ワームのアップ写真

ティクトのおすすめルアー特集!アジング+メバリングで大活躍

FISHING JAPAN 編集部

アジングやメバリングなどのライトソルトウォーターゲームを始めるなら、ティクトのアイテムを使ってみましょう。

多くのアングラーから高い支持を受けていて、専用ロッドやルアー・ワームなど関連アイテムが豊富にリリースされています。

ここでは、ティクトのおすすめルアーについて、実釣インプレも含めながらご紹介しましょう。

ティクトってどんなメーカーなの?

ティクトとは、アジングやメバリングアイテムを中心に、アングラーから高い支持を受けているメーカーのことです。

高知県高知市に拠点を置き、新しいアイテムをどんどんリリースしています。

ロッドでは、アジングゲーム用のスラムシリーズが有名で、初心者からベテランアングラーまで納得のラインナップが揃っています。

メバリングゲーム用ロッドは、アイスキューブシリーズで、こちらも機種が充実しています。

その他カスタムパーツやツール・バッカン・ケースなどを発売していて、中でも注目なのが、ルアー+ワームです。

とにかく種類が多く、それぞれに使用目的が明確なのが、分かりやすく感じます。

実際にフィールドで使ってみた感想を交えて、ティクトのおすすめルアー+ワームを取り上げてみましょう。

●ティクトのおすすめルアー+ワーム①ブロス55

ティクトのハードルアーとしてとても人気の高いのが、ブロス55です。

とてもシンプルなシンペンに仕上がっていて、キャストフィールはバツグン。

少々風の強いシチュエーションでも、低弾道で狙ったポイントまで届けやすくなっています。

全長は55mmで、ウエイトは5.3g。

絶妙なボリューム感が、感知しやすい水押しを発生させて、魚を引き寄せます。

着水してからは、ボディを揺らしながらの水平姿勢フォール。

このフォール状態にバイトが集中することがあり、釣り当日の当たりレンジを探るのに重宝します。

クリア系・グロー系ともにカラーバリエーションが充実していて、さまざまな釣り場・水質で使うことができるでしょう。

ジグヘッド+ワームのジグ単よりも、スピーディーかつ広範囲を探れるのが大きなメリットで、活性の高い魚が集中しているエリアを見つけるのに重宝するでしょう。

フックは、14番サイズのトレブルフックを2つ標準で装備しています。

14番なら、魚の口の中に吸い込まれやすく、スレ掛かりも期待できるでしょう。

フックポイントが鈍ると釣果に影響が出るので、早めに交換することをおすすめします。

ティクトのプラパンで魚の居場所を見つけよう!

●ティクトのおすすめルアー+ワーム②プラパン

こちらは、耐久性の高いポリカーボネートをボディ素材に利用した、超小粒なバイブレーションルアーです。

アジング・メバリングはもちろん、シーバスやロックフィッシュ・カマス・メッキなどにも効果的です。

約24mm・2gと、約28mm・4gの2種類のボディが用意されています。

実際にキャストしてみると、とてもよく飛びますし、スローフォールやスローリトリーブをメインにアプローチできるようになっています。

金属板ではないので、透過クリアを活かしたカラーバリエーションになっているのも特徴といえるでしょう。

そういう意味では、ワームに足りないアピール度を持っているハードルアーといえるかもしれません。

魚に丸飲みされることが多いので、やや強めのフッキングをおこない、ランディングは早めに完了するほうがいいでしょう。

魚の歯がラインに触れていたと感じたら、結び替えをおこなうようにしたいものです。

ティクトのおすすめワームはこちら!

ティクトには、さまざまなワームが用意されています。

シャッドテール系やピンテール系を中心に揃っているので、アジング・メバリングシーンで活躍するのは間違いないでしょう。

水中でよく目立つ配色のものが多く、魚の居場所はすぐに見つかりそうです。

ワームを付け替えることで、魚の反応が変わったりしますから、釣り場には必ず複数種類のワームを持ち込むようにしてください。

ティクト(TICT) ブリリアント 1.2インチ C-17 ナノラメチャート

ティクト(TICT) ブリリアント 1.2インチ C-17 ナノラメチャート

最安値価格
¥318(Yahoo!)

Amazonへ ¥366

楽天市場へ ¥325

Yahoo!へ ¥318

ティクト(TICT) ギョピン 1.7インチ C-19 ナノラメグローオキアミ

ティクト(TICT) ギョピン 1.7インチ C-19 ナノラメグローオキアミ

最安値価格
¥366(amazon)

Amazonへ ¥366

楽天市場へ ¥385

ティクト(TICT) アジボッコ1.5 C-37ドリームチーム

ティクト(TICT) アジボッコ1.5 C-37ドリームチーム

最安値価格
¥393(楽天市場)

Amazonへ ¥399

楽天市場へ ¥393

ティクトのルアー+ワームをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

ティクトのルアー+ワームをキャストして操るのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、細身で振りやすいスピニングロッドがマッチします。

ティクトからは、専用ロッドもリリースされています。

リールは、2000番サイズのスピニングリールに、極細PEラインを巻いて対応しましょう。

TICT(ティクト) スラム EXR-60S-Sis

TICT(ティクト) スラム EXR-60S-Sis

最安値価格
¥28,900(楽天市場)

Amazonへ ¥28,992

楽天市場へ ¥28,900

Yahoo!へ 取扱なし

ティクトからリリースされているアジングゲーム専用スピニングロッド・スラム EXR-60S-Sisです。

ロッドティップは、カーボンソリッドに仕上がっています。

全長は、1.83mなので、ロングキャストを仕掛けられますし、ジグ単の操作も無難にこなしてくれます。

2ピース仕様で、仕舞寸法は95cmにまで縮まります。

これならクルマに積み込みやすいですし、釣り場まで持ち運ぶのも便利でしょう。

ウエイトは58gと軽めで、ブランクスの先径/元径は0.7/7.0mmです。

適合するワームリグウエイトは、0.2gから2gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら0.8lbから2lbまでとなっています。

ハイカーボンでチタニウムガイドフレームを採用し、ガイドリングはSic-Sです。

実際に手に取ってみると、とても軽くて操作性の高いブランクスに仕上がっているという印象を受けました。

グリップは、細身コンパクトなので、細やかなロッド操作を繰り出しやすいでしょう。

ガイドにはラインが絡まりにくく、手返しのいい連続キャストを実践することが可能です。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

アジングゲームで徹底してジグ単を操ってみたい!と考えているなら、おすすめの1本といえそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22ソアレBB C2000SSPG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 22ソアレBB C2000SSPG

最安値価格
¥12,753(amazon)

Amazonへ ¥12,753

楽天市場へ ¥14,399

シマノから発売中のライトソルトウォーターゲーム専用スピニングリール・ソアレBBシリーズの中から、 C2000SSPGを選んでみました。

注目のギア比は、4.6対1です。

これは、ハンドル1回転につき、62cmのラインを巻き取ることができるようになっているギア比です。

実用ドラグ力は1.0kgで、最大ドラグ力は3.0kg。

ウエイトは185gで、スプール寸法は直径が43mm、ストロークが13.5mmになっています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2.5lbを140m、PEラインなら0.6号を140m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで軽く作られていると感じました。

ハンドルの巻き心地は、滑らかで軽やか。

これならジグ単をキャストして、スローにリトリーブを続けることが可能です。

ローター回転も軽快なので、安定した巻き取りが期待できます。

実売価格は1万円台と、とても低価格に設定されています。

いわゆるローギア設定のスピニングリールですから、スローリトリーブを徹底しておこないたい人におすすめの1台となっています。

ティクトのアイテムを駆使して尺アジ・尺メバルを釣り上げよう!

ティクトの豊富なアイテムの中から、おすすめのルアー+ワームをご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣り場は漁港周りになることが多く、大勢のアングラーとバッティングします。

もし後発で釣り場に着いたなら、スペースのほとんど無い場所で無理やり釣りを始めるのではなく、先行者とコミュニケーションを取るようにしましょう。

その日の情報が得られたら、同じシチュエーションの別の釣り場へ向かえば、心置きなくライトソルトウォーターゲームを楽しめるでしょう。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

メバリング」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング