ルアーのアップ写真

ルアー特集!ミノーを使いこなすにはどうすればいいの?おすすめアイテムもピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

細長くて頭の下辺りにリップが付いているルアー=ミノーについて、どれくらい知っていますか?

水面に浮き上がるフローティングタイプや、ボトムに向かって沈もうとするシンキングタイプがラインナップされていますし、大小サイズやボリュームもさまざま。

その豊富な種類によって、対象魚もかなりの数にのぼっていますよ。

ここでは、ルアーフィッシングでよく使うミノーを詳しくご紹介しましょう。

「青物やシーバスがよく釣れるようになる動かし方とかあるの?」

いえいえ、よく釣れる特別な動かし方など存在しません。

キャストしてリトリーブが基本、そこに自分なりのイレギュラーなアクションを加えることで、生命感が増していくという感じでしょうか。

ミノーとは

ミノーというのは、小さな魚に似ているルアーのことを指します。

細長い形状をしているため魚の喉越しはよく、その結果フィッシュイーターによって早期に捕食対象と見なされます。

ミノーを見つけると一気に食いつく、というビジュアルがありますが、これはワームが細長い形状であることから、かかるトリガー=食いつく原因となる要素が強調されるからです。

海や川、湖、池、釣り場など、場所に関わらず、細長いミノーはルアーフィッシングの一般的なアイテムとして位置づけられ続けています。

それぞれ独自の使い方を実践しているアングラーも多く存在し、同じミノーを使っていても、圧倒的な釣果により他の釣り人との差が生まれることも頻繁に起きます。

どのように操作すればたくさんの魚が釣れるのか、情報を集めるのに興味津々なケースも多いでしょう。

キャスト&リトリーブがミノーの動かし方の基本

ルアーフィッシングにおけるミノーの動かし方は、とてもシンプルです。

飛距離を伸ばすためにしっかりキャストして、着水後一定スピードでリトリーブを繰り返してください。

基本はこれでOK、特に動きを止める必要もなく、リトリーブの最中に魚が食い付いてきますよ。

ただし、魚の居る場所を通さなければ、何も起こらないのは当然で、魚を見つけるためのスキルがアングラーに求められます。

ミノーをキャストするだけで居場所が判明すればいいのですが、リップが付いている分空気抵抗が発生し、飛距離が伸びないことも。

ここはリップのないルアー(例えばスピンテールジグやメタルジグなどの飛距離の出るルアー)に任せて、広範囲を探りつつバイトのある魚の居場所を見つけ出してみましょう。

居場所が絞れたら、バイトトリガーの強いミノーに結び直して、その場所へキャストすれば釣れる確率はかなりアップするのではないでしょうか。

サイズ・ボリューム・カラーを意識する!

青物を狙うにしても、シーバスやバス・トラウトを狙うにしても、ミノーを選ぶ場合は、実際に捕食している小魚のサイズ・ボリューム・カラーに合わせることで、バイト数は格段に変わります。

チャートやブルピンカラーをキャストしていれば何とかなるよ!では、偶然釣れた魚のみでその日の釣りが終わってしまう可能性があります。

ルアーを使う以上、狙って魚を獲りたいですよね。

そのためには、釣り場のシチュエーションをよく観察し解析し、ベストマッチなミノーを抽出できるようになりたいものです。

足しげく釣り場に通えば、そして常に頭を使って場の把握に努めれば、自然と身に付くスキルといえるでしょう。

もしシーバスで実践するつもりなら、淡水と海水が交じり合う河口域でトライしてみてください。

小魚が豊富に集まってくるので、シーバスの数も他の場所より多いと考えられます。

となれば、いきなりミノーを結んでアプローチを開始することもできますよね。

ルアーフィッシングで用いるおすすめのミノーをピックアップ!

それでは、ルアーフィッシングで使いたい、おすすめのミノーをご紹介しましょう。

リップ部分に注目するだけでも、形状の異なるものが複数種類用意されています。

どんなシチュエーションでどれを使えばいいの?と迷ってしまいがちですが、その辺も詳しく記述しますね。

シマノ(SHIMANO) ルアー エクスセンス ゴリアテハイ 145F XAR-C XL-L14S 005 チャートバック

シマノ(SHIMANO) ルアー エクスセンス ゴリアテハイ 145F XAR-C XL-L14S 005 チャートバック

最安値価格
¥1,694(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,694

いきなりリップのないミノーを取り上げてみましょう。

リップレスとはいいながらも、突起が全く無いわけではありません。

オフセットされた位置に突起が無いだけで、ミノーのボディの最先端にリップの働きをしてくれる形をデザインしていますよ。

キャストして着水した後、リトリーブを開始したらボディを横倒ししては姿勢復元を繰り返します。

それをレスポンスよく表層でおこなうので、水深の浅いエリアや魚が上を向いているケースで効果を発揮するでしょう。

何よりリップが無いことで空気抵抗を抑えられますから、飛距離が圧倒的に伸びます。

その分広範囲を探ることが可能ですし、着水ポイントに流れがあれば、それにミノーを乗せて流す=ドリフト釣法も実践できることに。

ドリフト釣法の利点は、流しながらも魚にアピールできること、また流された先からリトリーブを始められるので、キャストでは届かない遠方のポイントもチェックできることです。

ロッドワークに対して俊敏に動いてくれる印象はあまりないですから、リトリーブを止めたり続けたりしながら、アクションにメリハリを付けてみましょう。

そういう変化を加えるだけで、魚がバイトしてくるかもしれませんよ。

サーフでキャストしたら、ヒラメやマゴチが釣れそうな気がしますね。

シマノ(SHIMANO) ルアー シンキング ミノー エクスセンス MDレスポンダー 129S XAR-C 129mm 22g XM-129R 02T メッキイワシ

シマノ(SHIMANO) ルアー シンキング ミノー エクスセンス MDレスポンダー 129S XAR-C 129mm 22g XM-129R 02T メッキイワシ

最安値価格
¥1,320(amazon)

Amazonへ ¥1,320

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,643

このミノーは、リップが前側に延長され、さらにその形状はスクエアに設計されています。

それはまるで、バス釣り用のクランクベイトのリップのようです。

その結果、アクションが際立ち、手元までしっかり伝わるようになりました。

そして、若干広めのリップ設計なので、水面への浮き上がりを抑制し、堤防や岸辺からのキャストで足元まで深く潜らせて引き揚げることが可能です。

さらには X AR-C重心移動システムを使用していて、平均的に飛距離65メートルを達成します。

使用体験から得られた感想としては、スローシンキング型でリーリングが非常にスムーズなことでした。

ミノーが着水した後、その上を見つめている魚が容易にバイトできるタイミングを作ってくれます。

サーフで投げたりすると、何度も砂底に突っ込むため、ロッドを上に持つ必要がありました。

そのため、高所からの遠投方式に、ぜひとも活用してみたいと思いました。

ボトムまたはカバーに触れても、そのスクエアリップがミノーボディを上方に反発させて避けるので安心です。

シマノ(SHIMANO) ルアー エクスセンス サイレントアサシン 120F フラッシュブースト XU-112T 003 Fカタクチ

シマノ(SHIMANO) ルアー エクスセンス サイレントアサシン 120F フラッシュブースト XU-112T 003 Fカタクチ

最安値価格
¥1,265(amazon)

Amazonへ ¥1,265

楽天市場へ ¥1,311

Yahoo!へ ¥1,278

ボディ内部にフラッシュブースト機構を搭載した、フローティング仕様のミノーです。

この機構は、ミノーの動きを止めても振動で内部の鏡面プレートがアクションし、連続して光反射を続ける仕組みになっています。

これならリトリーブ中はもちろん、止めて流れに乗せているドリフト釣法中でも、魚を誘い続けていることになります。

キラキラと光が反射している様子は、離れた位置にいる魚にも伝わりますから、興味を持って近づいてくるケースは多くなるでしょう。

それをバイトに持ち込むために、再度リトリーブしたりトゥイッチを入れたりして、誘いをかけてみることをおすすめします。

実際に使ってみると、自重19グラムと軽めでもよく飛びますし、ロッドワークに対するレスポンスもキレッキレ。

その間中ずっとフラッシング効果を得ているわけですから、釣れる確率が上がるのは当たり前かもしれませんね。

2020年にはもっと大きなサイズのフラッシュブースト機構搭載ミノーがリリース予定ですから、そちらもぜひ使ってみましょう。

ルアーフィッシングでミノーを使いこなして大型魚をゲットしよう!

ルアーフィッシングで扱うミノーの特徴や、おすすめアイテムを取り上げましたが、いかがでしたか?

ミノーに関する自分の釣りスキルをアップしたいなら、シーバスやバスをターゲットに釣行を重ねるのがおすすめです。

近場で釣りが成立しますし、魚影も濃いですから釣れる確率が上がりますよ。

実際に魚を手にすることで理解が早まりますから、ぜひシーバス・バス釣りを楽しんでみてください。

また釣り場には他のアングラーも足を運んでいますから、ポイントがバッティングしたら譲り合うようにしましょう。

他人の釣りの邪魔をして釣り上げた魚に、何の意味もありませんから。

ミノーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング