリースされている汎用型スピニングリール・カルディアシリーズのラインナップから、2500番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき87cmものラインを回収することができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ウエイトは190gと軽め。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを150m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて剛性があり、スムーズな巻き心地を味わうことができました。

ドラグのレスポンスも良好ですから、ライトラインでも安心して大型トラウトと対峙できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても購入しやすい価格帯に収まっています。

2500番サイズのエクストラハイギア仕様を1台持っていれば、トラウトゲームはもちろん、海のエギングゲームやライトソルトウォーターゲーム、バス釣りなどに転用可能で、とても重宝するでしょう。

ピュアリスト追加モデルの気になる発売日はいつ?

ピュアリスト追加モデル2機種の気になる発売日は、2023年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、17,800円(410L)と23,800円(74ML)です。

2024年の渓流シーズンまでに、新しいタックルを揃えておきたいものです。

ピュアリストシリーズならさまざまな釣りシーンで、トラウトとの出会いを作り出してくれるでしょう。

2023年新製品関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング