ロッドのアップ写真

セフィアSSでエギングを楽しみたい!実釣インプレ特集

FISHING JAPAN 編集部

シマノからさまざまなエギングゲーム用ロッドが発売されていますが、軽さが際立っていて曲がりがしなやかなのが、セフィアSSシリーズです。

実際に使ってみたインプレを交えながら、その詳細スペックを取り上げてみましょう。

水温が上がってきた今の季節なら、ショアからエギをキャストしてアオリイカを獲りたい人は多いはず。

良いエギングロッドは、好釣果をしっかり支えてくれます。

セフィアSSシリーズとは

セフィアSSシリーズとは、シマノから発売中のエギングゲーム用ロッド・リールのことです。

中でもロッドには、ショアキャスティング用・ティップエギング用・メタルスッテ用がラインナップされていて、それぞれの釣り方で活躍中です。

ここでは、ショアキャスティング用に設計されたロッドに注目、実釣インプレを織り交ぜながら、使い方にも言及してみましょう。

セフィアSSシリーズのブランクスには、シマノオリジナルのスパイラルXとハイパワーXが採用されています。

この2つの要素が、ロッドのスペックに大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。

エギングロッド以外にも使われていて、実際の効果を体感しているアングラーは多いはずです。

スパイラルXとは、ロッドブランクスの縦繊維の内層と外層に、カーボンテープを逆方向・斜めに密巻きした構造のことです。

つまり、三層構造になっていて、内層・外層の斜めの繊維により、軽さを保ちながらネジリ剛性とツブレ剛性を高めています。

ネジリ剛性とツブレ剛性のレベルが高ければ、エギをキャストする際のパワー伝達が良くなります。

アオリイカがエギに掛かって暴れ出してからも、曲がった状態で支えるブランクスパワーを引き出してくれます。

軽いロッドにはパワーが足りない!という常識をぶち破ってくれた、シマノのスペシャルな構造といえるでしょう。

そのスパイラルXを、外側から包み込んでいるのが、ハイパワーXです。

ハイパワーXとは、ロットワークの際に発生するブランクスのネジレを、しっかりと抑え込む強化構造のことです。

スパイラルXの最外層から、カーボンテープをX状に締め上げていて、ロッドの曲がりがアングラーのイメージ通りの方向性を保持。

ブランクスが持っている本来の性能が、きっちり活かされるようになっています。

アオリイカはエギを抱くと走り出すので、それを抑え込んで浮かす必要があります。

強い負荷に耐えながら、主導権をアオリイカに奪われないための補強だと考えてください。

セフィアSSのS86ML-Sを使ってみた!

セフィアSSシリーズの中から、ベーシックモデルとして、S86ML-Sを使ってみました。

ソリッドティップであるタフテックαが搭載されていて、アオリイカの微細なアタリを目視できます。

ロッドティップがググッと引き込まれたり揺れたりするので、エギに触ってきたことが分かるのです。

いざフッキングしてみると、バットは残るもののティップはしなやかに曲がり込みます。

これならアオリイカをバラしてしまう展開にはなりにくいですし、ラインがガイドに絡まるトラブルも皆無でした。

タフコンディションのときほど使ってみたくなる、高性能なソリッドティップです。

キャストフィールは、チューブラートップとさほど変わらないのも嬉しいです。

2kgを超える大型アオリイカを狙うのに握りたいセフィアSSのS92M+!

セフィアSSシリーズの中から、S92M+も使ってみました。

ロングレングスなブランクスなので、振るだけで飛距離が伸びてくれるのを体感できます。

4.0号エギを多用して、引き潮に乗せていくドリフト釣法を実践するアングラーなら、扱いやすいロッドだと感じるでしょう。

バットパワーはもちろん、全体的に張りのあるブランクスなのに、ウエイトはたったの103gしかありません。

2kgクラスのアオリイカが掛かって豪快に走られても、ロッドを立てた状態でしっかり耐えられる1本といえるでしょう。

ガイドの取り付けやリールシートの剛性も上々で、レコードクラスの大型アオリイカをターゲットにするときに、欠かせないアイテムになりそうです。

セフィアSSシリーズに装着したいおすすめリールを選んでみた!

セフィアSSシリーズに装着してエギングゲームを楽しみたい、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

番手は、3000番前後なら扱いやすいです。

ドリフト釣法でラインの放出量が多めなら、深溝スプールのエクストラハイギアモデルも面白いのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 セフィア XR C3000SHG エギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 セフィア XR C3000SHG エギング

最安値価格
¥24,750(楽天市場)

Amazonへ ¥25,245

楽天市場へ ¥24,750

シマノから発売中のエギングゲーム用スピニングリール・セフィアXRシリーズの科から、C3000番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

スプール寸法は、直径が47mmで、ストロークが17mm。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ギア比は6.0対1なので、ハンドル1回転につき89cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実用ドラグ力は3.5kgで、最大ドラグ力は9.0kg。

ウエイトは175gと、とても軽い設定になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて滑らかな巻き心地を維持してくれる印象を持ちました。

ドラグレスポンスも良好で、アオリイカに走られても柔軟に対応できるでしょう。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっているのが嬉しいです。

軽さが釣り方に好影響を与えてくれるので、積極的な攻めのアプローチを実践しやすいモデルです。

テクニカルな使い方が求められる場面で、多様な引き出しを持ち合わせているスピニングリールといえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C3000XG ショアエギング シーバス グレー、ブルー

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C3000XG ショアエギング シーバス グレー、ブルー

最安値価格
¥10,690(楽天市場)

Amazonへ ¥10,890

楽天市場へ ¥10,690

シマノからリリースされている汎用型スピニングリール・アルテグラシリーズの中から、深溝スプールのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.4対1なので、ハンドル1巻きにつき94cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは225gで、スプール寸法は、直径が47mm、ストロークが17mm。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を270mも巻くことができます。

これならドリフト釣法で、大量のラインを放出しても対応できるでしょう。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個です。

実際に手に取ってみると、軽くて滑らかな使用感が得られます。

ラインストック量が多いですから、太いラインを使いたいときにも重宝するでしょう。

ローター回転もスムーズで、ドラグの利きもしっかりしています。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

エギングゲームはもちろん、シーバスゲームやスーパーライトショアジギングゲームなどに転用しやすいので、1台持っておくと振り幅の大きい使い方ができるでしょう。

セフィアSSシリーズを駆使してアオリイカを釣り上げよう!

セフィアSSシリーズの特徴や実釣インプレ、おすすめのスピニングリールを取り上げましたが、いかがでしたか?

軽さが際立っているエギングロッドで、張りの強さも持ち合わせています。

シマノが製作しているロッドらしい質実剛健さを内包していますから、長く使い続けたいロッドを探しているなら、選択肢に加えていいのではないでしょうか。

ガイドにラインが絡まりにくいのも大きなメリットになっていて、手返しのいいアプローチを実践できます。

エギングの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

セフィア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング