ルアーのアップ写真

マービー50は2023年新発売のシーバス用樹脂製バイブレーションルアー!

FISHING JAPAN 編集部

春からのマイクロベイトパターン攻略に効果的なのが、コンパクトサイズでタイトにアクションするバイブレーションルアーです。

鉄板系では浮力が足りず、早巻きリトリーブしかできない状況に陥りますが、2023年エバーグリーンから新登場のマービー50なら、樹脂製のボディで一定の浮力が備わっていますから、スローに誘えます。

その詳細スペックや使い方について、ご紹介しましょう。

マービー50とは

マービー50とは、2023年にエバーグリーンからリリースされる、シーバスゲーム用のシンキングバイブレーションルアーのことです。

見た目が流行りの鉄板系に映りますが、ボディ素材はABS樹脂で、きちんと空気室が設置されています。

全長は50mmと、とてもコンパクト。

春から夏にかけて、シーバスの捕食対象がマイクロベイトと呼ばれる小さなサイズの魚になるので、あまり大きなルアーだと追わなくなります。

そんなときにこの全長50mmは、シーバスの捕食スイッチをオンにしてくれるでしょう。

ウエイトは6.0gもあるので、薄いボディシェイプと相まって、飛距離を伸ばせるはずです。

フックは、前後とも12番サイズのトレブルフックが付いています。

確かに小さなトレブルフックなのですが、シーバスが丸飲みしてくれる確率が高く、口の内壁に刺さればバラシは軽減されるでしょう。

マービー50の背中には、フィンが付いています。

前方からの水流が、フィンを越えた辺りで下に向けて強く舞い降りようとします。

それがボディのバタつきを適度に制御し、微波動ローリングアクションを支えてくれるのです。

フィンの無いバイブレーションは、こういう整流の要素が小さいので、バタバタとアクションしてしまうケースが多いでしょう。

それではマービー50の使い方について、深掘りしてみましょう。

釣り場の選定は重要で、河川の河口域に広かるシャローフラットなら、日中でもマイクロベイトが湧いているかもしれません。

ボディウォーターから少し離れた場所でいいので、ボトムの地形変化に富んでいるところ、すなわちブレイクラインの絡んだエリアにキャストしてみてください。

ゴロタ石が散らばっていたり、藻が点在していたりと、他と異なる要素を含んだボトムなら、マイクロベイトが群れている可能性があります。

マービー50は、キャストしたら一旦ボトムに着けて、それからリトリーブをスタートさせるようにしましょう。

頻発するシーバスのバイトを上手くフッキングする方法!

マービー50のようなコンパクトなルアーには、小さなアタリが頻発するケースがあります。

どうも乗り切らないな!と感じたら、アタリの発生したポイントを越えてキャストしてください。

リトリーブのスピードは、もっと遅め。

ボトムに触れないように、ロッドティップを持ち上げてリトリーブするほうがいいでしょう。

そしてシーバスが触れてきたら、敢えてフッキング動作に移らずに、ルアーを持ち去らせてください。

シーバスの引っ張りでラインションがMAXになったら、リールハンドルを回してフッキングするようにしましょう。

合計10種類のカラーバリエーションから状況にマッチしたものを選ぼう!

マービー50には、全部で10種類のカラーバリエーションがラインナップされます。

●ビッグバイトチャートカラー

●レッドヘッドパールカラー

●カタクチレッドベリーカラー

●ヒットマンブルーカラー

●キビナゴホロカラー

●ゴールドキャンディカラー

●銀粉ミドキンカラー

●ハクピンクベリーカラー

●スケルトンチャートカラー

●銀粉稚アユカラー

どれもマイクロベイトパターンのときに、多用したくなる配色ばかりです。

釣り場をよく観察して、どんな小魚が群れているのか判別できたら、そのカラーに似たものを選んでみましょう。

小沼正弥さんによるマービー50のデモンストレーション動画はこちら

マービー50をキャストするのにおすすめのロッドを選んでみた!

マービー50をキャストしてリトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

あまり硬過ぎないブランクスのほうが、シーバスのバイトを弾かずに済むでしょう。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S90L シーバス ショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S90L シーバス ショアキャスティング

最安値価格
¥11,935(amazon)

Amazonへ ¥11,935

楽天市場へ ¥12,828

Yahoo!へ ¥12,127

全長2.75mで、Lパワーブランクスのスピニングロッドです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は141.1cm。

ウエイトは130gで、先径は1.7mmです。

適合するルアーウエイトは、5gから24gまで。

適合するPEラインは、0.4号から1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.2%になっています。

実売価格は1万円台と、とても購入しやすい価格帯に収まっています。

マービー50の気になる発売日はいつ?

マービー50の気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,450円です。

複数種類のカラーバリエーションをゲットして、ローテーションを繰り返しながらキャストすると、バイトが上手い具合に続くでしょう。

トレースする層を変えてみるのも、効果があるかもしれません。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング